2017年05月23日 Tuesday

日焼けした後のスキンケア 肌を素早く白くする方法はあるの?

私は毎年、泣いていました。

まっかに焼けた肌が痛くて、お風呂どころかシャツを着るだけでチクチク痛い。寝返りを打てませんし、そもそも痛みで寝付けませんでした。

なぜ毎年、これほどのひどい日焼けをしていたのか?それは日焼け止めを塗らなかったからですが、時代的に昔はみんなそうだったのです。もともと肌が白く弱い私は1日で真っ赤に焼けてしまう。

ひどいのは中学生の頃でした。たとえば運動会やその練習で1日中グラウンドにいるのです。長袖長ズボンを履きたいところですが、当時は「部活で水を飲んではいけない時代」でしたから、甘っちょろいことは言えないのです。そんな時に生まれた対処法をお伝えします。

シミのケアについては後半で。

赤い時の対処法は冷やすこと

まず、日焼けをしたら冷やすのは基本です。赤い日焼けは「火傷(やけど)」と同じ。だから冷やします。

私が最もひどく焼けた時は、水風呂に入りました。すばやく治るような感覚はありませんが、入っている間だけは痛みがやわらぐのです。水シャワーも良いでしょう。

それから、氷や濡れタオルでとにかく冷やす。頭皮を大やけどした時は、1日中寝る時まで保冷剤やタオルを頭に乗せていました。保冷剤は、ハンカチ等でくるんで肌に当てましょう。

病院に行く

一番ひどい時は、病院に行きました。頭皮は薬を塗ることができませんでしたが、ビタミン的な注射をうちました。腕や背中なら、薬を塗ることが可能でしょう。

あとは、市販のシーブリーズでしのいだこともありました。これも水風呂と一緒ですぐに治るような感覚はありませんが、痛みがやわらぎなんとか下着をつけられるように。

肌の表面をケアしたら、次は内側から対策します。これによって、将来的なシミを防いだり、早く肌を元に戻すことにつながります。

シミ対策は内側から 役立つ栄養素

肌が赤くなった時、それから黒く焼けた時。どちらも最終的には、シミになる可能性が大きいです。シミを気にしない人でも、赤くなった肌を元に戻すためには、新しい肌との入れ替わりを待つしか無いので、代謝を早める栄養素を摂りましょう。

シミは、体の中にあるメラニン色素が見えている状態。ちなみにメラニン色素自体は悪者ではないです。

人間は本来なら、このメラニン色素は肌の表面まで上がってきて、最終的に剥がれ落ちる機能を持っているのですが、うまく行かずに途中で止まってしまうことがあります。それがシミです。

これを防ぐためにはきっちりと生まれ変わり(ターンオーバー)をさせていくのが良いです。赤い肌をもとに戻す時も同様です。正しい食事や睡眠である程度、整います。ただ、年齢が上がるたびにターンオーバーの力は衰えていきます。なので、気になる人は化粧品でスキンケアをします。

暴走するメラニン色素

もうひとつ、シミの原因にメラニン色素が出続ける「暴走」状態があります。

これは、紫外線の刺激などでメラニン色素が出て、その後も止まらない状態。屋内にいるのに、シミはさらに進行していく恐ろしい状態です。

シミを新しく作らないためには、ビタミンを摂りましょう。ビタミンCは、メラニン色素が活発に出る状態を抑える働きがあります。それと、ビタミンA・ビタミンEは抗酸化作用と言われる、肌の老化速度をゆるやかにするといわれる成分なので、紫外線ダメージをケアするのにぴったり。

とりあえずビタミンCを重点的にとることをおすすめ。日焼けした時は大量に摂取して欲しいですが、余分なビタミンCはおしっこに出ます。つまり、ビタミンCは体内に貯蔵できません。ちなみにビタミンCは食前より食後に摂るほうがお得なようです。

空腹時と満腹時ではビタミンCの吸収速度や吸収量が異なります。空腹時吸収速度は速いのですが短時間の摂取のためすぐに排出されてしまいます。ですが満腹時は吸収速度が遅いため、ビタミンCが吸収しやすくなるのです。 引用元:農業生産法人 株式会社萬秀フルーツ

デザートにフルーツを食べると良さそうです。

そして、たんぱく質を同時にとると更によいです。理由は、たんぱく質はコラーゲンを生成する。その時に、ビタミンCを消費します。だから、日焼けした時はいつも以上に、ビタミンCを摂ることが望ましい。でも、体内に貯められないので、毎日こまめに、です。

さらに亜鉛(あえん)を組み合わせるとますますコラーゲンを生成しやすくなり、紫外線ダメージのケアになりますが、出来る範囲でやってみましょう。亜鉛は、「牡蠣(かき)」が有名でしたが、さいきんはスーパーフードのアマランサスが優秀。

スーパーフードとは、「それひとつで多くの栄養素が含まれる」食品ですから、亜鉛以外にも大きな期待ができます。楽天などの通販でふつうに購入できます。

アマランサス単体では、とくに美味しいわけじゃないです。ご飯と炊くのは良いかもです。

美容液は浸透型を選びましょう

ビタミンCの能力は分かったけれど、化粧品では対処できない?たしかに肌の表面からビタミンCケアするのは、普通の化粧品では難しいです。

美顔器を利用したイオン導入を使うか、浸透型のA美容液を使うのが今のところベスト。こういうやつですね(リンク先)。

肌に赤みがある場合は、落ち着いてからケアをすべきだと思います。念のため。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
みかん

スペシャルラッキーデイ!

ふだんは隠れているコレを読めているラッキーな奥様。ちょっと美容のモニターに参加してみませんか?

100%絶対に知っている会社なので、興味があれば☆  パスワード→6666 こっそりお得に体験してみる(クリック)


りんご

あなたはリストラの経験があるでしょうか?まわりに離婚した人はいますか?10代、20代で若くして亡くなった家族や知人はいらっしゃるでしょうか。続きを読む


コメントは受け付けていません。

@binkan_me