2017年10月17日 Tuesday
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん子供の肌荒れ予防 あせも・よだれかぶれ対策

あせも・肌荒れの対処方法は、昔と今で常識が変わりました。10年前と1年前に出産されたあなたはわかると思いますが、母子手帳の内容も変わっていたりします。

baby1937ac_Fot

10代の人はもしかすると知らないかもしれませんが、一昔前に「すり傷をサラサラに乾燥させる市販薬」がありました。しかし今は「湿潤療法(しつじゅんりょうほう)」つまり、うるおわせたほうが治りが早いとされています(キズパワーパッドなど)。

他にも、私の子供の頃は、切り傷にピューッと市販消毒液をかけていましたが・・・

xxxxの殺菌作用はヨウ素の酸化力により、その殺菌力は細菌にだけ有効なのではなく、生体細胞全般に分け隔てなく作用し、傷を治癒させるために必要な細胞も殺します。
(中略)
傷を消毒するという行為は、殺菌のためではなく、傷を感染させやすい状態をつくり、傷の治りを悪くする行為にほかなりません。消毒ではなく傷毒なのです。 引用元:さかえクリニック
(一部伏せ字加工しました)

このように昔の常識は、今の非常識。

これからするお話は、愛する子供の人生を左右するほど重大な事実なので、あなたと共有します。(大げさなアオリではなく、ほんとうの話です)。少しだけ具体的にお話しすると、幼児期に湿疹が出ると、その後さまざまなアレルギー(食物・アトピー・鼻炎・ぜんそくなど)が発症する引き金になることが最近わかってきました。

そしてその原因が、「口から(摂取)」ではなく「皮膚から」始まることが多いそうです。だから、肌の力を高めましょう!という方法をお話します。

顔が真っ赤になり痛々しくかゆがる赤ちゃんを救ってあげたいあなた。そして、これから子育てをスタートされるあなたに。肌荒れを悪化させない方法を知って、赤ちゃんの笑顔をたくさん見ましょう。

私自身が子供の頃は、夏場によくあせもになりました。母がいつもタオルで背中を拭いてくれたり、濡れたシャツの着替えをうながしたり、お風呂あがりにベビーパウダーを叩いてくれたものです。

汗をこまめに拭き取るのは、現在でも有効です。あせもやかぶれは薬で治すよりも、悪化させないことが大切。原因はわかっていますから、対処はかんたんです。

原因は汗!顔・首まわり・ひじひざの裏・背中おしりぜんぶ!!

あせもが出来そうな場所。それは、汗がたまる場所です。赤ちゃんは大人の2~3倍、汗をかくと言われているんです。

ひじの内側、ひざの裏側、背中などは汗が乾きにくく蒸れてあせもが出来やすい。顔や口周りは、よだれの放置が原因になります。おしりはおむつかぶれ。大人の場合、男性はシャツの影響で首元にできやすく、女性は下着のせいで胸がかぶれやすい。

太っているとお腹のベルト周りがかゆくなりやすい(私です・・・)。

あせもが出来る原因は、汗による肌荒れ(炎症)。子供は新陳代謝が活発だから、とても汗をかく。なので、汗はこまめに処理したいデス。あせもを早く治して楽にしてあげたい気持ちはあるでしょうが、新たにあせも・湿疹を作らないことがもっとも重要。そして、なるべく「手でかかせない」ことです(難しいですが)。

だから予防が大切。汗をタオルで拭くこと・シャツを着替えることは予防にとても有効。

できれば、濡れタオル(絞ったもの)やウエットティッシュが一番きれいになります。よだれも同じく、です。

でも、お出かけ先や幼稚園などあなたが手をかけられない部分ってありませんか?そんな時にかぶれを起こさないためのとても良い方法がひとつだけあります。これは、肌を守るバリアを作る方法。この方法を実践したら、やがて綺麗な肌に戻る可能性は高いでしょう。

私はこれを続けています。

これは、頭皮からほっぺ、首まわり、わき、背中、ひじの内側、おしり、ひざのうらまで全身に使えます。しかもおよそ7時間は持続するらしいのです。汗が原因の肌荒れやよだれのかゆみから助けてあげてください。

