子供のインターネット閲覧制限・時間制限方法

2019年6月23日

子供向けにスマホ・タブレット・PCを与えた場合に、危険なサービス利用を制限して、安心できる環境で使わせてあげる設定方法をおつたえします。

まずは、スマホのアプリから見ていきましょう。

スマホ・タブレットのフィルタリングアプリ android&iPhone

お子様用に、スマホ・タブレットをすでに持っている場合、フィルタリングアプリをインストールすると、様々な制限をかけることができ、子供の利用状況を監視できます。

Googleファミリーリンク【無料】

グーグル社製の子供利用制限アプリ、それがファミリーリンクです。

親のスマホには「保護者向け Google ファミリー リンク」を入れます。

iPhone用アプリもあります。

そして、子供の持つスマホには、子供用のファミリーリンクをインストールします。すると、子供側のスマホ利用状況が、親のスマホで確認できるのです。

YouTubeの使用時間を制限したり、LINEを制限したり、新たなアプリのインストールを禁止したり。危険な出会いを阻止しましょう。

子供のスマホ・タブレットに入れるアプリは、厳密に言うと・・・

  • 12歳以下「Googleファミリーリンク」(親と同じアプリ)
  • 13〜18歳未満は「18歳未満のお子様向けGoogleファミリーリンク」

こうなります。

あんしんフィルター

携帯会社の無料フィルタリングアプリを利用する、という手段があります。

たとえばドコモならあんしんフィルター。

auも、あんしんフィルターがあります。無料。

そして、SoftBankも同様に。

SoftBank

不適切なサイトの閲覧や有害アプリケーションの起動を制限しましょう。

YouTubeKids

YouTubeの利用制限を中心に考えるなら、子供向けの「YouTubeキッズ」アプリが使えます。

android、iPhoneどちらも用意されています。

格安スマホがおすすめ?

はっきり言って、子供用フィルタリングアプリの設定は、めんどうですよね。説明するだけでそう思います。

ところが、格安スマホの中には、あらかじめ子供向けモードが内蔵されている機種もあるんですよね。しかも、格安スマホって月額が安いですから、子供に1台持たせるという意味では、2重に嬉しいわけです。

利用料金は・・・なんと!無料です(笑)

代表的な機種を2つほど載せておきます。

TONE

子供向けスマホ制限機能TONE

→格安スマホ「TONE」

スマホ月額1000円~の低価格が魅力。

JCOM

J:com子供向けあんしんフィルター

  • 危険サイトの閲覧
  • 詐欺、出会い
  • アプリの課金
  • スマホ依存症
  • いじめ

などなど危機から守りましょう☆

→J:COM公式サイトへ行く

Posted by 本田