お金持ちがやっているハッピー節約術☆無駄づかい調査隊

2019年8月4日

将来の不安がスッキリなくなる、お金が貯まる節約術の世界へようこそ!

かんたんなテクニックを使うだけで、毎日、毎月、毎年ザクザクお金がたまっていくんです。

さっそく、レベル1節約術から順番に設定していきましょう。

日用品を通販で買うならAmazon?楽天市場?

たとえばペットボトルのお水を買う時、ご近所のドラッグストアとかスーパー、酒屋さんが安いなら、通販じゃなくて良いと思います。もし、日用品・消耗品を通販で買うなら、どこで買う?そんなテーマでございます。

じつは、値段だけで比較すると、Amazonは、特別激安ではありません。

Amazonは元々、小さな商品でもお家から一歩も出ずに、送料無料で自宅に届くことから人気になっただけで、最安値のお店ではなかったのです。ただ、お水はA店、ティッシュボックスはB店、紙おむつはC店で・・・なんてやるのは、通販登録がめんどうなので、なんでも揃うAmazonは、便利。

「Amazon、気に入った!」というあなたは、プライム会員になると良いでしょう。月額400円で、たっくさんの特典を、もらえます。

  1. お急ぎ便、お届け日時指定便がいつでも使い放題
  2. 映画もTV番組も見放題
  3. 100万曲以上が聴き放題
  4. 写真を保存し放題
  5. タイムセールに30分早くアクセス

ふつうは、みんなプライム会員になります。そうそう、タイムセールは、本当に激安価格。だけど、個数限定なので、早く購入できるプライム会員は有利です。

公式サイトで説明を見る

一方、楽天は、どうなの?

楽天市場は、お店の集合体、つまりショッピングモールです。お店によって値段はそれぞれ。楽天市場内で、競争が生まれるので、最安値で買いたいときに、探してみると良いでしょう。

あと、食料品・グルメの購入は、安心感があります。

楽天はプロが出店する場所なので、ふつうの実店舗と同じ責任感でやってるみたい。

楽天で買う時は、検索窓で「キーワードを入力」する。もしくは季節の特集・ジャンル別特集から見てみるのも楽しいですね。

そして、楽天といえば、ポイントが貯まる。

ふつうにお買い物するだけで1%は割引になるけど、ポイント5倍とか10倍の日に、まとめて買うと、10%引きになるでしょう。楽天カードを持っていると、つねにポイント倍率がアップするので、1枚持っておくと良いですね。

ネットスーパーはおすすめ?

まいにちの食料品を含めて買うなら、ネットスーパーが便利。

地元のスーパーに直接行っても良いのですが、子供が小さくて目を離せないとか、車を持ってないとか、天気が悪くて大変なときに、ネットスーパーはgoodです。

うちの地元スーパーがやってるネットスーパー(通販)は、送料数百円かかりますけど、時間とガソリン代を節約できるわけですから、高く感じません。

商品の値段に関しては、店舗より安くなることはないかも。店舗を持たない通販(楽天のショップなど)なら、人件費・光熱費などなどによって、安く出来ることもあるのですけど。

「地元のスーパーは、ネットスーパーしてない!」というあなたでも、イオン・イトーヨーカドーが対応している場合あり。チェックしてみましょう。

あと、家で使っているのは、「生協(コープ)の通販」。

こっちも便利で重宝するのだけど、値段は単純に比較できない。なぜなら、生協のPB(プライベートブランド)みたいな商品が多いので、しっかり調べないと比べられない。チラシ・カタログを見て、ゆっくり購入するので、無駄遣いは減ります。

野菜・魚などは、専門の会社で定期購入するのも、良しです。

クレジットカードを使わないと損?

