2017年09月21日 Thursday
このエントリーをはてなブックマークに追加

格安スマホSIMってどうなの?業者を評判で比較!一番安心お得な選び方スレ

お安くスマホを使いたい!そんなときに選びたいのが、格安スマホ。使ってるよ~という人が増えてきたと思います。

はじめてのあなたにざっくり説明すると「格安SIMカード(通信契約)+スマホ端末(本体)」、このふたつを合わせて、格安スマホが使えます。

同じお店からセットで買う人、契約とスマホ本体を別々のお店で買う人。どちらでもアリ。

ただ、契約の方が不安だと思うんです。「この会社、全然ダメじゃん!」って別の業者に移ることは出来るけれど、単純にお金がもったい無いオバケ。

spirit-m1740

一方、スマホ本体の選び方は、あんまり心配いらないでしょう。値段を上げれば、性能も上がりますので、予算に合わせて選べば良し。

それで、業者の具体的な選び方なのですが・・・

低価格・回線速度・サポート

まず、格安スマホで使う回線(電波)は、3大キャリアから借りていることを知っているでしょうか。専門用語では「MVNO」。

3大キャリアとは、ドコモ・au・ソフトバンク。3社の性能差はあんまり無いので、ただの好みで選んでもいいです。あなたが綾野剛くんファンならばドコモ。

MVNOは、現在このような感じ。

  • ドコモ系→たくさんある
  • au系→マイネオ・UQモバイル
  • ソフトバンク系→ワイモバイル

りんご

今までスマホを使っていて、それがドコモであれば、ドコモ系格安業者と契約して、そのままスマホを使うという選択肢もあります。au・ソフトバンクも同様。

各業者のホームページに「使用できる端末一覧」があるので、それを見ましょう。

逆に、新しくスマホを買うつもりなら、ドコモ系・au系・ソフトバンク系のどれを選んでも良いことになります。

「インターネットをたくさん使うから、速度が早いのがうれしい!」というあなたの参考になるデータがあります。本当の口コミをお教えしましょう。

Nifmo ニフモ(ニフティー)

実は、Nifmoがおすすめ業者なんです。オリコン顧客満足度MVNO部門で2年連続1位(2015・2016年)。 ※MVNO→いわゆる格安スマホ

◎評価項目

  1. 加入手続き 第1位
  2. 通信速度・安定性 第1位
  3. 料金プラン 第1位
  4. 初期設定のしやすさ」 第1位
  5. 保証サービス 第1位
  6. 付帯サービス 第2位
  7. サポートサービス 第1位
  8. コストパフォーマンス 第1位
  9. 端末のラインナップ 第2位

これ、「格安SIMカードのみランキング」だと少し変動するのでわかりづらいですが・・・

  • 総合1位 Nifmo
  • 総合2位 BIGLOBE
  • 総合3位 楽天モバイル
  • SIM1位 IIJmio(アイアイジェイミオ)
  • SIM2位 BIC SIM
  • SIM3位 OCNモバイルOne

参考:オリコン日本顧客満足度ランキング

こんな認識で良いと思います。

はじめて格安スマホを使う初心者の人、機械に強くないあなたは、総合力で上位の業者にしておくと安心。手厚いサービスが受けられるでしょう。

雑誌やテレビ番組内で紹介されるモノなど、広告だらけですから、本当のおすすめはわかりにくいもの・・・。だから、実際に使っているユーザーの満足度ランキングで選ぶのはとってもあんしんの方法になります。現在、100社以上の業者がありますから・・・。

おとうさんネットユーザーには、「おお、ニフティーか。インターネット通信の老舗だから、当然の結果だな」なんて意見になるかも、です。というのも、格安スマホ事業って、ネットと無関係の業種でも参入できるんですよね。回線を借りるだけだから。でも、そんな業者はサポート面で不安が残る。

その点、インターネット事業のベテラン、ニフティーなら手続きも安心、というわけ。

「BIC SIM(ビックシム)」はビックカメラのSIMですが、中身は結局IIJですね。

もうひとつ注目の業者を紹介。なんと、伏兵「LINEスマホ」です。

LINEモバイルに注目

なぜ、LINEスマホが大注目なのか?元々、話題になったのは、低価格の料金でした。月額500円から、なので。

しかし我々ヘヴィーNetユーザーからすると、「低価格=低品質(つながりにくい)」だと思ってしまうんです。これは、固定インターネット(お家の回線)にその傾向があるのが原因なのかも。

