ダイエット後のたるみ・シワを引き締める方法

2015年12月4日

せっかくやせて綺麗になれた!と思いきやお肌やおなかにプルプルたるみがありませんか。私もこのたるみにはなやまされ、フェイスラインやおなかの線をあきらめていました。

ですがその後、じつに良い方法が見つかり、あっさり解決したのであなたにもおすそ分けします。いっこくもはやく対策して、あかるくたのしくすごしましょう。

ladybug-80040

今回の例外として、肥満からがんばって急激に痩せたばあいは、大量に皮があまります。これをかんぜんに解決するには外科手術しかないです。相談してみましょう。

原因は食事? 筋肉やせていませんか

食事を減らすダイエットをすると、筋肉がいっしょに痩せます。すると皮が余りそうだと思いませんか?

そして栄養不足から血行が悪くなり、むくみが出てたるむことがあります。さらに食事制限でたんぱく質が足りないと、どうなるか?コラーゲンを作れないので、シワが増える可能性まであるのです。恐ろしい…。

ところであなたのおなやみ部位はどこでしょうか?私はこのあたり。

  1. 顔肉のたるみ(ほっぺ、目元)
  2. 毛穴たるみ
  3. おなか・二の腕のたるみ

などなど。きほんてきに筋トレか栄養でかいけつします。

「わたしの年齢でもう無理でしょ?」とあきらめそうなあなた。それなら、これをためしてみてください。お試しだけでも、個人差はありますがちがいを感じられました。希望はここにあります。

リフトアップクリームROSY

さて、まずはフェイスライン、目元を解決しましょう!

フェイスライン、目元トレーニング

筋肉をきたえると、お肌をささえてくれるので、リフトアップがのぞめます。「表情筋」というやつです。ですから、まずはトレーニングをしましょう。ほうれい線なら口まわり。

たとえばうちにも本がある「顔ヨガ」などでトレーニング。もしくは、「う~(口をすぼめる)」「い~(口角を上げる)」、ペットボトルを口でくわえるなど自力でできることもあります。

あっ、くわえるのはボトルの飲む側(ほそいほう)です(笑)あなた、むちゃしますな。

ただ、ほんとうは筋肉の奥深くまで動かせたら理想的。そこまでいしきするのは無理だとしても、エステで受けられるタッピング(ポンポンと指で叩く)のような技術を取り入れられると、血流がしっかりして、おはだが引き締まります。

タッピングとは

家庭用のタッピングマシンで有名なのは、ヤーマンの美顔器。1分で1,800回タッピングするマシンです。私もちょうどきのう、テレビ通販でみました。

TVで人気の新美顔機(ヤーマン)

リンク先にかいてあるとおり「深層表情筋」がたるみのポイントです。

炭酸パックを使う

じつはさいきん、これは!!と思う物に出会いました。それは炭酸です。

炭酸の美容はいぜんから知っていましたが、このパックは良いと思いました。もともと小顔用のパックらしいのですが、炭酸の力で血流や筋肉にはたらいている感じがします。

炭酸ガスパック(アヴィナス)

たるみきったお肌がすごくよろこぶので、あなたも一度だけ試してみることをおすすめします。使い方は、炭酸の発生するジェルと粒をまぜて、顔に塗る。あとはパックでとじこめるだけ。かんたんです。

二の腕、おなかケア

からだのたるみは、やはり筋肉の不足がしんぱいされます。筋肉を大きくすると、それだけ面積が大きくなるので、たるみのすきまが埋まることが期待できます。

そして、痩せたあなたは脂肪が落ちた気がしていると思いますが、じつは「皮下脂肪」が残っているかもしれません。にんげんはやせるときに「内臓脂肪が先、皮下脂肪があと」。なので、「ダイエット成功だぜ!」と思っているあなたも、皮下脂肪でぶよぶよしている可能性を考えましょう。

皮下脂肪を小さくするためにはじみちに腕立て・腹筋トレーニングをするか、マシンをつかう。もしくはエステに行く。20代のあなた、これから老後をむかえるあなたも筋肉を鍛えて損することはひとつもないので、この機会にひきしめましょう。

栄養不足とむくみ

ダイエットで食べる量を減らすと、やせるけれども、健康状態はまえより悪くなっている可能性があります。

これはむくみの原因になります。

そして、お肌の栄養が不足していることもあります。具体的には美肌のもとになるビタミンC。そしてお肌のコラーゲンをつくるたんぱく質が不足したけっか、お肌の奥がくずれている場合も。

お肌は「土台」がくずれると、しわやほうれいせん、たるみが出てきます。ダイエットするときは、食事の栄養バランスを考えなければいけません。フルーツと鶏肉をたべましょう。

これで、いままでより引き締まり、ブルドック顔とはさようならです。気合を入れて、いっしょに続けていきましょう。ありがとうございました。