クレジットカードは、ふだんのお買い物でもポイントが付きますので、必ず使ったほうがいいレベルです。しかも、そのクレジットカードが対応するお店(加盟店)で使うと、さらに2倍3倍のポイント増量です。

たとえばイオンなら、イオンカードを使うと、ポイント2倍お得、みたいなもの。

最寄りのコンビニでも、それぞれおトク最大になるカードがありますし、飲食店・家電ショップなども他の人よりお得になっちゃうので、よく利用するお店で使えるカードを選びましょう。

また、裏技として、旅行好きの人には、「ポイントよりマイルで貯める」方がお得なのですよね。

ただし実際に旅行へ行くときの代金を比較すると、自力で格安ツアーを見つけたほうが、料金だけで比較したほうが、安くなったりします。なので、ポイントはお買い物のほうに使っちゃっていいかもです。

家電製品を買う店

これこそまさに、「どこで買っても一緒だから、安い方が良い」というジャンル、家電製品。安く買いたい時は、ヤマダ・ケーズ・コジマなどを比較する。ひとつ、裏ワザを伝授しますと、「できれば今日決めて、買って帰りたい」話をすると、限界まで値引いてくれるでしょう。

パソコン買うなら?

PCは、数年に1度しか買わないモノですけど、みんなあんまり知らない事実があります。

それは、コスパです。たとえば、15万円のパソコンを買う時。メーカーとお店によって、性能が違ってきます。同じ値段で、すごく快適に使えるので、家庭用・仕事用・子供用など、絶対におすすめ。

そのお得な買い方とは、BTO(びーてぃーおー)。簡単に言うと、あなたが部品を選ぶ買い方。車のオプションみたいなものですね。

必要な部分の性能を上げて、必要ないところを削減できるので、コスパの良い快適PCを購入可能。

買うお店は、マシン苦手な女性・シニアの方は、大手メーカー(富士通・NECなど)のBTO。男子は、ショップ系のBTOが良いと思う。マシン大好きというあなたは、自分で組み立てるタイプのBTOにすると、最安値で高級出来るでしょう。

スマホ・インターネット代金

現代で、1番長期間、支払い続けるものといえば、スマホとインターネット料金なのかもしれませんね?

私の実家で言えば、20年以上使用中ですから、その分、節約インパクトも大きくなるのです。要チェック項目!

とはいえ、選択肢は。たった2つしかありません。

◎ドコモ・ソフトバンク・au等のスマホ+同系列のインターネット加入
◎格安スマホ+格安インターネット

「同系列」の意味は、スマホの会社とインターネットの会社を同じにすること。これで特別割引料金になります。

具体的には、インターネットを「ドコモ光」「ソフトバンク光」「auひかり」を選ぶわけです。

逆に、格安スマホを選ぶ場合は、最初から料金が安いので、あとは、自宅のインターネット(固定回線)を、どうチョイスするかです。

スマホは、家族に人数が増えるほど、毎月1万~2万、変わってくる部分であり、10年20年続いてゆくものなので、早めに対策しておきたい部分です。

家計見直し

高いものは、高いなりの良さがある。けれど、安くても充分、というジャンルがあります。節約することで、他のジャンルに回すこともできますし、将来の不安もなくなり、豊かな生活があなたものになります。

月収15万でも、月収100万円でも、無駄遣いをなくして、最高の人生にしてみませんか?

教育費・塾

わが子にはできるだけ、手厚い教育をあたえてあげたい。夢を叶えて欲しい。貴方もそんなすばらしい親だと思います。

一方で、教育熱心になった結果、大学の費用が足りなくなることも、珍しくない。

実は今、インターネット環境が整ったおかげで、「素晴らしい授業」を、低価格で受講できるように成りました。ふつうの塾は、先生が一回ごとに授業しなければいけませんが、インターネットは動画で見られるので、コストが安くなります。

