結婚式の服装マナー ドレス・スタイル・カラーコーデのOKとNG

やばっ…私の服装、周りから浮いてる?恥ずかしいけど、今更着替えられないし仕方ない。こんな最悪な思い出と友人の大切な式を壊さないように、結婚式の服装コーディネートを知っておきましょう。

LAUTREAMONT ブラックプリーツドレスセット 40 をレンタル   おしゃれコンシャス

格安ドレスセットはこちら

間違いなしのフォーマル基本ファッション

  • ヘアスタイルは清楚で華やかなアップスタイル
  • パールを基調にしたネックレス
  • 肩の露出は避けてボレロをON
  • こぶりなパーティーバッグ
  • スカート丈はひざ上5cmからひざ下丈まで
  • ストッキング着用
  • 靴…パンプスかストラップ

NGコーデ

  • おろしたままのいつも通りのヘアスタイル
  • 肩のの過度な露出
  • キラキラしすぎなアクセ
  • 大きすぎるバッグ純白のドレス
  • 短すぎる着丈
  • 素足
  • かかとのないミュール

全身コーデが簡単!おすすめレンタルはこちら

全身の詳細解説

ヘアスタイルの基本は、アップですね。関西ではダウンスタイルOKな場合もあるそうです。どちらにしても美容院でセットしてもらうと完璧。

ネックレスはカジュアル感NGです。フォーマル感を出すにはショートタイプのパール調が基本ですね。バッグは小ぶりなデザインを選びましょう。荷物が多い場合は、2つ持ちましょう。

絶対にやってはいけない色のマナー違反。白は「花嫁さん」の主役特権です。淡い色のドレス(ベージュとか)で白っぽくなる場合は濃い色の「羽織もの」で調整しましょう。

肌の露出は控えめに。袖付きのドレスなら問題なしです。肩の出たドレス、ノースリーブでもショールやボレロを着用すれば大丈夫。カジュアルパーティー形式や夜ならば、肩出しアリです。

着丈、スカートドレス丈…あくまで基本、ですが友人知人の結婚式は少し短く、ひざ上5cmまでOK。親族の結婚式に出席する場合は少し落ち着き目に膝丈が欲しいですね。

ストッキングはベージュが基本。タイツや素足は好ましくありません。最近は、黒のストッキングも、ありっぽいですが、ベージュが無難ですね。

足下、靴は基本パンプス。オープントゥやバックストラップ付きのサンダルはOK。絶対にダメなのはブーツとミュール。

黒いドレスはダメですか?

黒い色は喪服のイメージがあるから気になるところですよね。答えを先に言うと「OK」です。ただし、全身真っ黒だとパーティの華やかさを損なうので、アクセサリーやショール、バッグなどの小物は明るい色を選択して、全身コーディネートで考えましょう。

私のおすすめ ブランドドレスのレンタルはこちら