2017年06月27日 Tuesday
このエントリーをはてなブックマークに追加

がんにならないために食事で生活習慣病を予防 日本人の死因ランキング

powerfulwave_Fot
長寿国の日本でなぜか最近、苦しみながら最期をむかえる人が増えています。私の家族は心臓病やがん、寝たきりで介護などつらい思いをしました。介護というのは仕事と両立するのは難しい。お金もかかる。

医療が発達して、がんですぐに命を落とすことは少なくなりました。しかし、人口あたりのがん死亡者数はなぜか増加傾向。そして平均でおよそ10年、最期の10年間は病気や寝たきりで過ごす人が増えています。いわゆる寿命(老衰)で安らかに逝けるひとはおよそ3%。その分だけ、介護に追われる人も今後、増えていくでしょう。

三大疾病と言われる、「がん・心臓病・脳出血」の中で「がんと心臓病」についてはむしろ増加傾向にあります。最近は20代で心筋梗塞、そして突然死なども珍しくありません。

あなたは、この時代に新たな病気が増えていることを信じられるでしょうか?確かに技術が進化する一方で、たとえば空気(大気)は汚くなり、仕事でストレスが増していき、睡眠時間は無くなり、刺激の強い食事をして、運動する時間が減少するなど、心当たりはありそう。

自殺や事故をのぞくと、「がん・心臓病・脳出血」この三大疾病がそのまま死因のランキングトップ3になります。がんは食事の原因が3割と言われますから、食事に気をつけるだけで3分の1リスクを下げることになります。

実は対策するのは簡単です。もちろん「絶対に病気にならない!突然死をしない!」というわけではないです。それを言い出すときりがないので、あくまでリスクを下げようというお話です。

具体的には「良い習慣を増やす」「悪い習慣を控える」こと。2つ同時に行うことが大切です。がん細胞は誰でも毎日生まれてくるので、対抗するための免疫力を高めます(同時に免疫力を下げる行為をやめる)。心臓病は血管をキレイにして対策します(同時に血管を傷つけたり汚す習慣をやめる)。

日本の国民医療費(税金)は1年間でおよそ40兆円使っているので、私とあなたで少しでも予防に貢献して、長生きするだけでなく、死ぬ1日前まで元気に旅行や趣味で楽しく過ごし、家族に迷惑をかけずに逝けたら嬉しく思います。

がんを発見したら、切ったり薬で小さくするのは良いことです。なぜなら、放置すると最終的に死ぬからです。そのためには早期発見が重要。ですが、「切って治せる」というのは誤解です。再発・転移もありえますし、生活習慣を改善しなければ、新たながんや心臓病などその他病気の発症につながります。

「続けられなければ意味が無い!」ということで今日から簡単に病気を予防しましょう。

食べてはいけない食品

昔は成人病と呼ばれていた生活習慣病とは、喫煙や糖尿病、高血圧、メタボリック症候群、高コレステロール血症など。これらが重大な病気につながりやすいので、日頃から気をつけましょうということです。成人病の名前を変えた理由は、若年層に広がってきたからです。早めに手を打つなら30代から意識したいところ。

例えば高血圧をそのままにしておくと、動脈硬化がすすみ、脳卒中や心疾患、あるいは慢性腎臓病などの重大な病気につながります。塩分には気をつけたいところです。

先ほどお話したとおり、「悪いものを大量に摂取しない」「良い物を摂取する」この両輪を心がけることで効果は最大限に発揮されます。つまり、タバコを吸いながらビタミンたっぷりのフルーツを食べても意味が無い、とまでは言いませんが、煙草をやめてフルーツを食べたほうが確実に良いわけです。

「体にいいもの」を探すと同時に、「悪いものはなるべく口にしない」こと。糖尿病に関しては、厳重な食事制限が必要なるので、主治医に聞いてからはじめましょう。

料理に使う油

今日から簡単にできるのが、料理に使う油を変えることです。意識の高いあなたですからすでに実行されているかもしれません。逆に、安いファストフードやコンビニ食品は、その点が不安です。中でもショートニングはかなり極悪な存在として知られています。

フライドポテトの芋より、揚げている油が気になります。

ファイブ・ア・デイ運動

食べたほうが良いものは、すでにわかっています。アメリカで「ファイブ・ア・デイ」を心がけたところ、疾病リスクが実際に下がりました。

それを受けて、日本でもこの「ファイブ・ア・デイ」が国からも推奨されています。

5 A DAY(ファイブ・ア・デイ)は、1991年にアメリカのPBH(農産物健康増進基金)とNCI(米国国立がん研究所)が協力して始めた健康増進運動です。野菜や果物の摂取は、生活習慣病発症のリスクを抑える可能性が高いという科学的根拠をもとに「1日5~9サービング以上の野菜と果物を食べましょう」をスローガンとした官民一体の運動を展開しました。その結果、米国内では野菜や果物の摂取量が増加傾向に、また生活習慣病での死亡率が減少傾向になるなど、この運動の成果が広がっています。こうした実績を受け、日本でも2002年にファイブ・ア・デイ協会を設立しました。 引用元:一般社団法人 日本ファイブ・ア・デイ協会

具体的には「野菜350gと果物200g」を1日に摂取することがおすすめされています。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

☆大注目イベント2017~厳選~☆

  • ゲーム
    • スプラトゥーン2@7月21日
    • ドラゴンクエスト11@7月29日
    • スーパーマリオ オデッセイ@10月27日
  • おもちゃ
    • おかしなかき氷機 あずきバー@6月29日
    • ・・・
    • ・・・
もっとくわしく!(クリック)

いつも来てくれてありがとう。あなたがいなかったら、更新してないと思う。「役に立ったよ~」ってなったらウレシイな、やっぱ。


みかん

スペシャルラッキー月間!

ふだんは隠れているコレを見つけたラッキーな奥様。あの有名なアレを、みんなよりちょっとお得にためしてみませんか?

期間限定なのでおはやめに特集ページに移動(クリック)

6月号:美白1、ドリンク1、節約1件


かぞく

新ドラマ、たのしみですか~?ぱっと見、「僕たちがやりました」って気になる。窪田正孝・永野芽郁・マッケンユー、なんか人気出そう☆メイちゃんは次期朝ドラ広いんですし。あと、BSプレミアム(NHK有料)って、いいドラマの確率多し。母がけっこうみてるBSP。それにしても、コードブルーは6年半ぶり。山P。


あんず

梅雨ですねー・・・・って言うあいさつが殺到して、うっとうしい(笑)。メルマガをたくさん読んでいるんだけど、前置きのあいさつがぜんぶ梅雨・・・トホホ笑


コメントは受け付けていません。

@binkan_me