2017年09月21日 Thursday
このエントリーをはてなブックマークに追加

トレンドとレンジ相場の見分け方、攻略法はあるのか?

FXの手法(ロジック)はいくつも存在しますが、その多くはチャートの動きを予測をするもの。

なぜ予測が可能なのか?これはプレイヤーの経験としか言いようがありません。同じ画面を見ていても、エントリーポイントがはっきり見える人と見えない人。この意見に納得いかない場合は、時間の無駄になるのでここで引き返すことをおすすめします。

私が今、最新で注目している手法は「FX歴10年、年間4,000万円」という成績を出している方のもの。

その理由は、レンジ相場から利益を拾えると聞いたからです。

17_range

勉強熱心なあなたには常識でしょうが、FXにおいて8割はレンジ相場と言われています。逆にのこりがトレンド相場になります。この手法は、レンジで利益をコツコツ拾いながら、トレンドは大きく取ります。

ところであなたはレンジとトレンド、どちらで利益をえるのが難しいと感じているでしょうか?正直にお話すると、私もレンジで百発百中することはありません。ただし、トレンドの利益と合わせたときにトータルで勝つことが重要であり、この手法を気に入った理由です。

このロジックは、レンジとトレンドに両対応しているので、私は楽になりました。もしかするとあなたは「レンジ相場を狙う意味はあるのか?」と疑問に思われたかもしれません。

レンジを制するメリットは、エントリーポイントが山ほど持てること。FXのプレイヤーは全員同じ目的、つまり「お金を稼ぐこと」を目指しています。しかし、その中で負けて退場する人たちは例外なく、「無茶な勝負」をした人たちです。

自分の頭のなかで、「チャートがこう動いたら良いな。いやきっと動くはず」と勝手に妄想してしまいます。つまり、エントリーを待てないのです。他にも、仕事から帰って寝る前までの短い時間でどうにか結果を出したい副業トレーダーが焦りから、トレンドを待てずにむりやり勝負してしまうこともあるでしょう。

しかしその点、レンジを狙う手法なら、年間で数千回のエントリーが可能。これは、通貨ペアを変えることで、無数に増やすことができます。でもレンジは複雑です。なのでこの手法は公開直後から、人気が出たのでしょう。

勝利の黄金シグナル

はっきり断言したいのは、「チャートが動くのは人間が売買しているから」です。つまり人の意思です。「そろそろ反発しそう」というプレイヤーの考えが実際の相場に反映されることは、株をやられている方ならわかると思います。(FXの場合は各国の”国民性”も考慮する)

その中であなたも「波に乗る」こと。勝利の黄金シグナルを考案した北田先生は「エネルギー」という表現をします。

トレンドの終わりかけでエントリーをしてしまうこと、ありませんか?北田さん曰く、「もうエネルギーがない状態」です。目先の動きで上昇したからと言っても、全体を見たら、もう上昇するエネルギーが残っていない。だからエントリーしてはいけないところなのです。

ちなみにサインツールに従ってOCO注文から自動決済で40pipsとれました。トレンドはもっと大きく狙える可能性はありますが、基本的に4時間足で無裁量トレード。

トレンド、レンジどちらのロジックもOCO注文で利益確定と損切りの設定さえしておくと、自動決済になります。もしかすると初心者のあなたはむずかしそう?と思われたかもしれませんが、北田さんは0からわかりやすく教えてくれます。

☆人間を見るべし

あなたはこのようなインターネットで購入できるツールやノウハウを実践したことはあるでしょうか?もしかすると初めての経験で不安が大きいかもしれません。

私はすでにいくつも試していて、正直、ひどいものはありました。これまでの経験で学んだのは、人間を見ることです。今回の勝利の黄金シグナルで言えば北田さんです。

FXや株にかぎらず、副業やネットビジネスと言われるものはまず自力で稼ぐのは簡単ではありません。だから「教材やツールを買う?」、実はちがいます。北田さんの知識や経験、時間を買うのです。

副業で結果を出している人たちは、私も含めて、質問をする人たちばかりです。わからなければ、聞く。しかもすばやく。あなたが10代、20代ならば10年後に稼げるようになっても問題なしですが、ふつうは早く成果を出したほうが、人生を楽しめるでしょう。

あなたが家族で海外旅行などささやかな幸せを願うのか、それとも学校を建てたり社会に貢献したいのかはわかりませんが、とにかく聞くことです。このことだけは、忘れないでいただきたいです。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


☆今月のお買い得☆コラーゲンセット、試して友達よりキレイになる!


コメントは受け付けていません。

@binkan_me