超最新☆女子のムダ毛処理方法。早い安いお肌に優しい♪

2019年6月20日

肌弱めの私でも続けて使える、仕上がりスッキリのムダ毛処理法。

そう!除毛クリームですよね。しかしコレがまた毎年進化を続けて・・・。さっそく見ていきましょう。



除毛クリームとは?

ムダ毛の多い、腕や足などにクリームを塗る。そのあと、お湯で流すだけであら不思議ー。きれいにムダ毛が無くなってるう~☆

根本から処理できるので、黒いポツポツ(埋没毛)になりにくい。そして次にムダ毛が伸びてくるまでの時間も長くなるので、お手入れが楽ぅ~。

薬用ケナイン

顔から下は全部使える、スプレータイプの最短4分脱毛「ケナイン」。

しかも美容成分だから、使うほどに美肌も目指せちゃう2倍お得なヘアリムーバーです。

→商品ページを確認する

まとめて買うと、コスパもバッチリですぞ。

背中、脇毛、どこでも使える。顔は?

除毛クリームは、基本的にどんなムダ毛にも対応します。ただ、顔だけは責任を取りづらいので、許可しないメーカーが多いです。

処理後のスキンケア

最新の除毛クリームを手に入れたあなたは、もう肌荒れなどのトラブルがないと思います。しかし、従来のカミソリムダ毛処理を毎日続けるならば、お肌へのダメージを考えなければいけません。

肌が荒れる=肌の組織が乱れた状態なので防御力が最弱の状態。弱ったところに、外部からの刺激や体の内側からくるビタミン不足などが合わさって、毛穴を目立たせたり色素沈着のおおきな原因になります。

ムダ毛の処理方法と肌にかかる負担は…

  • 抜く(ダメージ大)
  • 剃る(ダメージ小)

です。

あくまで比較すると、なのでカミソリで剃る方法もダメージはあります。しかし、正しい剃り方を行えば大丈夫~。

かみそりで剃る、シェーバーで抜くとどうなる?

毛を抜く処理方法は、ふつうの毛抜きだけでなく、脱毛クリームやエステ、家庭油脱毛器も、毛を抜く方法になります。無理やり抜くか、自然に優しくポロッと抜くかの違いはあります。

エステや脱毛器、クリームはおすすめできないのか?と言われれば、エステ最大のメリットは専門家の知識でお肌をアフターケアをするので、ダメージを最小限に抑えられる期待ができます。

家庭用脱毛器を使う場合は、自分でアフターのスキンケアをします。

評判の良い脱毛器なら短時間でキレイに脱毛が終わる。なので、なんども脱毛処理を繰り返すことにならず、結果的に肌の負担は軽くなります。さらに、しっかり脱毛できるのが脱毛器のポイント。ムダ毛が伸びるまでの周期が遅くなるので、処理の回数を減らせます。

次に”剃る”場合。

正しい手順とは?

剃るといえば、T字のカミソリや電動のグッズを使うのが一般的。

毛を抜くのは、皮膚ごとブチッと切るので肌ダメージ大ですが、かみそりは比較的やさしいと言えます。肌を撫でて、毛を刈るだけなので”正しい処理をした場合”はダメージが小さいです。

しかし!脚の肌荒れトラブルを起こす人の多くが、かみそりで処理する人です。原因は、正しい処理方法を知らないからです。あなたは「常識でしょ?」と思うかもしれないので省略しようと思いましたが、一応書いておきます。

☆何度も往復はNG!

脚の毛を処理する時、かみそりで同じライン(部分)を何度も往復していませんか?

