2017年10月16日 Monday
このエントリーをはてなブックマークに追加

手書きタブレットが買い時!仕事用個人向け機種OS比較

「ちょっと!アンタまた同じようなもの買って!!」私「ひぃぃ、すいません。」

886319_77e1_z_fot

妻が激怒するのも仕方ない。仕事でガッツリ使えるタブレットを探し続けた結果、デスクの上にはタブレットの山ができていた。

現役で使っているタブレットの中で一番古い機種は2013年製。この時代は、タブレットの性能が上がってきていた。CPU性能は申し分なく、重量も片手で持てるほど軽くなり、「閲覧用」として満足度は高く。しかししかし、私がほんとうに欲しかった機能は、書き込み。

紙のノートに書き込むような、緻密な細かい文字と、手書きの速さにスラスラとついて来られる反応速度。この手描き性能が当時のタブレットには不足でした。

「仕事ならキーボードとマウスで十分じゃないの?」確かに奥さん、無理ではありません。

ただ!図形を描くとき、どうでしょうか。いちいち面倒ではないでしょうか?私は手書きで資料にササッと図解を挿入して流れを示したり、PDFに注釈を入れたかったのです。プレゼン資料も、図形の部分がとにかく嫌。ホワイトボードにあふれるアイデアを自由に書き込むような、軽快さが欲しかった・・・。

それから数年後。ようやく、私の需要を満たすタブレットが発売されたのです。よ~し買うぞと思ったところで、あたらな問題が勃発。それは、Android・Apple(iOS)・Windowsの三つ巴になってしまったのです。

Windows10は業務利用に使える?

私が仕事(パソコン)でおもに使うOSは、Windows。だから、Windowsのタブレットがばっちり完成していたら、Windows1択だったはず。ところが・・・

  • PCをそのまま小型の板に詰め込んだら、タブレットでしょ?
  • Windowsをタッチパネルでも使えるように(兼用OS)

この考えかたは、「クソ重い、発熱のスゴい、電池が持たないマシン」を生み出しました。その後、PC・タッチデバイス兼用のWindows8を開発。タブレット寄りに考えすぎた結果、今度はPC側の操作性をいちじるしく低下させることに。

それでも、当初のAndroidは、Windowsのような「過去のフリーソフトウェア資産」がなかったので、ブラウジングや画像動画の閲覧でさえ、不便なところがありました。しかし、マイクロソフトはもたつき(スマホでも圧倒的に出遅れ)、Androidでも仕事は出来る!くらいの環境は整っています。

流れが変わったのは、Surfaceからです。

Surfaceは「これだよこれ!」という夢のマシン。ですが、もはやノートパソコンといえる性能がゆえに、値段は高い。まぁ~、高いことは悪では無いですけど。もうちょっと安価なマシンを探していたところ、ズバリのブランドにたどり着きました。

OSもWin10で完成。「Siri」のような「コルタナ」も搭載され、タブレットだけでなくWINDOWSスマホの方も巻き返してくれることをを個人的には期待しています。

ONKYO(オンキョー)はコスパが良い

あのスピーカー等、音にこだわるメーカー、ONKYO。なぜオンキョーからタブレットが発売されているのか?それは、ソーテックを買収したから。30、40代以上のパソコンユーザーには説明のひつようもない、お手頃価格のPCを販売していたソーテック。

ソーテックの名前は手仕舞いして、今はオンキョーのショップで販売中なのです。

onkyowin6066n_fot

カバーをつけたら、こうなるし・・・

onkyo6134tp_1_fot

キーボードとマウスを付けたら、こう!

onkyo6133km_fot

仕事が捗るから、上司と同僚の信頼がアップ。女子には、「タブレットかっこいいですね。今度、私にも選んでもらえませんか?」なんて。それで上の画像に付属のペン、あるじゃないですか。

このペンはタブレットケースとセットのサンワサプライ製なのですけど、このペンはタッチペン。これじゃダメなんです。紙のように書き込むなら。

極細タッチスタイラスペン PDA-PEN25BK(サンワサプライ)

