このエントリーをはてなブックマークに追加

目がかゆい原因の解消方法 春先の対策

「花粉症じゃないのに、なぜか目がかゆい」、というお悩みを聞きました。この方は花粉症ではないと判断されたようですが、先に結論から言いますと、「花粉症を含めたアレルギー反応」である可能性は高いです。

この方が花粉症ではないと判断した理由は、くしゃみ・鼻水が出ていないからでした。ですが、花粉症歴15年以上の私から言わせると、目は専用の対策が必要です。花粉症対策にマスクをする人は多いですが、それだけでは目が守れません。

花粉症ではない人は知らないでしょうが、実は眼の症状が一番きついです。鼻水は確かにめんどくさいですし、見た目で恥ずかしいのですが、夜眠れないのは目のせい。

だから私は大きめのサングラスをして出かけます。これだけでも目が楽になりましたし、家に戻ったあとのくしゃみ鼻水症状が軽減されたように感じます(マスクも着用)。目の痒みがゆるやかになると、目をこすって痛めるリスクや、雑菌の侵入を防ぐことにつながります。

そして、最初のご相談の回答について。

花粉症とは、体の中にアレルギー物質(花粉)を取り込み、その有害物質に過剰反応する状態です。ですから、マスクで花粉を防御するのは正解です。でも、目に花粉を浴びてしまうと、やはりアレルギー反応が出る可能性はあります。

おそらく、くしゃみや鼻水が出るほどの花粉症ではないけれど、スギ花粉のアレルギーは持っている。そのような状態と予測されます。

メガネの選び方

花粉対策に選ぶべきメガネは二通りあります。ひとつは、普通のメガネ(ダテメガネ)。もう一つは花粉対策専用のメガネです。

花粉対策メガネは、どうしても見た目がゴツくなるので、女性は気になるかもしれませんが、それなら通勤・通学だけ使うのが効果的でしょう。そして、おしゃれなメガネ屋さんなら、花粉対策メガネのデザインが比較的おしゃれです。

◎参考 オーマイグラスィズ

ブランドメガネよりすごく格安なので、一本持っておくと便利。メガネを掛けるだけなので、お子様の花粉症対策としても優秀です。(右下のリンク先はオーマイグラスィズの花粉メガネ特集です)

マスクで曇る

マスクとメガネを併用すると、メガネが曇ることがあります。これはとてもわずらわしく、とても危険です。

前が見えなくなると、車の運転で事故を起こすかも知れませんし、歩いているときでも不便でしょう。私の使っている「オーマイグラスィズ」のメガネは曇りにくいのでマスクと併用できます。毎年苦しんでいるあなたにはぜひ見て欲しいです。

目薬の効果

花粉症のメカニズムを詳しくお話するつもりはありませんが、簡単に説明することは可能です。

花粉が入ってくると、最終的にヒスタミンが分泌され、くしゃみや鼻水が出てきます。このヒスタミンを抑えるために使うのが「抗ヒスタミン成分」。目薬を選ぶときは抗ヒスタミンの表記を確認しましょう。

◎参考商品 ロート製薬「アルガード」

いかがでしたか。新しい情報が入り次第、追記します。ありがとうございました。おつかれさまでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me