2017年06月23日 Friday
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめてのパソコン選び 初心者はどれを買ったら良いの?

パソコン選びは簡単です。その理由は、どのメーカーを購入したとしても、あなたのやりたいことはできるからです。具体的にはインターネットやメール、書類の作成などなど。これは自動車選びと同じです。どのメーカーでも乗ることはできるし、目的地にたどりつけます。

お目当てのメーカーがあるあなたは、その中から選ぶと良いお買い物になるでしょう。

私を振り返ってみると、NEC(バリュースター)から始まり、ソニー、パナソニック、レノボ、エイサー、デル、富士通などあらためて完全にバラバラでした。偶然かと思いましたが、よく考えると「二度目は買わないかな…」と言うものがあったり。大きな声ではいえませんが。

しかし!どれでも良いと言われると逆に迷ってしまう気持ち、よくわかります。実は買ったあと絶対に取り返しの付かないことが3つあります。それは…

  1. デスクトップとノートパソコン
  2. 価格
  3. 最新のゲームをする?しない?

まず、デスクトップは持ち運べません。価格は安いほうが嬉しい人が多いかもしれませんが、価格と性能は比例します。そして、ゲームを快適にプレイしたい場合は、ゲーム用の性能が必要になります。

デスクトップとノート おすすめはどっち?

私は今、ノートパソコンの前にいます。この文章を打っているわけです。ノートパソコンは移動できるので、リビングや自室で自由に使うことができます。

一方で、デスクトップの魅力を伝えるのはとても難しい。理由は、「マニアックな話」になるからです。(「自作(BTO)・拡張性・サーバー・修理」など)。とりあえず「最新のPCゲームをする人」だけは、デスクトップ優先で購入を考えたほうが良いです。自分でいじくりたいあなたもでクスクトップ。それ以外の方はノートPC優先です。

性能差を比較すると?

デスクトップとノートパソコンを比較すると、最終的にはデスクトップのほうが、最強の性能になります。ただ、その分だけ値段は比例して上がります。

意外と見落としがちなところに、「設置」があります。ノートパソコンは簡単に言うと、コンセントにさすだけで動かせます。デスクトップは、ディスプレイ(画面モニター)があるので、配線が増えます。あと、停電になると電源が落ちます。一瞬でも。

WindowsとMacの違い

多くのパソコンは「Windows(ウィンドウズ)」で動かします。ソニーや富士通、パナソニックなどメーカー製のパソコンを買えば、あらかじめ入っているので、特に考える必要はありません。

初めて電源を入れると、案内が出てくるので、それにしたがって初期設定をします。

もしご高齢ではじめてのパソコンに不安なら、パソコン教室に行ってから考えるのは良いかもしれません。地域のチラシに入ってきませんか?もしくはこういうサービスが親切で便利です。

アプラスは「自宅訪問」でパソコン・スマホ・タブレットの使い方やインターネットの接続、ワード・エクセル・パワーポイントなどのレッスンをしてくれるサービスです。

他にも、パソコンの修理(電源が入らない!とか)、ハードディスクの故障(ファイルが消えた!とか)、ウイルスにかかってしまった時に助けてくれます。訪問だけでなく電話でもやりとりできるので、便利。

Macについて。もしあなたがMac(まっく)を知っていて、使ってみたいと思ったら、選ぶのは悪くないと思います。Mac上で「Windowsを動かす」手段があるので、万が一でも困ることはないでしょう(知識は必要です)。

PCゲーム・をオンラインで楽しむぞ!

まるで実写映画のような最新のパソコンゲームで遊びたい!オンラインで大活躍してヒーローになりたい時は、なるべくデスクトップパソコンをおすすめします。

ノートPCでも不可能ではありませんが、正直「不向き」と言わざるを得ません。

それでもノートPCで行きたい!というあなた。私もノートPC大好きなので気持ちはわかります。最強を選ぶならやはり「Alienware(エイリアン ウェア)」でしょうか。

ノートパソコンって7万円くらいのものを買って、もし不満に感じた時、本当にどうにもならないです。だから買うなら、予算上限いっぱいまで欲張ったほうが良いです。デスクトップの場合は、あとから性能アップが可能です。

スリム型、一体型のメリット・デメリット

デスクトップの性能をあとからアップする。たとえば購入から3年後に、中身だけ最新に変えて、快適に使うことができる。

ただし、デスクトップの「箱(ケース)」が狭いスリム型や、画面がくっついた一体型は、そのような「改造」が難しいです。ソニーや、NEC、富士通などメーカーのPCは、基本的に期待しないほうが良いです。買ったまま使って、古くなったらまるごと買い換えましょう。

