このエントリーをはてなブックマークに追加

老後に備える40代 年金代わりの秘策で豊かな定年セカンドライフ

あなたは、ご自分の年金受給額を知っていますか?40代の場合は、夫婦で月額およそ20万円未満。

そして老後、実際に掛かる生活費は・・・夫婦で月30万円あれば、余裕のある暮らしが出来るみたい。この差額、10万円分は、貯金があれば良い、ということになります。

月に10万円×12ヶ月で、120万円。年金支給開始の65歳から20年間生きると考えた場合、120万円×20年で2400万円。

退職金を目当てにして、住宅ローンの返済が終わっていれば、「まぁ、届くかな?」という人もいるでしょう。私の場合、20代、30代の途中まで低賃金で過ごしまして、貯蓄がみんなより少ない状態でした。

さすがに焦った私は・・・

  1. 節約
  2. 節税
  3. 収入を増やす

この3つを決断。いまのところ、順調なのですが、「40歳は、ギリギリだな」と思いました。20代から始めていれば、目標金額まで無理なく到達できるからです。

わかりやすいのは投資でした。

  • 60歳→65歳
  • 40歳→65歳
  • 25歳~65歳

もし、3人が同じ額からスタートする場合、若いほうがゆるやかに投資できる。

節約についても、同じです。早く始めたほうが、無理なくすすめられる。

つい先日、20代の自動車整備士さんが「手取り11万円(残業代込み)」を、なげいていました。この若者は、未来ある素晴らしい人ですが、もし私の「負け組人生」が役立つならばと、今回、私のテクニックをお話することに決めました。

「いやいや、老後とか、問題ないっしょ。だって日本ですよ?国がなんとかしてくれるって」

はい、確かに。私も、老後は老後でどうとでもなるのでは?と思っていました。ただ、間違いないのは、「年金制度」が、ボロボロと壊れ続けていることです。

加入期間が25年以上ある厚生年金受給権者の平均値を、基礎年金を含めて計算。2015年秋に統合された公務員の共済組合の人らは除外した。

最も多いのは85~89歳の17万959円で、65~69歳の15万118円とは約2万円の差があった。60~64歳は基礎年金がない人が多く、さらに少ない8万8353円。 引用元:朝日新聞デジタル

40代、30代、20代でも年金をもらうことはできるのだけど、今のシニア層に比べて、「支払いに対するリターンが少ない」です。80代は、支払額の5倍ほど年金がもらえるけれど、今の若者は、2倍ちょっと。1000万円支払って、2000万円入ってくる感じでしょうか。

なので、今のシニア層のような、休日に夫婦で旅行とか、ゴルフとか、世界一周クルーズとか、わたし達が同じように老後を楽しめるか?

ひっそり静かに生きていくだけなら、問題ないと思います。だから、無理に「あなたも、やるましょうよ!」とはいいません。

もし、私のように、セミリタイアして南の島でポカポカ、海を見ながら過ごしたい、とか、世界中をめぐりながら人生を楽しみたい、というあなただけ参考にしてもらえれば、と思います。

それで、節約に関しては、ひとそれぞれ。限界まできりつめたら、「つまらない人生」と感じるかもしれませんし、逆に喜びを感じる人もいるでしょう。

私として、毎月かかる固定費を減らすこと。これは、とても貯金が貯まります。

仕事

仕事は、安定した収入源であり、人によっては喜びであり、別の人にしてみれば、やりたくないもの、かもしれません。

65歳で定年、そして年金給付開始を前提に話してきましたが、66歳以後でも仕事はできますし、収入を得るならば、貯金は2000万円無くても良いでしょう。

逆に、終身雇用・年功序列を前提にした話とも言えます。現実には、リストラされたり、病気で働けなる。退職金がもらえない。夫を早くに失ってしまう、親の介護・・・などなど、考えたくないことだけど、その可能性もあります。

「負け組」出身の私からすると、「40代のほうが有利」と、一度も感じませんでした。転職、スキルアップ、副業、企業。どれを取っても、若いほうが良い。

勘違いしてほしくないのは、「40代でも、できる。60代でも、遅くない。80代でも稼げる」のです。ただ、「40代のほうが有利」「定年後から始めればいいよね」とは思わなかったという話。

だからこそ、すでに危機感を感じていたあなたは、私より断然優秀ですし、今日知ったあなたも、さすがと言いたいです。情報は、「自分でアンテナを張っていないと、引っかからない」ですから。

収入が増える転職

転職、といえば「職場環境を変える」イメージがあります。その転職については、30代までに済ませておきたい(管理職などは別)ですが、私は「職替え」を、焦ったほうが良いと思います。

職業に貴賎(きせん)は無い、つまり「仕事に、とうとい・いやしいの区別はない」という言葉は、本当にそう思います。冒頭にお話した整備士さんは、好きで選んだものだから良いのだけど、もしフリーターとか、販売員とか、「このままで良いのか?」「結婚すら出来ない」「病気になったら人生、詰むかも」と不安に感じるなら、いっこくも早く職業を変えましょう。

じつは、まったく0からの未経験者をサポートしてくれるような転職サービスもあるんですね。ただ、30代後半、40代、50代になって、「未経験・資格なしです。よろしくお願いします」と言ったら、転職サービス側は受け入れてくれても、企業側の採用が困難です。

