日焼け止め+肌が白くなる+シミ消し☆同時にできちゃう方法♪

日焼けすると、肌が黒くなり、その一部がシミになる。

なので、日焼け止めを1年中しっかりやっておくと良いのだけれど、もうシミができている場合は、困ってしまいます。

シミを薄くしながら、新しいシミを作らないために、日焼け止め効果が同時にあったら、良いですよねえ?

なななんと、そんな都合の良い方法がついに完成したので、日焼けによるシミで悲しい思いをしているあなたは参考にしてみてください。

飲む日焼け止め美白サプリ マスターホワイト

「飲む日焼け止め」は、数年前から流行していますが、マスターホワイトは、タイトル通り「日焼け防止+美白効果が期待できるサプリ」になります。

→ダメージを内側からケア【マスターホワイト】公式ページへ

シミは、いわゆる皮膚に色素沈着している状態。

この色素沈着を薄くする方法は、お肌のターンオーバー(生まれ変わり)で、はがれおちていくのを、待つのが一般的。

しかし、ターンオーバーが正常に働かないと、いつまでも色素沈着が残り、シミとして存在し続けます。

そのターンオーバーを正常に働かせるためには、ビタミンCなどが有効で、それら成分を配合したのがマスターホワイト、ということになります。

本当に焼けないの?飲む日焼け止めの仕組み

飲む日焼け止めサプリを飲むと、肌が絶対に焼けないのか?じつは、まったく焼けないという保証はありません。

それよりも、シミにならない、シミとして残さない、お肌のダメージを軽減する目的になります。

◎紫外線→肌にダメージ→活性酸素発生(酸化)→シミになる

この流れの中で、活性酸素(酸化)に対抗するのが「抗酸化」です。たとえばマスターホワイトに配合されている成分でいうと、アスタキサンチンが、抗酸化になります。

抗酸化作用で有名なビタミンは、ビタミンEなのですが、アスタキサンチンは、ビタミンEの約1,000倍強力であると言われています。

なので、アスタキサンチン配合は、嬉しいんです(≧▽≦)

◎紫外線→メラニン色素発生→肌が焼ける

日焼け止めになる仕組みは、上記の中で、メラニン色素発生の部分になります。

またまたマスターホワイトを例にすると、「L-シスチン」が活躍します。

専門的な話をすると、メラニンを作る元になるチロシナーゼの働きを抑制する効果があるとされるのが「L-シスチン」。

なので、紫外線を浴びたときに、肌が黒くなりにくい、というわけです。

◎口コミメモ

本当に焼けないと思ってなかった!毎年夏はとくに、塗り直しや塗りムラがあって体のどこかは焼けていたのに。飲み続けて2ヶ月、3ヶ月でシミが薄くなってきたような気もするし、もうちょっと続けてみようかな。☆5です。

飲むだけだから簡単!というのもありますが、お肌がベタベタしないのも個人的には嬉しい!!多忙なママさんには特におすすめな気がします。

あとは、ニキビや敏感肌で、日焼け止めを塗りにくい場合にも、検討の価値ありかと思われます。

マスターホワイトは、国産だから良いですね。

ダメージを内側からケア【マスターホワイト】

おすすめの食べ物は?

サプリに含まれる一部の成分は、食卓でなかなか摂取できませんが、ビタミンやミネラルならば、食事からでも実践は可能です。

美肌・美白対策の基本は、やっぱりビタミン!

その中でもビタミンA・C・Eが、美白には大切です。「ACE(エース)」で覚えておきましょう。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが日焼け・美白効果として期待できる理由は、いくつもあります。

ビタミンCは、シミのもとになるメラニン色素の生成を抑えるために役立つと言われています。そして、お肌の土台となるコラーゲン等の生成も期待できる。

お肌の組織が内側から崩れると、大きな深いシワができてしまう><だから、紫外線ダメージは、シミだけでなく、シワの原因にもなりやすいんですね。

ビタミンAとEは、抗酸化作用があると言われています。

お肌が老化していくのは、酸化が原因と言われていて、その酸化をゆるやかにしようと働くのが抗酸化、です。

美しくピンっとハリのある肌を求めるあなたはA・C・Eの摂取を心がけましょう。

そして、日焼けしたあとの、簡単なアフターケアのひとつとしても、ビタミンA,C,Eは、効果的であると考えられます。

もちろんお子様が真っ赤に焼けてきたら、ひどい時は皮膚科に直行すべきですが、食べ物はビタミン摂取を心がけましょう。

私が昔、海でちょうしにのって頭(頭皮)がやけどのようにひどくなった時は、頭に直接ビタミン注射を打たれましたよ。「えっ、そこって注射打てるの?」と思いましたが(笑)怖かったです。

ビタミンACEを多く含む食品

ビタミンAは動物性が多く、レバー(肝臓)が代表的ですが、少し摂りにくい感じです。野菜の中で多く含むのは、にんじんになります。

ビタミンEを多く含む食品は、アーモンドが定番。あとは、オリーブオイル。

モロヘイヤならビタミンAとEを同時に摂取できます。ですがどちらも過剰摂取には注意しておきましょう。なんでも過剰摂取はからだに良くないです。

ビタミンCは、わりと簡単。

野菜に多く含まれていますし、みんなだいすきフルーツにも含まれます。

果物でビタミンCの王様は、アセロラ!ダントツでビタミンCが多いです。レモンもそこそこ含まれますが、食べやすさで言えばレモンよりも、キウイやいちご、みかんがおすすめ。

食事にフルーツを取り入れたり、ペットボトルのジュースを飲む人はそこを野菜ジュースに置き換えると無理なく続けられます。

医薬品と比較

日焼け止めではありませんが、シミ消し医薬品として有名な「ハイチオールCホワイティア」の成分を見てみると・・・

有効成分は、「L-システイン」。これはL-シスチンと似た構造を持つもの、です。

有効成分「L-システイン(アミノ酸)」がターンオーバー(肌の代謝)を正常化し、シミの原因である過剰に出来たメラニンを排出。さらにビタミンCと協力して過剰な生成を抑制し、肌に沈着した黒色メラニンを無色化します。

医薬品(第三類)なので効果が期待できますが、その仕組み上、やはり3ヶ月程度は継続の必要ありです。

値段は、割引を考慮すると、ハイチオールCは、サプリ(例:マスターホワイト)より低価格。

なので、サプリがおすすめな人は、美容成分がたっぷりはいっているほうがいい人、になります。シミだけでなく、お肌をふっくらさせたい、シワやたるみをどうにかしたい、などいわゆる30歳、40歳からの年齢肌対策に良いですね。

総合力のサプリ、シミ消し特化の医薬品、という感じです。

日焼けのアフターケア

日中、レジャーや学校の行事で紫外線をたっぷり浴びてしまった!だけど、浴びてしまったmのはしょうがないから寝よう・・・ちょっとまったあああ~!

紫外線は浴びている瞬間だけではなく、なななんと12時間後でも体内に活性酸素を発生させ続けるそう。

なので、老化を気にするならアフターケアは大事なのです。有効成分をとりましょう(*^^*)

Posted by 本田