このエントリーをはてなブックマークに追加

激安家族のお得裏ワザまとめ 安いお店で節約貯金

同じものを買うなら、安い方が良いと思いませんか?

「貧乏人の発想ですね」と、お金持ちには、批判されるかもしれません。ですが、私の知人に旦那の月収90万円なのに、貯金ゼロのおうちがありました。稼いだお金を使うのは、とても良いことなのですけど、お子さんが2人なので、心配になってきたようです。

そこで、私の「激安術」を使ってもらったところ、毎月5万から13万の貯蓄が可能になりました。

私の貧乏時代につちかった知識が役立って良かったです。私も、おかげさまで貯金が増え続けております。

子供の教育費、老後生活の不安をスッキリしたいひと、逆に「10万円の旅行が半額になったら、2回行けちゃう☆」という人に役立つ話なので、あなたもぜひお持ち帰りください!

日用品を通販で買うならAmazon?楽天市場?

たとえばペットボトルのお水を買う時、ご近所のドラッグストアとかスーパー、酒屋さんが安いなら、通販じゃなくて良いと思います。もし、日用品・消耗品を通販で買うなら、どこで買う?そんなテーマでございます。

値段だけで比較すると、Amazonは、特別安くはありません。

元々、小さな商品でもお家から一歩も出ずに、送料無料で自宅に届くことから人気になっただけで、最安値のお店ではありません。ただ、お水はA店、ティッシュボックスはB店、紙おむつはC店で・・・なんてやるのは、通販登録がめんどうなので、なんでも揃うAmazonは、便利。

「Amazon、気に入った!」というあなたは、プライム会員になると良いでしょう。月額400円で、たっくさんの特典を、もらえます。

  1. お急ぎ便、お届け日時指定便がいつでも使い放題
  2. 映画もTV番組も見放題
  3. 100万曲以上が聴き放題
  4. 写真を保存し放題
  5. タイムセールに30分早くアクセス

ふつうは、みんなプライム会員になります。そうそう、タイムセールは、本当に激安価格。だけど、個数限定なので、早く購入できるプライム会員は有利です。

一方、楽天は、どうなの?

楽天市場は、お店の集合体、つまりショッピングモールです。お店によって値段はそれぞれ。楽天市場内で、競争が生まれるので、最安値で買いたいときに、探してみると良いでしょう。

あと、食料品・グルメの購入は、安心感があります。

楽天はプロが出店する場所なので、ふつうの実店舗と同じ責任感でやってるみたい。

楽天で買う時は、検索窓で「キーワードを入力」する。もしくは季節の特集・ジャンル別特集から見てみるのも楽しいですね。

そして、楽天といえば、ポイントが貯まる。

ふつうにお買い物するだけで1%は割引になるけど、ポイント5倍とか10倍の日に、まとめて買うと、10%引きになるでしょう。楽天カードを持っていると、つねにポイント倍率がアップするので、1枚持っておくと良いですね。

まとめ買いは、お得?

まとめ買いで安くなることは、実店舗でもあると思います。腐らないモノ、長持ちするものは、まとめ買いが賢い。通販でも、3個セットにすると割引になることはあります。さらに、まとめ買いは送料無料に成りやすいので、通販のデメリットが消えます。

楽天の売れ筋ランキングを数年見ていると、1位はだいたいクリスタルカイザー(48本)。お水は、どこのお店で買っても同じですし、運ぶのは重くて大変なので、通販では定番。ワンデーのコンタクトも毎月いっぱい売れてるみたい。

ネットスーパー

まいにちの食料品を含めて買うなら、ネットスーパーが便利。地元のスーパーに直接行っても良いのですが、子供が小さくて目を離せないとか、車を持ってないとか、天気が悪くて大変なときに、ネットスーパーはgoodです。

うちの地元スーパーがやってるネットスーパー(通販)は、送料数百円かかりますけど、時間とガソリン代を節約できるわけですから、高く感じません。

商品の値段に関しては、店舗より安くなることはないかも。店舗を持たない通販(楽天のショップなど)なら、人件費・光熱費などなどによって、安く出来ることもあるのですけど。

「地元のスーパーは、ネットスーパーしてない!」というあなたでも、イオン・イトーヨーカドーが対応している場合あり。チェックしてみましょう。

あと、家で使っているのは、「生協(コープ)の通販」。

こっちも便利で重宝するのだけど、値段は単純に比較できない。なぜなら、生協のPB(プライベートブランド)みたいな商品が多いので、しっかり調べないと比べられない。チラシ・カタログを見て、ゆっくり購入するので、無駄遣いは減ります。

野菜・魚などは、専門の会社で定期購入するのも、良しです。

クレジットカードを使うと?

さきほど、楽天ではポイントアップになる話をしましたが、クレジットカードは、ふだんのお買い物でもポイントが付きます。さらに、対応するお店で使うと、もっとポイントがつきます。

イオンなら、イオンカードを使うと、ポイント2倍お得。

コンビニでも、それぞれおトクなカードがありますし、飲食店・家電ショップなどもお得になるので、よく利用するお店で選んでみましょう。

旅行好きの人には、「ポイントよりマイルで貯める」方がお得になります。ただし、自分で格安ツアーを見つけたほうが、料金だけで比較した場合、安くなる事が多いです。なので、ポイントはお買い物に使っちゃっていいかも。

家電製品

これこそまさに、「どこで買っても一緒だから、安い方が良い」というジャンル、家電製品。安く買いたい時は、ヤマダ・ケーズ・コジマなどを比較する。ひとつ、裏ワザを伝授しますと、「できれば今日決めて、買って帰りたい」話をすると、限界まで値引いてくれるでしょう。

ネットで値段を比較するなら、定番は「価格.com」。

パソコン買うなら?

