2017年09月21日 Thursday
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ最安値!月額維持費を節約する方法

liine169_Fot

持っているだけでお金がかかるスマホ。使わなくても安くないですし、使うと高い。これがいままでの当り前でした。

しかし今は、持つだけなら月額1,000円以下でスマホ契約が可能な時代になりました。もちろんたくさん使う人には、専用のプランがあったりもします。例えば通話が多いなら、「通話し放題」を選べば、文字通りいつでもどこでも誰とでも定額料金でも通話が可能。

維持費を考えるときに、ひとつだけ決めておきたいことがあります。それはスマホの使い方です。

  • Wi-Fi運用
  • 家族割引
  • 通話が多い

Wi-Fi(ワイファイ)運用とは、スマホでインターネット(ブラウザやYouTube、ゲームアプリなど)を使うときに、自宅の固定回線を利用する方法です。

固定回線は、「速度が早く料金が定額」なので、スマホの割高な料金を回避する方法になります。Wi-Fi運用なら、ドコモ・au・ソフトバンクと契約する必要はなく、たとえば機種変更をして役目を終えたあなたのスマホを使うことも可能。

端末は中古ショップで手に入れても良いですし、最低限の「通話・通信」を求めるなら月額数百円のSIMカードを挿せば解決。BIGLOBEのSIMだと月額900円から。これが「維持費」になります。

BIGLOBEのようなSIMを提供するサービスでは、スマホ本体も販売しています。一緒に買うかどうかは自由です。本体も購入した場合は、代金を一括で支払うか、分割払いになります。分割をすると、月額料金に乗ることになるので、維持費は少し上がる、と言えるのかもしれません。

大手キャリア(docomo・au・ソフトバンク)ユーザーとして間違いなく言えるのは「新規契約+おひとり様」ならば、わざわざ大手キャリアを選ぶ必要はなく、格安SIM系(MVNO)のスマホで十分、そう思います。

ところで、すっかり話題になっている「ツタヤのスマホ」は、あなたもすでに知っているでしょう。

なぜ、月額1,000円という最安級の維持費なのに、国民全員が使わないのか?理由はいくつかあります。

  • 端末が自由に選べない
  • 家族割引(通話無料、データ容量シェア)がほしい
  • 長期割引が惜しい

まず、端末が選べないのは、そのとおりだと思います。現在は19,800円と上位機種29,800円の2種類。ざっくり言うと、子供用・大人用になります。「どうしてもiPhoneが使いたいんだ!」というあなたには無理な話でしょう。はじめてのスマホデビューには、「選択肢が絞られていること」がメリットだったりするのですが。29,800円のほうはAndroid端末としては、必要十分なスペックです。

家族割については、少し勘違いがあるかもしれません。維持費だけを考えたらドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアがどれだけ家族割引したとしても、月額1,000円のツタヤスマホやBIGLOBE SIMが負けることは無いです。特別な家族割プランを用意するまでもなく、「元から安い」ということです。

長期割引についてはよくわかります。私もポケベル世代で、ドコモ歴は長いのでいまさら他社に移って損しないの?という不安はありました。

ちなみに2016年の最新情報では、「ドコモの2年縛り」に変更がありました。解約違約金なしの代わりに「割引もなしのフリーコース」と、従来通りの2年縛りありで「長期契約特典あり、ずっとドコモ割」を選べます。フリーコースからずっとドコモ割には、途中変更可能なようです。

アップルファンのあなたに最新のiPhoneを格安激安維持費で使う裏技をひとつ、お伝えします。

格安SIM+iPhone7で激安価格?

ドコモ・au・ソフトバンクで取り扱われているiPhoneは、各社同じような料金であり、どこで契約するとお得!といえる話ではないでしょう。

しかし、格安スマホSIMを利用するなら、月額1,000円以下の格安維持費で最新のiPhoneを使いまくることができます。女子に人気のiPhoneですが、男子が持つとモテモテなので良いですよ。芸能人も多数愛用しているくらい、使いやすいですし。

問題は、iPhone本体をどこで手に入れるのがお得なのか。ひとつはショップです。新品を買うなら輸入が早いでしょう。輸入する理由はシムフリーだからです。中古で良いならば、日本の中古ケータイショップがあります。ただ、最新のiPhoneが必ず手に入るとは限りません。

もうひとつは、裏技的な話ですが、裏ルートで流れてきた新品を購入できるお店があります。この御店です。

みてもらうと分かる通り、最新のiPhone6シリーズを購入できます。ここのSIMを使う場合、安定のドコモ回線になります。いわゆるMVNOです。

注意点は、新品だけれど検品のために箱を開封する可能性があること。それからドコモショップの保証、Appleの保証(AppleCare)は受けられず、もしもシークスの保証になること。アウトレットなので、在庫が潤沢ではないところはデメリット。

◎参考価格 iPhone6s(アイフォン シックスエス)

  • 16GB 85,400円(税別)
  • 64GB 91,400円(税別)
  • 128GB 97,400円(税別)

クレジットカードの分割可能。SIMの最低利用期間は12ヶ月です。

輸入に関しては検索するとショップが大量に出てくると思いますが、正直こわいです。本当に届くのかわかりませんし、正規品ではない可能性も怖い。だから私は最近、このショップしか利用していません。

「イートレン」はサポートも日本語スタッフなので、わからないことがあったら質問オーケーです。

もしここまでで気に入ったものが見つからなかったら?BIGLOBEの料金と取扱機種が納得出来ない、トーンの機種が気に入らない、アイフォン+格安SIMがいまいち?

であれば、最後の手段ですが、組み合わせを好きに選べるお店があります。

固定回線とセットでスマホを0円ゲットしたい時に使ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


☆今月のお買い得☆コラーゲンセット、試して友達よりキレイになる!


コメントは受け付けていません。

@binkan_me