お腹が張る理由 苦しい気持ち悪いとき対策

2015年11月14日

たくさん食べすぎたときならば、おなかが張るのはあたりまえ。

ですが、お水を少し飲んだだけで「おなかがいっぱい」に感じたり、いつもおならがたまっている感じはありませんか?それならすぐに解決できるので、ほうほうをおつたえします。

おなかぱんぱんのときによくある原因、それはガスがたまること。

woman-camera-photographer

女性のあなたなら、おならをがまんして「苦しい~」という経験があるでしょう。そしておならが出たときには「(くっさ…)」。これはわたしもふくめておおくのひとがなやんできました。

ガスが溜まる理由。これは、早食いをする人に多いです。食事をするときに「空気」をいっしょにたべてしまうからです。

もしあなたがガスや便秘をかんじているなら、その部分をすっきりさせるだけ。その方法をおつたえします。くるしさから解放されて、楽になりましょう。体型ぽっこりがきになるあなたはとくにおすすめです。

「なにも食べていないのに、お腹がぱんぱんに張り、気持ち悪くなる」としたら、病気の可能性までかんがえられます。お医者さんの受診も視野に入れておいてください。

ガスが溜まる原因

あらためて、おなかにハリを感じてくるしいとき。腸内にガスが溜まっていると考えられます。

さきほどは、口から入ることで生まれるがすについてお話しましたが、専門家によるとガスには、2種類あるそうです。

おなかには、口から飲み込まれるガスと、腸内で発生するガスの2種類のガスがあります。
それらは、血液中に吸収されたり、げっぷやおならとして排出されていきます。
通常、おなかの中に入る(おなかの中で発生する)ガスと、排出されるガスの量はバランスがとれています。
このバランスが正常な時、おなかの中には、通常約200mL(コップ1杯程度)のガスが存在します。
大幸製薬

ラッパのマークの大幸製薬から引用しました。それによると、「外からはいるガス」と「内側から発生するガス」があるということです。そして健康ですごすためには「入る、出る」のバランスが大切なことがわかります。

便秘ですか?

つまり、お腹が張るあなたは…

  1. ガスが出ないから、苦しい
  2. ガスが多すぎて、「排出」がまにあわない

このどちらかが有力な原因とかんがえられます。まずはなるべくガスを発生させない生活をこころがけることが、解決につながります。おつうじが悪いのであれば、ガスがうまく出ないこともかんがえられるでしょう。

おならが出る、出ない

おなかにガスがたまると、おならをしたくなります。おならが止まらないほど出てしまうのは、それはそれで苦しいと感じるでしょう。そして、出ない人もまた、おなかに溜まり続けるので苦しさを感じているはずです。

あなたは、このような印象がありませんか?「おならをがまんするとからだによくない」と。

我慢するとどうなるの?

こちらも専門の先生からお話を聞きましょう。

「おなら」を我慢しすぎると腹痛が生じ、便秘を引き起こし、腸内の悪玉菌が増え、ますます「おなら」がひどくなる悪循環におちいります。
すぎさか胃腸クリニック

便秘や悪玉菌は、お肌の調子に出てきますし、太りやすくなる危険があります(いわゆる「デブ菌」の増殖)。

お薬をのめば、一時的によいほうこうへむかうとおもいますが、根本的なかいけつにはなりません。やはり「早食い」をしているひとはきをつけてみましょう。

「わたしは早食いしていないよ!」というあなた。そのばあいは、体内をととのえましょう。おならが出ないばあいはとくに、はやめの行動をおすすめします。

たとえば食物繊維は「おなかのおそうじやさん」です。これは「食物繊維は消化できない」ことを活かしています。市販のものでゆうめいな解決策は「ガスピタン(小林製薬)。

ガスが溜まる理由として「腸の動き」「悪玉菌のぞうしょく」をあげています。

そして、わたしのおすすめを教えると、やはり「モリンガ」です。

モリンガの小粒

おなかがぽっこり、体型が気になるあなたはためしてみてください。いちどととのえておけば、まいにちらくらく。職場でがまんするのはくるしいですから、おすすめします。彼氏なら、おならを許してくれるくらいの人がいいですけれど。やはり、目の前ではしたくないです。

Posted by 本田