シミ・シワ隠す薄化粧のやり方 厚塗り防ぐ休日すっぴんメイク

2016年4月28日

holiday-vacation_Fot

お休みの日は、肌を休ませる。すると、次の日はお化粧のノリが良くなった!肌に休養を与えると、次の日は肌のキメが良くなり、メイクのノリが抜群です。

だけれども、買い物や美容院に出かけるときなどに、すっぴんで出かけられるほどの自信はありません。日焼けも防ぎたいですし。

1年ほど研究を続けた結果、ナチュラルなのにシミ・シワをカバーできる方法にたどり着きました。20代の方は必要ないかもしれませんが、35歳以上の人にとてもよい方法です。

薄化粧で済ませるためには、30秒から5分ほどの下準備が必要になります。シミの量やシワの数によって時間は少し違います。この下準備でお肌のあきらめていた欠点を見えなくします。すると、その後のメイクが薄くても大丈夫なのです。

うちの母に教えたら、とても喜んでいました。年齢的にあきらめ感を持っていた母でしたが、この欠点を隠す「時短薄化粧」を手に入れたことで、フットワークが軽くなり、休日にふとんでゴロゴロすることが少なくなり、笑顔が増えました。

シルキーカバーオイルブロックで目立たなくする

私がこの商品を知ったのは、テレビでした。私より年配の女性たちが使っていました。それぞれ、濃いシミや目尻のシワ、ほうれい線などお悩みだったのですが、シルキーカバーをちょんちょんと叩くだけで、見た目が変わったのです。

あくまで「メイクの効果」であり、実際にしみやしわがお肌から消え去るわけではないのですが、見た目上はわからなくなりました、。顔の片側だけ使ってみると効果がよくわかります。クリームを塗るのだから、シワが見えにくくなるのは当り前なのかもしれませんが、シワ部分がふっくらして目立たなくなったのを見ておどろき。

実際に使ってみると通常の薄付きのメイクは毛穴や小じわが目立ちますが、シルキーカバーオイルブロックはしっかりカバーでフラットなお肌に見せられる。しかもテカリを防止してくれるので、メイクヨレが激減。楽ちん!

実は100万個以上売れているようです。

ひとつで2ヶ月くらい使えました。いままでの手間と厚塗りが無くなるとしたら、良いのではないかと思います。

仕事で使えるテクニック

シルキーカバーを使った薄化粧は、ビジネスシーンでも活用可能。先輩や同僚にも好印象。

お昼を過ぎてもテカテカしないですし、過剰なメイク無しでもキレイに見えるから、お客様に不快感を与えない。ナチュラルに、肌のお悩みを一瞬で隠してキレイにでステキなお姉さんに変身。夕方まで崩れない感じなので、休日だけに使うのはもったいないです。

シルキーカバー+ファンデーションを重ねて、バッチリメイクもあり。