PCは、数年に1度しか買わないモノですけど、みんなあんまり知らない事実があります。

それは、コスパです。たとえば、15万円のパソコンを買う時。メーカーとお店によって、性能が違ってきます。同じ値段で、すごく快適に使えるので、家庭用・仕事用・子供用など、絶対におすすめ。

そのお得な買い方とは、BTO(びーてぃーおー)。簡単に言うと、あなたが部品を選ぶ買い方。車のオプションみたいなものですね。

必要な部分の性能を上げて、必要ないところを削減できるので、コスパの良い快適PCを購入可能。

買うお店は、マシン苦手な女性・シニアの方は、大手メーカー(富士通・NECなど)のBTO。男子は、ショップ系のBTOが良いと思う。マシン大好きというあなたは、自分で組み立てるタイプのBTOにすると、最安値で高級出来るでしょう。

携帯スマホ・インターネット回線

毎月、確実に発生する費用は、食費・教育費・保険・住宅ローンなどなど。その中でも、継続していくのが、スマホ・インターネット。

この通信費を安く出来ると、家計へのインパクトは大きいです。

実はもう、スマホ・インターネットを安くしたい時の答えは、出尽くしています。2通りありまして・・・

  1. 格安スマホを使う
  2. ドコモ・au・ソフトバンク+各系列のインターネット回線

どちらか選べば良し。

2番は、スマホがドコモなら、インターネットは「ドコモ光」という感じ。これで大幅に割引されます。あとは、、家族みんなで同じ会社にすると、家族割で、さらにドカンと安くなる。

好みで選びましょー☆

家計見直し

高いものは、高いなりの良さがある。けれど、安くても充分、というジャンルがあります。節約することで、他のジャンルに回すこともできますし、将来の不安もなくなり、豊かな生活があなたものになります。

月収15万でも、月収100万円でも、無駄遣いをなくして、最高の人生にしてみませんか?

教育費・塾

わが子にはできるだけ、手厚い教育をあたえてあげたい。夢を叶えて欲しい。貴方もそんなすばらしい親だと思います。

一方で、教育熱心になった結果、大学の費用が足りなくなることも、珍しくない。

実は今、インターネット環境が整ったおかげで、「素晴らしい授業」を、低価格で受講できるように成りました。ふつうの塾は、先生が一回ごとに授業しなければいけませんが、インターネットは動画で見られるので、コストが安くなります。

そして、私が一番感じるメリットは、「子供本人のやる気」が出やすいこと。

理解しやすく、自分のペースでできるから、とても良いです。

人気のネット塾「スタディサプリ」によると、年間24万円、塾より安くなるそう。

学校の成績を上げたい時、受験対策を強化したいときに、使ってみると良しです。

保険・住宅ローンなど

家計の中で、食費・光熱費・化粧品代などは、流動費(りゅうどうひ)と、言うようです。意味は、金額が増えたり減ったり変化する費用。一方、保険・住宅ローン・インターネット費用など毎月同じお金がかかるものは、固定費といいます。

専門家の調査によると、赤字家計の特徴は、「固定費の割合が多い」傾向にあるみたい。

「住宅ローンの支払いなんて、どうにもならないのでは?」と、思いがちなのですが、「借り換え」で、数百万円安くなることがあります。最初の契約時と、今の金利が違うと、そんなことが起こります。

保険については、ステージに合わせて、必要なものを選ぶと良いです。

独身、新婚の時、子供が生まれた時・成長した時・独立したあと。そして定年後。

保険選びは難しいので、私は専門家に聞きました。何と言っても無料なので。

保険会社の人は、自分の都合で商品をすすめてくる危険性があるので、第三者のファイナンシャルプランナーに聞くのが、一番安心です。

さてさて、いかがでしたか?一生で考えると、最大数十万~数百万円の節約になったのでは?まだまだ物足りない気がするので、また来てください。最後まで、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me

◎編集後記☆いつも応援ありがとう。管理人の本田です。ところで!あなたのおうち、1ヶ月の支出は、どれくらいになりますか?

食費で言うと、一人暮らしで5万(外食・お酒含む)、5人家族なら10万未満という感じが一般的でしょうか。なんで、そんなことを聞くのかって?

私、お買い物でポイントを貯めてるんですが、ふつうは1%が多いの。つまり、10万円使ってポイント1000円分・・・。

食費とかは、毎月必要な出費だから、1%でも、「儲けもん」なんだけど、じつはある条件を満たすと、4%になっちゃうんです。つまり4,000円ですよね?

条件というのは、なんのことはないただ楽天カードでお買い物するだけ。・・・いやいや、でも楽天(ネット通販)だけで全部済ませられないし、と思うでしょ?

これがなんとなんと、コンビニでも、旅行でも、水族館でも、紳士服でも、百貨店でも、ガソリンスタンドでも、カラオケ・マクドナルド・くら寿司・ミスド、お引っ越しでも、なんでも貯まっちゃうのです。いわゆる加盟店というやつ。

加盟店は、4倍ではないので、1から2%が多いけど。だから、毎月の支出っていくらですか?って聞いてみた。

楽天以外でも、ポイントが付くカードはあるから、好きなところを使っていいのだけど、「強いものについていく」のが、一番オトクかな、と。その意味で、楽天は強いですよ。実店舗みたいに潰れないからネ。

節約を考えるあなたは、「リボ払い」無しで。支払総額が増えてしまいます。