このエントリーをはてなブックマークに追加

PM2.5 微小粒子状物質の危険性と予測 対策マスク

PM2.5分布予測について   日本気象協会 tenki.jp
春先、暖かくなってきた今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか?花粉とともに注意すべきPM2.5の危険性についてお伝えします。

呼吸器、循環器系の疾患に注意

PM2.5の”2.5”とは、2.5μm以下(μmは1/1000mm)の粒子、つまり大きさを意味します。とても小さい粒子なので人間の呼吸から肺に取り込まれ奥深くまで侵入し、肺がんなどへの影響が考えられます。日本国内での発生は減少傾向ですが、大気は他所から流れてくるので、日本にも到達しています。

日本気象協会の予測をチェック

予測が高い日は、無駄な外出や激しい運動を避ける事が推奨されます。

↓全国対応なのでチェックしましょう↓
PM2.5分布予測 – 日本気象協会 tenki.jp

やむを得ない場合や、あなた、そして家族の健康が気になる場合は「PM2.5対応のマスク」を着用して、外出しましょう。

【PM2.5対応】日本製マスクMサイズ 50枚入(個別包装)】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me