あとから改造したい場合は、PCメーカー製ではなく、パソコンショップのPCを購入します。例えば、「ツクモ」など。ヤマダ電機などの家電量販店では、基本的に購入できません。

通販で購入できます。実店舗の数で言うと、「PCデボ」ならあなたのお家の近くにあるかもしれません。

国内と海外メーカー比較

たとえばアメリカのHP(ヒューレット・パッカード)や、台湾のASUS(エイスース)を購入するとしても、日本語が通じますし、パソコンの中身(Windows)は日本語なので、とくに問題は起こりません。

通販で届くときや修理の時に、時間がかかる可能性はあります。あとは、ヤマダ電機など家電量販店で実物が見やすいところは、国内メーカーのメリットでしょうか。

同じ予算で比較すると、海外製の方が性能高めの印象。そして、5万円くらいのPCを買うときは、アメリカと台湾勢が好印象です。

予算10万円以内

アメリカ製が安い理由は、市場規模が大きく大量生産でコストが削減できるから、と考えられます。台湾製は、人件費と製造コストが安いこと、そして必要ない部分の質を落としていると私は感じます(外見など)。

パソコンが動くために必要なのはCPUやハードディスクなど、内側の部品です。そちらは手を抜けないので、外側を安く仕上げている感じ。逆に言うと、日本の大手メーカーは必要以上にお金をかけすぎかもしれません。

「家で使うから見た目は関係ない!」という人には、アメリカ製や台湾製をおすすめします。勘違いしないでいただきたいのは、DELLやAcerが安いPCしか販売していないわけではないです。30万円のPCを売っていますし、金額が上がれば性能も上がります。

結局のところ、あなたの使いみち次第となります。私が使用中の現役パソコンたちの中で最安値は4万を切る値段ですが、とても満足しています。

Acer(エイサー)

Acer(エイサー)は楽天市場に公式の通販があります。楽天なので、いつもどおりのお買い物感覚でパソコンをかんたんに購入できます。

 

性能、スペックとは

お店に並んでいるパソコンやカタログをみると、数字がたくさん書いてあります。これが性能(スペック)を表します。パソコン初心者には頭の痛くなる部分ですが、すべてをチェックする必要はありません(PCの使いみち次第)。

回転寿司に例えると…

  1. CPU→寿司を握る速さ
  2. メモリ→回転レーンの長さ(お皿をたくさん載せられる)
  3. HDD→ネタを保存する冷蔵庫の大きさ
  4. 画面モニター(ディスプレイ)→寿司がきれいに見える

HDD(ハードディスク)の部分は現在「SSD」という新しい技術が搭載されている場合があります。

そしで私がえらぶ基準におすすめするのは、ディスプレイとメモリです。「え、綺麗さなんて別にいらないけど…」と思うでしょうが、実はもう一つの役割があります。それは解像度です。

モニター・ディスプレイ解像度

お家にテレビをお持ちのあなたは、インチ数(40型)などの数値を知っていると思います。そしてインチ数と解像度は、別物になります。ややこしいです。

下にある画像のPC。これはAcerのノートPCをです。



画面のスペックは、13.3型 1366×768。この「1366×768」が解像度。13.3型がインチ数つまり画面の大きさになります。解像度の基準としては一般的でありますが、低い方(安い)のクラスになります。

そう、解像度は数字が小さいほうが「低性能(低スペック)」になります。ですが、やはり使いみち次第では十分なので、私も1366×768のノートPCを所持しています。

解像度が低いと、どうなるか?たとえばインターネットを見るためにブラウザ(ソフト)を立ち上げると、その一つだけで画面がいっぱいになります。今はスマホの時代ですから、違和感のない人がいるかもしれません。

私のように仕事にPCを使う場合、たくさんのソフトを立ち上げたいので高解像度の方がうれしい。なので高解像度のPCも使っています。他にも、YouTube動画を見ながら、文章を作成しながら、その横に資料をおきながら、というようにたくさん並べることが出来るのです。

ですが気をつける点があります。「1366×768」よりも「1920×1200」の方が、画面にたくさんのソフトを並べることができます。しかし「13.3型」という画面の大きさを変えないならば、画面の中は細かく(小さく)表示されるでしょう。つまり老眼にはやさしくない可能性があります。

これを、17型の1920×1200にすると、画面が大きくなるので、細かさは同じですが、見た目は大きくなります。17型にすると、それだけ場所を取りますから、その点は考える必要があります。また、解像度やインチ数を増やすと、値段は上がります。

computer-1881_640

デスクトップに合わせるディスプレイの場合も考え方は同じです。ただ、近い距離で大きなディスプレイを買うと見づらいです。

メモリは重要

もし今あなたがPCを使っていて、快適さを感じられないなら、メモリ不足の可能性が大きいです。

先ほど、メモリを回転寿司の流れるレーンに例えましたが、メモリが少ないとどうなるでしょうか。寿司を握っても置く場所がない。お客さんが次々食べないと、新しいお寿司が出せないのです。

Windows(ウィンドウズ)を使うならメモリは8GB(はちギガバイト)欲しいです。最低でも4GB、逆に激しく使うなら16GB。メモリは大切ですが、カタログの数字を見るだけなので、簡単です。

CPUは大事?