寝汗?衣服と室内環境

汗をかくのは人間にとって悪いことではない。それはあなたも知っている通りです。

しかし、夏場は無理をせず快適な室温で過ごすのが良いのかもしれません。エアコン27度くらいで。

同時に衣服やふとんにこだわるとあなたの子育てが楽になります。体温調節の機能が未熟な赤ちゃんはとくに、衣服やふとんの機能性にこだわりたい。おしゃれやキャラクターののデザインは楽しいですが、素材にこだわると赤ちゃんは「キャッキャ」と喜んでくれるでしょう。

私の愛用はコレ。寝汗対策にすごく良い物です。

長く使える安心の日本製。冷えすぎ、暑すぎをアピールできない乳幼児期から寝汗をたっぷりかく子供時代まで使える期間は長いです。

あなたがママなら、お肌が綺麗になったわが子を見たパパに「がんばったね」と、ほめられるでしょう。あなたがパパなら、ママに「うれしい・・・ありがとう」と泣いて喜んでもらえるかも。

1年後にもう一人、家族が増えてたりして(´ω`)

乾燥させない環境づくりは、加湿器を置くと効果的。夏は必要ないでしょうが、冬にはまず湿度計で数値を知っておくと賢いでしょう。

お風呂に入って良い?

ママさんのあなたは、スキンケアで悩んだ経験がありませんか?正しい洗顔の常識、ニキビ対処の常識、紫外線の常識も今と昔で少し違います。昔は「日光浴」が推奨されましたが、今はなくなりました。

私達の頃はあせもでも、お風呂に入りました。お風呂あがりには、ベビーパウダー。体を洗って良いのか?という疑問が生まれるとおもいますが、お肌が炎症を起こしている状態なので、清潔にはしておきたいです。

お風呂に入るなら、温度はぬるめで。38度くらいがおすすめでしょうか。

肌の状態が酷い時はお風呂の回数を減らしたり、石鹸で洗う回数を減らします。汗を流す意味で、シャワーは何回しても良し。ただし、お風呂あがりに保湿を心がけましょう。

結論は、やはり汗をこまめに拭きつつ、やさしいタオルを使ってあげるのが、良いです。そして今、一番有効とされているのが、保湿です。

その意味では、ベビーパウダーは逆効果だったのかもしれません。

アレルギー、アトピーに保湿が有効?

ここからが現代の新常識になります。私は、「なぜ食物アレルギーになるのか?」理由を研究調査していました。子供を作る前に「わが子をアレルギー体質にしない方法」を知りたかったからです。

私自身が、食べ物や金属などいくつかアレルギーに悩まされたので。

ところが、食物アレルギーになる原因は、いまだにはっきりとわかっていません。もちろん、アレルギー反応が起きて、肌が真っ赤になる体の仕組みはわかっています。「なぜアレルギー体質になってしまったのか」、その理由がよくわからないということ、です。

しかし!つい最近、とてもすばらしい予防法が発見されたのです。

それは、「保湿」です。

赤ちゃんの時から、保湿する。肌のバリア機能を高めることで、アレルギー体質になりにくいというのです。

▼独立行政法人 国立成育医療研究センター資料より

成育出生コホート研究におけるランダム化臨床研究介入試験で、新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが 3 割以上低下することが分かりました。そして、アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連することも確認されました。

あなたも感じたかもしれませんが、私も最初は、「食べ物アレルギーと皮膚は、関係ないのでは?」と思いましたが、皮膚から中に入ってアレルギーが始まることは、多いのだとか。

スズメバチは、2回めに刺された時がさらに危険、という話を聞いたことがありますか?1回目に刺された時の毒に対する抗体(こうたい)が2回目の時に過剰反応して、命が危険になるのです。「アナフィラキシーショック」といいます。

つまり、なるべく赤ちゃんが感染しないように肌を保護する。花粉も同じです。ハウスダストも口から吸い込むだけでなく、皮膚からも入り込むのでは?と考えられます。だから肌のバリア機能を高めるとグッド。