そして、私が一番感じるメリットは、「子供本人のやる気」が出やすいこと。

理解しやすく、自分のペースでできるから、とても良いです。

人気のネット塾「スタディサプリ」によると、年間24万円、塾より安くなるそう。

<スタディサプリ>一流の先生の授業を自宅のPC・タブレットでいつでも

学校の成績を上げたい時、受験対策を強化したいときに、使ってみると良しです。

保険・住宅ローンなど

あなたの家計簿の中で、「食費・光熱費・化粧品代」は、流動費(りゅうどうひ)と、言うそうです。

流動費の意味は、金額が増えたり減ったり変化する費用。

ぎゃくに、保険・住宅ローン・インターネット費用など毎月同じお金がかかるものは、固定費といいます。

いきなり難しい話をしたのには意味があります。

じつは、専門家の調査によると、赤字家計簿のおうちの特徴は、「固定費の割合のほうが多い」傾向にあるそうなんですね。

固定費ですから、保険や住宅ローン、インターネット費用などです。

「えええ!住宅ローンの支払いなんて、どうにもならないのでは?」と、思いがちなのですが、「ローン借り換え」で、数百万円安くなることがあります。支払いが100万円違うとか、お得すぎませんか?

なぜ、こんな裏技が生まれるのかと言うと、最初に契約した時と、現在の金利が違うせいで、そんなヤバいことが起こるのです。

保険については、あなたの人生ステージに合わせて、必要なものを選ぶのがおすすめ。

ステージとは、独身、新婚の時、子供が生まれた時・成長した時・独立したあと。そして定年後。

保険選びは難しいので、私は専門家に聞きました。何と言っても無料なので。

保険会社の人は、自分の都合で商品をすすめてくる危険性があるので、第三者のファイナンシャルプランナーに聞くのが、一番安心です。

読売ウィークリー掲載!複雑な保険をビジュアルで解説!
保険料を3〜4割安くするテクニック満載の”保険マンモス”

電気代

毎日、毎月かならず消費する電気代。

今は電力自由化の時代なので、安いプランを選ぶことができます。電気を多く使うお家ほど、節約額は多くなる。つまりお子さんの多いお家ほど節約できるわけですから、お得感が大きい!

電気代月1万円のお家なら、1ヶ月分くらい無料になるイメージです。

ああ、電力の切り替えは、無料!です。契約縛り期間、解約金などもありません。

今すぐ切り替えると1番お得でありますが、引っ越しや新築のタイミングで考えるのも良いですね。

電気代と同じく、ガス代(プロパン)も、自由に選ぶことができます。

最後に、洗濯機や冷蔵庫、エアコンなどの大型家電は、10年前と比べてやはり省エネ技術が高まって電気代半分とかになる場合もありますから、壊れかけたら購入を検討するのも良いですね。

新婚チャンス

10年後、20年後、あなたはどんな家族になっているでしょうか。

あなたが、まるでドラマみたいなしあわせファミリーになることを、私はとうぜん願いますが・・・現実を見てみると、眉間に深いしわを寄せ、家計簿の前でため息をつく。そんな家族が日本には多いようです。

実はコレ、新婚生活の時点で、決まります。まさに、「この差って何ですか?」、です。

20代、30代、40代・・・年収はどんどん上がっていくので、生活が楽になりそうと思いがちですが・・・

結局、「生涯収入額」は、決まっていますから、足りなくなるほどお金を使えば、やっぱり足りなくなります!

それでなぜ「新婚」が大事なのかというと、一番お金をためやすいゴールデンタイムなんですね。子供をさずかる前はとくに良し。

その一方、お金が出ていきやすい時期でもあります。

ウキウキなので、家具を揃えてみたり!!とか。楽しいんですけどね~。

例えば、車は中古車もアリなのでは?という選択肢もありますから、この機会に考えてみましょう。

収入アップ!

以上で、ラクラク節約できたと思います。そして子供の将来や、自分たちの老後を考えるなら、節約+収入アップがするのがおすすめ。

節約と収入アップを同時にすすめることで、夢見た生活を実現させましょう。

さてさて、いかがでしたか?一生で考えると、最大数十万~数百万円の節約になったのでは?まだまだ物足りない気がするので、また来てください。最後まで、ありがとうございました。

Posted by 本田