文字を書き込むなら、極細のペン先が必要なのです。普通のタッチペンなら、Amazonで1,000円以下でも、十分。しかし、文字を書いたり、図形メモを残すなら、最低でもPDA-PEN25BKは使いたい。

◎使い心地動画(クリックで再生)

ペン先2mmはボールペンのような細さ。このペンは電池の持ちがさほど良くないこと、「iPad Proで使えないところ」がデメリット。逆に全ての問題を先にクリアして、私を満足させたのはApple。

iPadPro ApplePencilはお絵かき・筆圧性能が高い

結局、細かい文字の書き込みや緻密な絵を描くなら、タブレット側の性能も必要になります。スタイラスがどれだけ細くても、タブレットが反応しないと意味は無いのです。

その点、「iPadプロ+ペンシル」は性能面で格別。

あとは、「Mac」「iOS」が仕事内容とマッチするか、だけです。下の動画では、「ペンシル使用中は、感度を2倍にする」「筆圧、傾きを細かく検知する」ことが、解説されています。

◎使い心地動画

ゴムのペン先とは違いすぎる、なめらかな描き心地。タッチペンを使うときに気になる、手のつきどころ。この点も、ペンだけ認識するので、手をつきながら細かく書き込めます。

Pencil(ペンシル)の価格は10,800円(税別)。iPad Proは、9.7インチが60,000円~、12.7インチが85,000円~。どっちも高解像度。サイズ的には、お部屋に据え置きしたい感じ。

ノートパソコンなら、3万円台でも使いようがありますし、私も2台並べて使っています。しかし、タブレットは基本、1個がいい。しかも、予算内で一番はりきったほうが後悔はないです。もちろん、買う時期(モデルチェンジ)は見極めたほうが良いかも。

モバイル回線を持っていない人は、セットで買うとかーなーりー安く購入できます。

CPU性能の差

低価格帯のタブレットはCPU性能が貧弱である。その点、iPadは反応がよく、ストレス無く書き込みができる。では、ノートパソコンはどうなのか?ノートPCは、CPU性能が高いけれど、持ち運びの手軽さと、立ち上がり(起動)の遅さがデメリット。

あと思ったのが、今使っているふつうのノートPC(ふつうに閉じるタイプ)でタッチパネルのやつは、書き込むとき、背もたれがないからガタガタするよ。

紙ノートのようにさっと書き込むなら、高価格帯のタブレットに軍配が上がる。そんな結論です。

おすすめ無料・有料アプリ

Android、WindowsそしてiOSも、手書きやお絵かきをするなら、アプリが必要。タブレット端末性能・スタイラスペンの性能・アプリの機能、この3つが揃ってはじめて快適な、手書き・お絵かきを実現できる。

Drawboard PDF

Windowsのソフトをひとつ取り上げるなら、「Drawboard PDF」。そう、これがやりたかった!PDFに手書きメモ。

MetaMoJi Note

国産のアプリ「めたもじ」。日本語入力でおなじみATOK(ジャストシステム)の創業者が作った会社なので、かゆいところに手が届く日本人と相性の良いアプリ。

android、iOS、Windows、Kindleに対応。

◎使い心地動画

そう、この動画で思い出しましたけど、私も「拡大して書く」のがポイントだと最初に感じました。タッチペンをはじめて買って、家に届いて「よーし書くぞ」と思ったら、全然細かく書き込めなくて。あー、拡大して書くのが普通なんだーって。

だからタブレットの性能が低いと、イライラします。絶対に。私はしました。

「Su-Pen(スーペン)」って知っていますか?MetaMoJIが開発したオリジナルのタッチペンです。MetaMojiアプリが気に入った人は、検討してみると良いかもです。

紙のようにすらすら書き込むために必要なツールが3つあります。それは…

  1. タッチパネル付きの端末
  2. ペン(スタイラス)
  3. アプリ

ちなみに今わたしは「DELLのノートパソコン」で入力していますが、自分で購入したのに「半年間も気づかなかったこと」があります。このDELLPCの画面は「タッチパネル」でした。ホコリを指でとったら、動いたのでおどろき(笑)。

つまりノートPCでも標準で搭載されるほど、タッチ技術は高まっています。

スタイラスペンの種類

快適な手書き・お絵かきを実現するためのペンとは?