ところが現在、LINEスマホは一番速度が出ます。地域や時間帯によるでしょうけど、LINEスマホはちょー速い。

これまたインターネットあるあるなのだけど、「ユーザー数の増加=速度が遅くなる」のが常識。LINEスマホは一番新しい参入だから今後はわからないけど、LINEってすごく大きな会社になってるので、お金もかけてくれる期待はあります(設備増強)。

ちなみにLINEスマホはドコモ回線。

child01-glasses_fot

機種選びの方は、好きなものをチョイスするだけですから、かんたん。性能(スペック)と価格で決めるだけ。「カメラがきれいなのがいい」とか、「画面は大きい方が嬉しい」とか、「やっぱ、iPhoneっしょ」とか。

もうひとつ、お得な業者選びの条件があります。それはサービスの内容で決めます。

最新情報・感想まとめ

実は最近、SIMの動きに変化が見られます。元々は、月額の維持費が安くなるメリットがありました。

現在は、「月額低価格+大容量=最強」というユーザーが増加傾向。

大手キャリアでも、大容量をおすすめしていますが、格安SIM+大容量のほうが、やはり低価格になります。

もうひとつ、無制限の罠があります。

無制限 使い放題のデメリット

この罠は格安SIMに限ったことではありません。かつては、固定インターネットがそうでしたし、モバイルWi-Fi(WiMAX等)もそうでした。

ずばり、無制限サービスを提供すると、混み合いで速度が出ないリスクが高まる。これがデメリットです。だから今は、すこしお金を出して、快適な速度で楽しむのが、ヘビーユーザーに選ばれています。

◎U-mobile MAX 25GB

  • データ専用;2,380円/月
  • 通話プラス:2,880円/月 通話機能付きプラン
  • エンタメプラス:3,980円/月 ※提供開始準備中

付属サービス。動画配信サービスU-NEXT、スマホでUSEN。

U-mobileは、無料お試しが用意されています。ドコモ系なので、ドコモ系のスマホをお持ちなら、気軽に試してみてください。

今後の展望。固定インターネットのときに多かったのは、「有名なプロバイダが逆に遅い」状況。ユーザー数の増加とともに設備増強をすすめてくれたら良いのですが、MVNOはどこまで出来るのか?

MVNO以外の事業でも収益を上げているような強い企業が、有利になるかもしれません。

動画に強い エンタメフリー(BIGLOBE)

スマホのインターネットで一番困るのは、動画です。

理由は、通信データ量が大きいから、速度が必要。そして、使いすぎると制限がかかり、インターネットが低速になり不便。

そんなあなたのスマホ用途に強いのが、ビッグローブのエンタメフリーオプション。指定サービスが無制限で使えるスゴいやつ。

今のところ、YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTVが対象。

このような動画・音楽コンテンツを快適に視聴するため、ドコモ・au・ソフトバンクは大容量の「ギガプラン」的なものを別で用意しています。けれど、あなたの主な使用がYouTubeならば、このエンタメフリープランで良いわけです。

ギガプランは料金も上がりますからネ。

エンタメフリーは、上記のサービスが1日の使用制限にカウントされず、快適に動画や音楽を使い放題。

特にAbemaTV(あべまティービー)は、2017年も注目ですなー。テレビと同じようにリアルタイムで無料視聴するタイプのサービスです。アニメも見られますし。

あと、BIGLOBEは通話かけ放題オプションもあります。

他にも、このような特徴のある格安スマホSIM提供会社はあります。気になったらまた、追記します。

解約金・手数料

ドコモ、au、ソフトバンクよりも低料金な格安スマホ。なので、手軽に契約できるイメージですが、だからこそ、解約についても知っておきましょう。

基本、音声通話込みのプランは1年間の縛りが多いです。1年以内の解約違約金は9,800円くらいの印象。

ドコモ等と比較して、縛りがゆるい理由は、スマホ本体の代金をすでに支払っていることが大きいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


☆今月のお買い得☆コラーゲンセット、試して友達よりキレイになる!


コメントは受け付けていません。

@binkan_me