英語とか、エクセルなど、ずーっと使えるスキルを学ぶ時でも、やっぱり若くて体力と頭に切れのある時期に、やっておくほうが、楽だと思います。

職種を変えるだけで、給料が2倍、3倍になりました、なんて本当によくある話だったりします。

wife8645_Fotor

副業、起業、フリーランス

近年、副業を認める会社が増えています。これは、会社が将来を保証できないということであり、国も同様の意見を持っています。

そこでブームになっているのが、副業であり、起業。

ふつうの副業といえば、ダブルワーク。もうひとつ仕事を持つことで、副収入を確実に得ていくもの。時間と体力を必要とするので、40代にはなかなかしんどい。

そこで登場したのが、ネット副業。

定年がなく、時間の自由と大きな収入を得られるので人気があります。ただ、上手くいく人ばかりではないので、確実な収入を得る方法とは、いいづらい。それでも、チャレンジにお金はかからないので、挑戦するのは良いことだと思います。

起業、というのは、一番危険な、誘惑。

私は、副業をしてますが、起業は考えていないです。いちおう、稼ぎすぎると税金がとんでもないことになるので、起業した方がいいとも聞きます。その意味では、私も企業の可能性はゼロではないかも。借金して、始めるなら若い内がいい。

ネット副業、起業、フリーランスは、雇われない仕事。アナタ次第で、収入は増えていきます。

独身の男女

定年後を考えた時、独身は、お金さえあれば、問題ないはず。

ただ、お金をいくら貯めても、不安は尽きないかも。その場合、貯蓄は、働けなくなった時用に最低限だけ準備して、あとは、自分への投資をすると、老後でもお金をたくさん生み出せます。

20年後、30年後の未来は、どんな世界なのか、わかりませんけど、変わらず使えるスキルを身につけると良いです。これは、現在の仕事をしながら、副業として身につける、というのも面白いです。

節約・節税・投資

近頃は、国が投資を推奨しています。これは、副業と同じ流れであり、「老後は、時分で面倒を見てくれると助かる」という思いを感じます。

私は、自分で投資をやるので、国が推奨する投資については、詳しくなかったのだけど、調べてみると、お得な制度がありました。税金が免除されるため、実質収入アップになります。しかも、お金をただ預けるだけで。

一番人気は、有名な「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」。

投資は、必ずリスクの上にリターンがあるもの。つまり、元本割れリスクはつきものなのだけど、税金が控除される商品を選べば、実質かなり儲かりやすい。安定した投資を求めるあなたにぴったりです。

私がやっている方の投資は、人に「投資って、どうなの?」と聞かれた時、いつも半々、ビミョーな気持ちになります、「なんでやらないの?」と思いながらも、負ける人の方が割合は大きいからです。

私は、「大きく儲けたい」という理由でやっているので、もしあなたがそう思うタイプなら、やってみましょう。ただし、独学ではなく、必ず詳しい人に聞くべきであると、言っておきたいです。

イデコのような運用してもらう投資は、リターンが大きくないので、早めに始めると良いです。最初にお話したとおり、この点も、40代は老後の備えにギリギリのタイミングと思った理由に成ります。

あと、運用する投資は、失敗とか詐欺が多いので、気をつけましょう。

投資会社「ワールドオーシャンファーム(WOF)」の詐欺事件では、同社が出資を募っていたエビ養殖事業に実体がなかったことが判明。同社は1口10万円で「1年で倍になる」などと出資を持ちかけていたという。

(中略)地裁判決は同社による被害者総数を約2万5千人、被害総額は約277億円と認定した。

繁殖牛に出資して牧場に飼育を委託し、契約期間満了で出資金の返還を受けるという「和牛オーナー制度」で知られた「安愚楽牧場」は、23年に経営破綻。
(中略)
同社をめぐる被害総額は約4200億円とも言われる。引用元:産経ニュース)より

「聞いたことあるから」みたいなブランドだけでは、判断不可能なので、むずかしいです。

積立・個人年金

毎月、お金を積み立てて、のちほどリターンを得る。それが積立です。積立は、比較的安全な資産運用であります。銀行の普通預金では、金利がほぼゼロ、定期預金でもたかが知れてる時代ですから、積立を考えている人は多いでしょう。

一つ気をつけてほしいのは、戻ってくる額が小さすぎると、お得感は少なくなります。理由は、20年後に物価が上がっているかもしれないからです。100万円が120万円になって戻ったとしても、物価の上昇により、プラス20万円の価値は感じない可能性がある。

「じゃあどうするの?」という話になれば、積極的な投資に回す他ないのですが・・・。

サラリーマンが大家?不動産は儲かるの?

あまり知られていませんが、サラリーマンでも不動産投資ができます。

サラリーマンは信用があるので、銀行からお金を借りると、小資本で不動産を所持できる。さらに、手に入れた不動産を担保にして、さらに2つ3つと増やし続けている人もいらっしゃる。

不動産投資は、2倍3倍になるような投資ではないですが、目利きさえ間違えなければ、長期にわたる収入を安定的に受け取ることになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

☆限定情報☆

次回の開催をお待ち下さいm(__)m

コメントは受け付けていません。

@binkan_me