このエントリーをはてなブックマークに追加

【シニア対応】安定資産運用法 まとまったお金を増やす!少額10万円~億まで

この数年間で、資産運用のスペシャリストになれた。そんな気がするので、あなたにお付き合いいただこうかと考えています。

今回は、「細かい指導をする」のではなく、「そもそも、何をしたらいいか」についてお話したい。私は自分で投資をしているので、細かい話をすることも可能ではありますが、正直、その分野なら他にいくらでも優秀な人がいます。

それより、「部活は、どこ入ろうかな?」「どんな職業が向いているかな?」みたいなカウンセリングのスペシャリストになれた気がするので、披露させていただきます。

あなたは、「資産運用(投資)するなら、これかなあ?」という候補があるでしょうか?

「候補」というのは、株式とか、投資信託、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、不動産投資信託(REIT)、みたいなもの。

あなたがすでに運用方法を決めているなら、私からケチをつけるつもりはありません。

ただ、基本的に・・・

  • 30代の資産運表
  • シニア世代の資産運用
  • 主婦の資産運用

など、それぞれ最適な資産運用というものは、あります。

まずは、年齢・運用資金・目標金額(利回り)によって、「リスクの低い資産運用」と「大儲けできる投資」に大別するのがおすすめです。

利回り 安全性とリスク

結局のところ、資産運用とは、「いくらまで増やしたいか?」だと思います。その時に考えるのが「利回り」であり、避けて通れないのが「安全性とリスク」になります。

「利回り」とは、月にいくら増やすか?年間にいくら増やすか?の目安。1年の利回りが10%であれば、貯金が10%増えることになります。

そして基本、安全性を高めるほど利回りは低くなり、リスクを大きく取るほど利回りも大きくなる。いわゆる元本保証というものは、究極に安全低リスクな運用になるので、利回りも一番低くなるはずです。

ここで重要なのは、運用する金額です。

100万と1億円

運用資金100万円のAさん、資金1億円のBさんがいるとします。

とてもたんじゅんな話ですが、100万円の1%は、10,000円であり、1億円の1%は1,000,000円です。

この時、AさんBさんの資産運用にかかるリスクは同じになります。1%増やそうとしたときにかかるリスクは同じ、という意味です。

つまり、投資資金が多い人ほど、少ないリスクでも大きな利益(金額)を上げられる。といえます。では、100万円のAさんは何をすべきか?それは、やはりAさんの「目標金額」によります。

月1万円ほどのプラスで良ければ、比較的安全な投資をおすすめしますし、2倍3倍に増やしたい場合は、相応の選択をする必要があります。

株・FXは危険?

私は、FXから投資を始めたので、現在は「そこそこ上手な人」であります。がしかし、「資産運用」というものを考えた時、FXを挙げるのは、どうなのか?ちょっと疑問です。

さきほどの利回りを考えれば、1%増やすくらいは誰でも余裕だと思いますし、低資金のBさんが大富豪になるならFXが一番の近道だと感じます。(今なら、仮想通貨もあり)

ですが、なんでしょうか、このもやもや感。

自分が、やっているのに言うのはオカシイのかもしれませんが、株・FX等は「資産運用」を考えている人に、おすすめしてはいけない気持ちになります。おそらくFX等は「余っているお金」でやるのがおすすめだから、かもしれません。

あと、株式投資について。

株は、自分の資金内でしか買えません。もちろん、すべての投資は資金内でしか出来ないわけですが、株は投資先の候補(銘柄)が多いので、シッカリ考えないと、思ったほど儲からないです。

短期売買、いわゆる投機・トレードをするなら、また別の話になります。

低リスクランキング

最後に、リスク別のランキングを用意しました。これまでお話したとおり、「低リスクだからダメ」とは言えません。それぞれ最適なものは違いますから、選択の参考にお役立てください。

学資保険(元本保証)

子供の成長に合わせて、少しだけお金が増えて戻ってくる学資保険。さらに、子供の生命保険も兼ねているところも特徴。

増える金額は、本当にほんのわずか。ですが、元本保証であれば、預けたお金が減るリスクはなし。おすすめ度で言うと、お金を増やすだけなら銀行に預ける手があり。保険は別の商品もあるので、積極的に奨めるほどではないです。

◎主な学資保険

  • ソニー生命「学資保険」
  • 明治安田生命「つみたて学資」
  • フコク生命「みらいのつばさ」

保険については、家族も含めて「節約」できるポイントなので、シッカリ検討しましょう。節約=毎月・毎年の収入が増えるのと同じことですから。

保険のことを考えるのは、大変!そんなときは、専門家のファイナンシャルプランナー(FP)に聞いてみましょう。ふつうは、無料で相談にのってくれます。

一つ注意点は、ダメなFPに相談すると、「自分の報酬目当てで保険をおすすめ:してきます。A社の契約を取ったら2万円、B社が1万円の報酬だとしたら、あなたのライフスタイルに関係なくA社の保険を勧めてくる、という意味です

本来、FPは中立の立場で、相談にのるべき。じゃなければ、保険会社の社員から話を聞いているのと同じわけですから。

FPの見分け方は難しいので、こういう保険相談naviみたいなところを利用しましょう。

もちろん無料です。

投資信託 いくらあれば、儲かる?