一方で、食べ物は避けないほうが良いです。すでにアレルギーを発症されているなら、もちろん絶対に避けるべきですが、卵アレルギーにしたくないなら、卵を食べたほうが良いという考え。おなかの中の赤ちゃんのために、お母さんは好き嫌いなく栄養を摂取したほうが良さそうです。(基本的には、お医者さんの支持に従ってください)

ファムズベビーが人気

今、ママのみんなが使っているは、ファムズベビーです。1本で全身に使える赤ちゃん用のやさしい保湿剤。

使い方は、かんたん。泡なので、カラダの気になる部分に塗るだけ。アレルギーを保護する意味では、全身に使うとさらに良いです。ちなみに、まとめ買いだと安くなるのでうれしい。

口コミでは、アトピー性皮膚炎をわずらう赤ちゃんのママから喜びの声が届きました。真っ赤なぶつぶつで、とにかく泣いてかゆがるわが子。親としては、可哀想だけどどうにも出来ない状況を助けてくれる救世主、それがファムズベビー。

医療機関でも採用されるほど実力と安全性の高いクリームなので、アトピー性皮膚炎、乳児性湿疹、よだれやおむつ原因の肌荒れにも高い評価を得ているようです。

ファムズベビーは保湿に必要な2つの考え方を適用しています。

  1. 肌に水分を与える
  2. 水分を逃さないようにフタをして肌にバリアを張る

美容に詳しい女性なら常識的な話になりますが、肌に水分を与えても蒸発してしまうと意味が無いどころか逆に乾燥を促進してしまう。お風呂に入って水びたしになっても、そのまま放置すると、お風呂に入る前よりもっと乾燥してしまう、ということ。

ファムズベビーは、(1)肌に浸透しやすい成分で潤いと栄養を与え、(2)肌の機能を向上させてバリアを強化します。その結果、内側からも潤い、外からの刺激にも強い肌になり乾燥やアトピーの対策になる。花粉やホコリ、アレルギーにおびえる心配も減る。

すでに乾燥や肌荒れ、かゆみを感じている場合はもちろん使いたいですし、未然に防ぐ意味でも早期のケアが有効なのです。

◎治療中のママ・パパさんへ

現在、アレルギーやアトピーで通院中の場合、そのまま医師の指示に従うのが良いと思います。ステロイドを脱出したいお気持ちはあるかもしれませんが、乳幼児期は出来ることも限られるでしょう。おとなになると治ることも少なくないので、今はガマンの時かもしれません。

今回のお話は、アレルギーを治す方法ではなく、生まれてきた赤ちゃんをアレルギー体質で苦しめないための予防方法として「保湿が有効」というもの。アレルギーを治すのは、もっともっと深い話になります。

◎治療は皮膚科?小児科?

赤ちゃんの肌荒れは多くのママ・パパが経験をしています。皮膚科の診断を受けて薬で治す人もいますし、ステロイドを嫌って市販のクリームを使う人もいます。

ファムズベビーメーカー直販 l 赤ちゃんの肌トラブルにはこれ!保湿バリアで全身ケア

1歳、2歳の頃は小児科や皮膚科でもアレルギーやアトピーの診断が難しく、薬で治らなかった赤ちゃんもいます。

いずれにしても、共通する改善策は”保湿”です。実際にかぶれやアレルギーのお悩みを抱えていたママさん達に聞いてもらうと分かります。保湿は一番大事です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me

☆2017年秋の新ドラマ、見てますか~?もし見逃しても、無料インターネット配信があります~(1週間分)。

注目の作品は・・・

☆今からあなたを脅迫します 主演:ディーンフジオカ、武井咲

  • 奥様は、取扱い注意! 綾瀬はるか
  • ブラックリベンンジ 木村多江
  • 先に生まれただけの僕 櫻井翔(嵐)
  • 監獄のお姫様 小泉今日子
  • さくらの親子丼 真矢みき
  • 民衆の敵 篠原涼子、高橋一生

夏の紫外線ダメージ残ってない?色素沈着が、そのまま定着する前に、早めのこれ。

ホワイピュア

医薬品だから、効くんだ~。今だけ?初回半額+美白クリームのオマケ付いてた→ホワイピュア(しみ・そばかすに効く医薬品)