このエントリーをはてなブックマークに追加

株とFX お小遣い稼ぎならどっち?おすすめは…

こんにちは、投資部門担当の本田です。

最初にハッキリひとこと。私はこれから「あなたが株・FXで稼げるようになる」話をします。5分~10分ほどの出会いと別れに成りますが、「あの時、どこかで聞いた話を信じてよかった」と言われるか、もしくは「あいつを信じたせいで、損した」というリスクを背負って本気で、お話します。

まず、どちらが簡単なのか?自力で勉強した場合・・・

  • FX…初心者が始めやすい
  • 株…初心者が儲けやすい

このように感じます。

逆に言うと、FX初心者は負けやすく、株は始めるのが難しい、となります。しつこいですが、独学の場合、です。

私は、人生で先に「株」を知り、その後FXを知りましたが、先に始めたのはFXです。理由は当時、手持ちの投資資金が少なかったから、というのもありますが、始めるのが簡単だったからというのもありました。

あなたも30分後に始められるくらい、FXは始めやすい。※口座開設の時間は必要です

勝ってる人が多いのは?

FXと株、勝ってる人が多いのは、おそらく株です。

理由は、たとえば、株の買い方のひとつに、「割安な会社(銘柄・めいがら)」を選ぶというものがあります。業績とか成長性を見ると、「もっと評価されていい会社」のに、なぜか株価は安い銘柄のことです。

この銘柄を、あなたと私と、あなたのお友達で買って、その後株価が上がっていけば、全員儲かります。

一方、FXでも同じようなことは、無理ではないです。ないですが、基本は、あなたが勝った時、世界の誰かが負けていると考えて良いでしょう。

ただ、ここでの「勝っている人が多い」というのは、「100人中何人が勝っているか?」という割合(%)の話です。FXは、世界規模なので、勝っている人の数は、何億人とか、すごく大きいかもしれません。

金額

お小遣いといえば、月に5万とか10万くらいがふつうだと思うので、どっちが多く稼げるか?という話は、あんまり関係ないかもしれません。

私の知り合い、もしくは面識がない有名人を含めると・・・

  • 1日100万円稼ぐ人が多いのはFX
  • 総額1億円以上稼いだ人が多いのは株

という感じです。

株の成功者で有名な「B・N・F(びーえぬえふ、通称:ジェイコム男)」という男性がいるのですけど、彼の資産推移を見てみると・・・

  • 2000年10月 164万円
  • 2000年末 280万円
  • 2001年末 6,100万円
  • 2002年末 9,600万円
  • 2003年末 2億7,000万円
  • 2004年末 11億5,000万円
  • 2005年末 80億円
  • 2006年末 157億円
  • 2007年末 185億円

引用元:Wikipedia

アルバイトで溜めた160万円から株式投資をスタート。大学を中退して、あとはこのとおり。とっても夢のある話ですが、サラリーマンでも1億円突破はよく聞く話。反対に、FXでここまで稼いだ人は、あんまり聞きません。

大きい金額の話になりましたが、実はこれ、お小遣い稼ぎでも、関係ある話だったりします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me

◎編集後記☆いつも応援ありがとう。管理人の本田です。ところで!あなたのおうち、1ヶ月の支出は、どれくらいになりますか?

食費で言うと、一人暮らしで5万(外食・お酒含む)、5人家族なら10万未満という感じが一般的でしょうか。なんで、そんなことを聞くのかって?

私、お買い物でポイントを貯めてるんですが、ふつうは1%が多いの。つまり、10万円使ってポイント1000円分・・・。

食費とかは、毎月必要な出費だから、1%でも、「儲けもん」なんだけど、じつはある条件を満たすと、4%になっちゃうんです。つまり4,000円ですよね?

条件というのは、なんのことはないただ楽天カードでお買い物するだけ。・・・いやいや、でも楽天(ネット通販)だけで全部済ませられないし、と思うでしょ?

これがなんとなんと、コンビニでも、旅行でも、水族館でも、紳士服でも、百貨店でも、ガソリンスタンドでも、カラオケ・マクドナルド・くら寿司・ミスド、お引っ越しでも、なんでも貯まっちゃうのです。いわゆる加盟店というやつ。

加盟店は、4倍ではないので、1から2%が多いけど。だから、毎月の支出っていくらですか?って聞いてみた。

楽天以外でも、ポイントが付くカードはあるから、好きなところを使っていいのだけど、「強いものについていく」のが、一番オトクかな、と。その意味で、楽天は強いですよ。実店舗みたいに潰れないからネ。

節約を考えるあなたは、「リボ払い」無しで。支払総額が増えてしまいます。