かみそりは立派な”刃”ですから、何度も往復するほど、肌は荒れます。だから一発で済ませたいです。具体的な手順は…

  1. 湯船で肌を温める
  2. クリーム(石鹸)を薄く塗る
  3. 上から下に向かって剃る
  4. アフターケア

肌を温める理由は、毛を剃りやすくするため。

そしてシェービング用の泡をうすく塗る理由は、剃る毛がよく見えるようにデス。泡で見えないところを何度も往復すると無駄に肌を傷つけてしまいます。

上から下に向かう理由は、毛の流れに沿って剃れるので、毛と刃の引っかかりで起きてしまう肌荒れを防ぎます。

最後に一番の落とし穴がアフターケアです。かみそり=安い脱毛方法なので女性の半数以上がかみそりによる処理をすると思いますが、最低限のアフターケアはしておきたいところ。

ずばり、毛を処理したあとにお肌を冷やすこと。クールダウンです。これは、プロの脱毛サロンでも行う方法。お家ではタオルやハンカチに包んだ保冷剤を脚に当てましょう。

仕上げにクリームでお肌を保湿をすると完璧。

黒いポツポツが見える!埋没毛??

かみそりでムダ毛を剃ると、黒いポツポツが見えて気になることがあります。

「もしかして黒ずみ!いやや~」と思いそうですが、それは黒ずみではなく毛が根元まで剃れない事が原因になります。抜いている場合でも、毛が全部スポっと抜けきらず「埋没毛(まいぼつもう)」が黒く見えている状態です。電気シェーバーでも埋没毛が起きる事もあります。

かみそり派、抜き派の黒いポツポツ「埋没毛(まいぼつもう)」を解消する方法は脱毛のクリームを使うこと。

家庭用脱毛器はケノン

もし光脱毛をお家でやりたいなら、ケノン一択ですね。お値段はしますので、無理に入手する必要はありません。

エステに行きたいけれど、行く時間がない・・・。そんな方向けです。

→脱毛器ランキング180週連続1位!真似できない実績「ケノン」

ケノンは、1回で脱毛できる範囲の広さが良ポイント。それでいて、指毛の細かいところやアンダーにも使えちゃいます。

お肌ヒリヒリ 痛くなる理由は?

すごく単純なことですが、カミソリを使ったムダ毛処理は、お肌に刃物をくりかえし当てます。なので、肌に負担がかかるのは当然といえます。

カミソリ負けしない対策は、まず切れの良いカミソリを使うこと。キレが良いと、肌に悪いようにあなたは考えるかもしれません。しかし、切れの良いほうが繰り返しムダに何度も何度も剃る必要がなくなります。一発できれいになる。だから結果的にお肌に優しいです。

気をつけるべき点は、カミソリ(刃)の交換時期。

新品の時は、刃の切れが良いのですけど、使っているうちに鈍ってきます。なるべく早めに交換すると良いです。あとは、ムダ毛の流れに逆らないこと。上から下にカミソリを動かしたほうが、お肌には優しいです。

脚の毛なら、膝から下に向かって剃る。逆ソリは、カミソリと毛がからまりやすく、剃りやすいと感じるかもしれませんが、その分だけお肌の負担は増加します。上から下方向でもごっそり綺麗に剃るために、やはり「良い刃」が必要です。

脇やビキニラインなど、毛の濃い部分を繰り返し処理しすると、黒ずみでお肌が汚くなってしまう危険性は高いです。すばやく1回で処理しましょう。

カミソリのメーカーで一番有名なのは、「シック」でしょうか?

シックは男性のひげ処理に定評のあるメーカー。その技術を活かして、女性向けに3つのカミソリ商品を販売しています。剃るたびうるおう5枚刃「シック ハイドロシルク」、保湿成分のソープ配合「シック イントゥイション」、一番シンプルで安いのが「シッククアトロ フォーウーマン」です。

コンビニ、スーパー、ドラッグストアで見つけれると思います。

毛が濃くなる?

カミソリで一つだけ心配なのは、カミソリで毛を処理すると、だんだん毛が濃くなってくる。あなたもそんなウワサを一度は聞いたことがあるでしょう。このウワサの真相はよくわかりませんが、とりあえず「だんだん薄くなることは無い」と、私は思います。

もし体毛を薄くしたい場合は、抑毛クリームが良いかもしれません。

毛をどんどん細くするというか、弱くする感じ。新しく生えてくる毛が目立ちにくくなります。まいにちの処理は簡単になります。お肌の弱い人ほど、おすすめな方法です。

Posted by 本田