2017年06月23日 Friday
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん安心のダニ駆除方法 原因から対策

お部屋のダニは簡単に対策可能です。ですが、赤ちゃんやペットのいるお家では、薬を使いたくないでしょう。本日は、安全性の高い駆除方法をお話します。

ダニの厄介な所は、ダニの死骸でもアレルギーの原因になる事。だから、ダニの駆除はお部屋の中から除去する必要があります。そしてダニは増殖します。

お肌がぶつぶつになる、赤くなるなどアレルギー体質でお悩みのあなたは、ダニを退治できていないかもしれません。お部屋をすみずみまでこまめに掃除をしているのに、おさまらない場合は明日からさっそく実践してください。

家族で健康な暮らしを手に入れましょう。

どこにいる?発生源

残念ながらダニはお家のあらゆる場所にいるのです。

しかしながら、繁殖しやすい場所があるので、重点的に対策するのが賢いです。ダニの産卵場所はたとえば、お布団やベッド、ソファー、クッションなど。布製品やホコリの溜まりそうなところは注意です。おふとんやソファーをキレイにするだけでも、「今まで体質だと思っていたアレルギー」がパッと消えてしまう可能性があります。

ご本人ならわかるでしょうが、肌のかゆみ、喘息、アトピーの症状が消えたら、どれだけ嬉しいことでしょうか。

小さなお子様がいらっしゃるなら、殺虫成分を使わない駆除方法をおすすめします。布団やぬいぐるみは毎日手で触れますし、口につけたりしますので。

このウッディーラボのダニよけは、設置するだけで本当にダニがいなくなるおすすめの便利グッズです。アロマパワーで、殺虫成分なしを実現。

種類

家庭にいるダニの種類について。およそ9割は「コナダニ、ヒョウヒダニ」になります。先ほどのダニよけシリカは本来、「6週間で10,000匹までダニが増える」環境で、「0から100匹」に抑える性能を持っています。ダニの繁殖力は10週間で300倍に増えるほど強烈なのですが、ダニよけシリカは繁殖を抑えるどころか、減らしてしまうほどです。

繁殖する環境

ダニが増える条件はお部屋の温度が20~30度、湿度は60%以上。この条件を改善するのは難しいでしょう。湿度から考えると梅雨時に多く繁殖するのですが、最近は冬にも注意が必要。

高断熱・高気密な住宅は、お部屋の温度が高くなりますし、お部屋の乾燥もしにくいでしょう。部屋干しをすると湿度はあがります。

そして冬場は窓を開けて換気をする回数が減り、お布団を干さない、洗わないお家が多いのでは?

もうひとつ、ダニに餌を与えないことが効果的です。たとえば髪の毛。フケ、食べこぼし、カビなどがダニの大好物。なので、こまめに掃除をしましょう。対策するためにダニのすみかを把握しておきましょう。

床にいる?

今時、アレルギー持ちの方は珍しくありませんが(私は花粉症)、アレルギーの原因は花粉やダニ、カビが体内に入り、その結果、体調不良を起こしている事が考えられます。花粉は重さがあるので床に落ちることが多いです。

なので床を掃除をする必要があるのですが、舞い上げてしまうと被害が大きくなり逆効果。まず最初にクイックルワイパーで拭きとった後、静かな掃除機で片付けるのがベスト。それでも舞い上がったホコリは空気清浄機にまかせると便利です。

ダニは花粉と違い、どこにでもいます。窓を閉めていれば入ってこない、というものでもありません。むしろ、換気をしない冬はダニが溜まっているかもしれません。夜寝るときだけ咳が出たり、朝起きると喉の調子が悪く鼻がつまる場合は、カビやダニに襲われている可能性が高いです。

カビやダニは放置すると増える一方なので、対策せずに解決することはないでしょう。早めに対策をして、家族で健康な体を取り戻しましょう。

布団、枕

床にダニが落ちているということは、ベッドのような高さのない布団で寝ると、寝ている間は吸い込みやすい状態になります。すると、喘息の症状を引き起こすことがあります。同じく、赤ちゃんは身長が低いので、寝ている時以外でも大人よりアレルギー物質を吸い込みやすい。

ハイハイで歩きまわる時期は、特に注意すべきでしょう。

枕は頭皮から出た皮脂やフケが餌になりダニをおもいっきり繁殖させます。洗濯機で洗うことできるなら、それで大丈夫。もし古くなっていたら、布団と一緒に買い換えることも検討しましょう。

洗濯をしたい時に、洗濯機に布団が入らない大きさなら、ふとん丸洗いサービスが便利です。子育て中でも、簡単で安心。

キッチン 食材

あなたの想像通り、キッチンは菌が繁殖しやすい環境です。なぜなら湿度がありますし、温度も高めですから。

キッチンで注意すべき場所は”粉もの”。たとえば、「お好み焼き粉」「パンケーキミックス粉」の袋に1匹侵入すると、粉1gあたりダニ1,000頭まで増殖することもあるようです。対策は、粉をなるべく早く使い切る。もしくは、1回使った後の袋に口にくっついた粉を、次回使う時にしっかり払い落とすこと。

コナヒョウヒダニと同じくらい有名で、同じチリダニ科のヤケヒョウヒダニもアレルギーの原因になります。乳幼児期の離乳食に入ってしまわないよう、気を使いたいところです。

天井

空気清浄機を設置しているのに、アレルギーが改善しないあなたは天井を見逃している可能性があります。天井から降ってくるホコリにはダニやカビが潜んでいるかもしれません。

軽い掃除機で吸い取ったり、ほうきなどではたき落としてから、床を綺麗にしましょう。マスクを忘れずに着用しましょう。

いかがでしたか?簡単な方法なので、早めに対策をしておくと、今後の生活が安心できます。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

いつも来てくれてありがとう。あなたがいなかったら、更新してないと思う。「役に立ったよ~」ってなったらウレシイなー、やっぱり。


みかん

スペシャルラッキー月間!

ふだんは隠れているコレを見つけたラッキーな奥様。あの有名なアレを、みんなよりちょっとお得にためしてみませんか?

期間限定なのでおはやめに特集ページに移動(クリック)

6月号:美白1、ドリンク1、節約1件


かぞく

藤原竜也さんのアレが公開ですね。22年目の告白。あとー、ドラマが続々、最終回ですねー。面白かったー♪っていうのありましたか?ウチでヒットしたのは、沢尻エリカさんのやつとー、東出×波瑠さんのやつ。あとは、なんだっけ・・・?朝ドラは毎作品、常に見てます。


あんず

みーあーげてーごらん~。最近、夜空を見上げてますか?今って、月がちょっと赤いんだよ。ストロベリームーンって言うんだ。イチゴって言うほど赤くはないんだけど、幸せになれそう♪


コメントは受け付けていません。

@binkan_me