将来性のある仕事2020 「雇われ・独立」 安定した職業とは

Man with umbrella on seacoast  http://barnimages.com/

Man with umbrella on seacoast  http://barnimages.com/

「まさか、自分が・・・」

25年前、東芝・ソニー・シャープにリストラされるつもりで入社した人など誰も居ないと思います。しかし、現実に起きる。

大企業の大リストラがニュースで流れることが珍しくない現代。7000人リストラされるなら自分が含まれることは覚悟できますが、私の知り合いには超一流企業をクビになった男がいます。話を聞いてみると逆に一流企業だからこその理不尽な理由でしたが、つまり「100%絶対に安全」という職業をお伝えするのは難しい。

ただしこれは「雇われる」前提でのお話。

例えば英語を話せる(読み書きできる)だけで、英語ができない人たちの代わりになれます。条件の良い会社へ転職することもできますし、フリーランスで自由に働くこともできる。あなたが「何をリスクと感じるか?」それが大事な視点だと思います。

「リストラされたら0になる職業」、これが私は一番怖いです。まったく成長のない生活をして、年齢だけ高くなり、首を切られてある日とつぜん放り出される。

そうならないためには、あなたが小中学生・高校生なら今から能力を高めたら良いですし、すでに就職しているあなたは今できることをする。将来に向けて。

夢が無いなら10年後、無くなる仕事を選ばないこと

機械が代わりになれる仕事は基本的に無くなる可能性が高いです。そして、誰がやっても変わらないことは、賃金が安いです。

機械でなく人間が必要な仕事。たとえば接客は人がやっています。その中で「説明や事務処理」だけの役割は今後消えていくかもしれません。業界が伸びていくことと、高所得になれることは別の話なので、「夢と安定」は切り離して考えたほうが良いです。

もちろん夢があり安定する職業はあります。たとえばプログラマー。

プログラマー

これから機械化が進んでいくほど、必要になるのはプログラマーです。ふつうに誰でも目指せる仕事です。雇われて仕事をしていたとしても、会社に依存した能力ではないので、クビは怖くありません。転職は簡単ですし、日本に拘る必要もないでしょう。

この5年ほどで、山ほどスマホアプリが出たじゃないですか?作りたい人(会社)はいっぱいあるけれど、自分では作れない。アイデアはあるけれど、形にできない人は多いです。だから重宝されるし、スピードを上げていけば、給料も高くなります。

英語(翻訳)はある意味、「取りかえできる存在」ですが、プログラミング能力を高めたら、会社から「やめないでくれ~」と泣いて足にしがみつかれる存在になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me