職人が寿司を握るスピードがCPU(しーぴーゆー)になります。CPUが高性能なら、次々にお寿司が流れてきます。その為にはもちろんメモリがたくさんあるべきですが。

でも私はCPUが最重要とは考えていません。CPU性能が高いほうが快適なのですが、「徒歩・自転車・自動車」いずれも目的地にはたどり着けます。早く到着したい人はお金を使いますし、節約するならそれもあり。

具体的な基準は「Core i(こあ あい)」。これはインテルという一番性能の良いメーカーのCPUになります。その中で「Core i3」「Core i5」「Core i7」、さん・ご・ななという順番で性能が上がります。

Core i3(コアアイスリー)でもパソコンは動きます。あなたが簡単な作業しかしないならi3で良いですし、「バリバリ使います」というなら、i5以上は欲しいです。

グラフィックボード

上でお伝えした楽天ショップやNTT-Xを見たあなたは「グラフィック」の項目が気になったかもしれません。結論から言うと本格的なゲームや映像(ビデオ)の編集をしないなら、気にする必要はありません。

◎例えばこのようなゲーム。

CPUだけでも動かすことは可能ですが、グラフィック(GPU)が備わっていると、動きがスムーズになります。

寿命…故障と保証

残念ながら、パソコンはいずれ壊れる可能性があります。5年以内に寿命を迎える可能性は高いです。その頃には性能の低さが気になるので、買い替えが得策でしょう。ですがもし保証が付いていたら、無償(もしくは格安)で修理を依頼する事ができます。

通常、1年間はメーカーの保証があります。使い始めてすぐに調子が悪い、いわゆる初期不良はすぐに修理(交換)してもらいましょう。

問題は2年目以降。たとえばあなたが20万円のパソコンを購入した場合、3年は使いたいと思っているかもしれません。購入する店舗に「延長保証」が用意されていることはありますが、実はあまりお得ではないです。「全額の保証ではない」、事が多いです。

もしパソコン初心者の方や、高齢で初めてパソコンを始めようと考えていらっしゃるあなたには、総合的なサービスのアプラスをおすすめします。

パソコンのあらゆるトラブルに対して、わかりやすい料金で手厚く対応してくれます。

私の20年の経験から言えるのは、「価格が高いほど壊れにくい!」とは残念ながら思えません。安くても5年以上動いているPCもあります。最低限、お部屋の温度や、パソコン内部の温度は気をつけるべきですが、それでも壊れないPCは壊れません。24時間365日つけっぱなしでも壊れていないものがあります。

インターネット同時申し込みで0円!?

ヤマダ電機などの家電量販店に行くと、「光インターネットを同時に申し込むと割引」のような話があります。もしお家にインターネット回線がない場合は、同時申し込みの利用を検討してみましょう。

ただ、条件が相手の言いなりなので、お得な契約になるとは限りません。また、解約したい時に、どうしたら良いのか、確認しておきましょう。

インターネットの通販でもパソコンと回線を同時に購入すると、安くなります。私が使っているのは「NetdePC(ねっとで、ぴーしー)」。良ければ覗いてみてください。値段の安さに驚かれると思います。

いかがでしたか?最高のパソコンを手に入れて、楽しいPCライフをお過ごしください。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

いつも来てくれてありがとう。あなたがいなかったら、更新してないと思う。「役に立ったよ~」ってなったらウレシイなー、やっぱり。


みかん

スペシャルラッキー月間!

ふだんは隠れているコレを見つけたラッキーな奥様。あの有名なアレを、みんなよりちょっとお得にためしてみませんか?

期間限定なのでおはやめに特集ページに移動(クリック)

6月号:美白1、ドリンク1、節約1件


かぞく

藤原竜也さんのアレが公開ですね。22年目の告白。あとー、ドラマが続々、最終回ですねー。面白かったー♪っていうのありましたか?ウチでヒットしたのは、沢尻エリカさんのやつとー、東出×波瑠さんのやつ。あとは、なんだっけ・・・?朝ドラは毎作品、常に見てます。


あんず

みーあーげてーごらん~。最近、夜空を見上げてますか?今って、月がちょっと赤いんだよ。ストロベリームーンって言うんだ。イチゴって言うほど赤くはないんだけど、幸せになれそう♪


コメントは受け付けていません。

@binkan_me