投資信託は、ふつうの一般人が多く選択する資産運用です。理由は、銀行・郵便局などですすめられること。あとは、おまかせで運用してもらえるから楽ちん。

元本保証は、全く無し。だからこそ、プロの運用でコツコツ増やしていこうという商品。投資信託協会によると・・・

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。 引用元:一般社団法人 投資信託協会

説明に「株式や債券」と、あります。もしかすると「だったら自分で株をやったほうがいいのでは?手数料も少なく済みそうだし」なんて思ったかも。

それは全くその通りです。プロに任せるなら投資信託、自分でやるなら自分で勉強する、というわけですネ。

いちおう、投資信託の方が、少額で株式投資に参加しやすい、つまり複数購入してリスクを分散しやすい、というメリットはあります。

「投資信託って、ちょっと怖いな・・・」と思ったときに、考えてほしいのは、「銀行」のこと。

銀行は、私たちのお金を無料で預かってくれます。つまり、そのまま金庫に入れておいたら、従業員のお給料が払えません。電気代も払えません。

実は、彼らも預かったお金を、運用しています。わたし達にわかりやすいのは「住宅ローン」でしょうか?利用者は利子を付けて返すので、その分だけ利益に成ります。

銀行の場合、破綻しても「預金1000万円まで」国が保証してくれる安全性があり、投資信託にその保証はないですが、「同じようなことをやっている」と考えてください。

ただ、証券会社は、銀行などと比較して、運用のプロなので、リターン(戻るお金)も大きくなる、ということです。

投資信託をするなら、基本は証券会社で契約するのがおすすめになります。

近くに店舗があれば、話を聞いてみましょう。余裕があれば「◯◯さん(担当者)は、どれを買いましたか?」と聞いたら、本音を聞き出せるかも・・・。

◎J-REIT(じぇいりーと)とは・・・?

J-REITは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品です。 引用元:一般社団法人 投資信託協会

ふつうの投資信託と違うのは、不動産で運用すること。わたし達が預けたお金が不動産に使われて、利益が分配されます。

不動産といえば、サラリーマンでも大家になれるものですが、J-REITなら預けるだけなので、楽ちんと言えます。

◎今、一番アツい!ソーシャルレンディング

投資信託と同じように、あなたが出資してリターンを得る仕組みがソーシャルレンディング。違いは、「わかりやすく社会貢献を感じられる」ところでしょうか。

期待できる利回りは年10%前後ですが、1年から3年で満期になるものが多く、早めのリターンが期待できます。10%は、100万円預けると1年後にプラス10万。

みんな(多数)で出資する仕組みなので、少額から始められるのは大きなメリット。

日本・世界中の人たちが新しい事業をおこすとき、最初にお金が必要になります。その時、みんなでお金を貸してあげるのがソーシャルレンディング。

当然、貸した分は利子を付けて返ってくることを想定してます。

ただし、元本保証では無いので、投資先を厳選する必要があります。

そんなときに利用したいのは、ソーシャルレンディング専門の会社。私が一番いいと思うのは、「クラウドクレジット」。株主は大手の伊藤忠商事。



ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

10%前後の増え方を貴方がどう思うか?ですが、リスクとリターンのバランスを考えたら私は良いところかな?と思います。

あとは、リターンされたお金を何度もくりかえし投資できるわけなので、毎年ザクザク増えていく期待はできます(無駄遣いしなければ)。

よくある詐欺事件は、このような「出資」を個人が持ちかてくる。その話に乗るのは危険すぎるので、クラウドクレジットのような専門会社を利用しましょう。

今までの実績が公開されている点も、ポイントです。ご参考に。

詐欺に注意!その手口とは

私が今日、この資産運用を話そうと思ったきっかけは、ニュースで報道される詐欺事件でした。

あまりにひどい状況なので、私の得意な「資産運用」について、一言お話しようと思ったわけです。

年収の高い医師、定年後のシニア世代、素直な主婦、老後資金を考えるサラリーマンのあなたは、完全に狙われやすい人たちなので特にご注意を。

unman5452_40_fot

報道された事件はひとつではないです。

  • タイ採掘事業 年利24%から36% 元本保証 被害19人 5億円
  • みずほ銀幹部 月3%配当 元本保証 被害2億1500万
  • 金プラチナ 被害250人5億7000万
  • 先物 被害3人 3億7000万
  • ワイン投資破綻 520人出資 36億円未償還