専門的なはなしになりますが、もともとタブレット側のタッチが「感圧式」や「静電容量式」という種類に分かれていたので、ペンの進歩が遅かった。

感圧式は「じっさいに画面を押し込んで反応する」もの。ニンテンドーDSのような感じ。字は書きやすいけれど、ゆびで操作するときの軽快さがなくなります。

ぎゃくに静電容量式は「少し触れただけで反応する」もの。タッチ操作は軽快になりますが、ペンの手書きがしにくいです。

アンドロイドの最強端末

やっぱりAndroidに慣れてきたし、お気に入りのアプリやゲームがある。そんな時は、Androidの最強タブレットを見てみましょう。鉄板は、ソニーのXPERIA。

カカクコムや新製品の情報を眺めていますが、XPERIA一択かな。スマホならサムスンのGALAXYも候補になるのだけど、タブレットのGALAXYは評価イマイチ??

Xperia Z4 Tablet Wi-Fiモデル SGP712JP

ソニーの人気機種「Xperia」の2015年最新版タブレット「Z4 Tablet」。AndroidOS機種で1台だけ買うならこれ!と言いたくなるハイエンドタブレット。

◎10.1型(解像度2560 x 1600)で重量389グラムの軽量機。

専用のキーボード(Bluetooth)で、素早いタイピングが実現。じつはXperiaの専用キーボードには特徴があります。それは「トラックパッド」が付いている事。

キーボードから手を離さずにカーソル移動ができるので、わざわざタッチ操作をする必要がなくなります。意外と盲点ではありませんか?これで作業効率がアップしますし、マウス派のあなたも安心。

まさにノートPCの代わりになるTabletです。

  • インストールOS Android5.0
  • CPU Qualcomm Snapdragon 810 Octa-core
  • オフィスソフト Microsoft Office for Android Tablet
  • メインメモリ 3GB
  • ストレージ容量 32GB
  • Webカメラ あり CMOS Exmor R for mobile
  • 駆動時間 約15時間(WiFi Web閲覧時)
  • その他スペック 防水IPX5/ 8相当、防塵IP6X相当

鮮明なディスプレイと高解像度で仕事がどんどん進み、給料がぐんぐん上がる(笑)。ディスプレイはブラビアのモバイル版。

防水なのでお風呂で映画を見たり、ソニーならではのプレイステーション連携など遊び方が充実しているのはXperiaの大きな特徴。

◎口コミメモ

私と同じく、Androidの価値を考えている、素晴らしい使用者様。

100点満点のデバイスです、個人的にですが。
(中略)
私の求めているのはアンドロイド端末で遊びも仕事もこなすスペシャルデバイスだったんです。
Windowsノートは仕事には向いていますがそれ以外使い道が私には見いだせない、それならクロームブックで十分。
家ではデスクトップのWindowsをメインに使っています。

Xperia Z4 Tabletの用途としましては。
外でExcel、ワードを使う。ドロップボックスで共有できるのがやはり便利。
フルセグを空いた時間にみたり2ちゃんまとめアプリをみたり。
出張先や旅行先ではPS4のリモートで遊んで仕事を忘れたり・・・
電子書籍を見るのも画面が大きいので言わずもがな読みやすい!
引用元:kakaku.com

次期モデルの発売は未定・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me

☆2017年秋の新ドラマ、見てますか~?もし見逃しても、無料インターネット配信があります~(1週間分)。

注目の作品は・・・

☆今からあなたを脅迫します 主演:ディーンフジオカ、武井咲

  • 奥様は、取扱い注意! 綾瀬はるか
  • ブラックリベンンジ 木村多江
  • 先に生まれただけの僕 櫻井翔(嵐)
  • 監獄のお姫様 小泉今日子
  • さくらの親子丼 真矢みき
  • 民衆の敵 篠原涼子、高橋一生

夏の紫外線ダメージ残ってない?色素沈着が、そのまま定着する前に、早めのこれ。

ホワイピュア

医薬品だから、効くんだ~。今だけ?初回半額+美白クリームのオマケ付いてた→ホワイピュア(しみ・そばかすに効く医薬品)