※あくまで報道された時点の情報です

内容を細かく見ると、まぁ手口はうまい。実際に、現場を見せるツアーを組んだり、著名人を広告等にするなど。有名人・芸能人に弱いのは、全世界共通ですが、日本で代表的なのはペニオクでしょうか。

つまり、口コミも役に立たないということ。

ポンジ・スキーム

話を戻して、運用詐欺の中で、一番ひどいのはやっぱり「運用していない」「実体がない」もの。

いわゆるポンジ・スキームと言われる詐欺の手口。日本語で表現すると、「自転車操業」がわかりやすい。

新規契約で入ったお金を、既存会員の配当に回すのがポンジ・スキーム。それ以外では、「運用、失敗しました・・・」パターンも、あります。

事件一覧

過去の有名な投資詐欺を知って、だまされないようにしましょう。金額・被害者が多かったのは・・・

和牛商法の安愚楽牧場が負債総額4,300億円。昨年のAIJ投資顧問が2,000億円で、今年、破綻したMRIインターナショナルが1,300億円—。

投資詐欺商法の規模が大きくなり、不感症になった感はあるが、考えてみれば、牛への投資で安定利回りの安愚楽、リーマンショックにも負けない高収益のAIJ、米医療機関の診療報酬の回収資金を日本でだけ集めていたMRIといった怪しげな商法で、よくこれだけのカネが集まったものである。

安愚楽もAIJもMRIも眉唾。プロ投資家の間では、「危険商法」として知られていた。しかし、一般投資家にはそれが見抜けなかった。引用元:現代ビジネス

この、安愚楽牧場・AIJ・MRIを見ると、「有名だから安全」という話は成り立たないことがわかります。そして、この3件より規模の小さい数百億、数十億クラスの報道されない被害件数は、さらに多くなるでしょう。

オレオレ詐欺しかり、ワンクリック詐欺、結婚詐欺、アカウント乗っ取りなど、誰も「自分は引っかからない」と思うもの。しかし、まとまった資産をお持ちの方々は、「悪いヤツが匂いを嗅ぎつけてくる」ので、大変です。

このような詐欺に引っかからないためには結局、情報がすべて。

あなたは、インターネットを使いこなし、そして本業のお仕事ではお金を稼いできた能力の高い人でしょうから、、それほど心配はしません。ですが、優秀な人ほど、畑違いのことを始めるときには素直にアドバイスを聞くものだったりするので、今回お話しました。

きっとイチロー選手も、野球以外のバスケやサッカー、釣りやボーリングを今から始めるとしたら、まずその道の人間に話を聞くのではないか、と思います。

さて、まだまだ話し足りない気はしますが、参考になったでしょうか?資産運用は、早く始めるほど低リスクでお金を増やせますので、早めに検討して、早めに始めましょう。

利益が出たら、私にも教えて下さいネ。ではまた。何かあれば追記します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me

◎編集後記☆いつも応援ありがとう。管理人の本田です。ところで!あなたのおうち、1ヶ月の支出は、どれくらいになりますか?

食費で言うと、一人暮らしで5万(外食・お酒含む)、5人家族なら10万未満という感じが一般的でしょうか。なんで、そんなことを聞くのかって?

私、お買い物でポイントを貯めてるんですが、ふつうは1%が多いの。つまり、10万円使ってポイント1000円分・・・。

食費とかは、毎月必要な出費だから、1%でも、「儲けもん」なんだけど、じつはある条件を満たすと、4%になっちゃうんです。つまり4,000円ですよね?

条件というのは、なんのことはないただ楽天カードでお買い物するだけ。・・・いやいや、でも楽天(ネット通販)だけで全部済ませられないし、と思うでしょ?

これがなんとなんと、コンビニでも、旅行でも、水族館でも、紳士服でも、百貨店でも、ガソリンスタンドでも、カラオケ・マクドナルド・くら寿司・ミスド、お引っ越しでも、なんでも貯まっちゃうのです。いわゆる加盟店というやつ。

加盟店は、4倍ではないので、1から2%が多いけど。だから、毎月の支出っていくらですか?って聞いてみた。

楽天以外でも、ポイントが付くカードはあるから、好きなところを使っていいのだけど、「強いものについていく」のが、一番オトクかな、と。その意味で、楽天は強いですよ。実店舗みたいに潰れないからネ。

節約を考えるあなたは、「リボ払い」無しで。支払総額が増えてしまいます。