このエントリーをはてなブックマークに追加

FX初心者におすすめの会社はどれ?億を稼ぐトレーダーが選ぶ口座5条件

FX口座(業者)の選び方を知っていますか?貴方と違って、ふつうの人は、考えたことがない話でしょう。

「この業者を選ぶと、負け確定!」なんてことは、ほぼ無いですが、業者の選び方次第で勝ちやすくなる、とは思います。

さっそくこれからお伝えするつもりなのですが・・・完全な初心者さん向けというよりは、「勉強してるけど全然お金が増えない」、というあなたに一番おすすめかも。

ちょうど今、私は仲間を探しているので、あなたにしっかり利益を出してもらって、仲間になってもらおうという下心マンタンでお伝えします。

この話は「FX講座」じゃないので、多くは語りませんが、必須ポイントがありますので、一緒に比較して、一番の会社を見つけましょう。

レバレッジ設定 最大25倍制限の意味とは?

FX必勝3大要素のひとつ、レバレッジ。

言葉の意味は分かっている人が多いと思いますが、「何倍にしたら一番勝てるのか」分かっていない人は多いかも。

レバレッジの仕組みが必要な理由は・・・

たとえば、1万円分の通貨を売買したとき、相場がめちゃくちゃ動いたとしても、利益は微小です。日本で生活できるほどには儲かりません。

米ドル円で言うと、1ドル100円のときに米ドルを買ったら、1万円で100ドルに交換できる。その後、1ドル120円になったとき100ドルを日本円に戻すと1万2000円(+2000円)に増えます。

しかし、1ドル100円→120円なんて動きは、数ヶ月~数年単位の動きですから、1年で2000円儲けてもしかたない。もっと儲けたい。

なので、レバレッジを25倍とか、100倍に設定して、売買をしています。

1万円の25倍であれば、1回25万円分の売買になるので、短期間・小さな相場の動きでも、利益(もしくは損失)を得られる、というわけ。

逆に言うと、100万円分の取引が、4万円でできます。

少額から稼げる?100円スタートのリスク

ここで重要なのは、レバレッジを上げたときに、自分の投資資金が増えているわけじゃないこと、です。

レバレッジ25倍にしたとき、自分の資金は1万円のままであり、レバレッジ100倍・1000倍でも、FX口座の中身は同じ1万円のまま、です。

そして、レバレッジを高く設定するほど、相場の小さな動きで利益(損失)になるわけですから、資金に合わせたレバレッジ設定が大事、ということになります。

なぜなら、FXで一番やってはいけないのが、「入金した投資資金が0になる」ことだからです。これは、「買い」(もしくは「売り」)注文を入れてから決済(利益確定)するまでずっと、です。つまり、途中で0になって、その後プラスになっても、基本的にはダメです。

となると、高レバレッジは、FXが上手な人とか、資金に余裕がある人が使うことに成ります。

ですが、資金に余裕がある人ならば、低レバレッジでも1日に100万円の利益が出せるので、高レバレッジにする必然性は無い。

いずれにしても、日本国内のFX業者では、最大レバレッジ25倍制限。過去は、国内でも100倍~400倍でしたが、現在は25倍まで。ふつうにトレード(売買取引)するなら25倍以下で、充分でしょう。

借金になる?追証・マイナスリセット

FX口座に10万円を入れたとして、10万円以上のマイナスが発生するのか?想定以上の値動きで、マイナス100万、1000万円もありえるのか?

それは、業者により異なります。

  1. 強制ロスカット
  2. 追加証拠金(追証・おいしょう)
  3. マイナスリセット

強制ロスカットは、「これ以上、あなたに支払う能力がない」という判断のもと、強制的に決済される方式。これは、ふつう借金にならない方式です。世の中すべての業者を保証はできませんが、私のFXは負けても借金にならないです。

そもそもFXは、証拠金が必要であります。

証拠金とは、口座資金1万円のときに、ぴったり1万円の売買はできず、「資金に余裕はありますよ」という証明になる余分なお金。レバレッジをかけて、大きな取引をする資格がある、そんな証明みたいなもの。

本来であれば、負けたときに「証拠金で、まかなえる」はず。ですが、想定以上のマイナスが発生した時、追加の証拠金を求める業者がある。それが2番の方式です。

最後3番の、マイナスリセットは、口座がマイナスになったら、0に戻してくれる業者。これは、資金が0になっている(負けた)わけですから、「やったぜ!」と、喜ぶ話ではありません。

でも、絶対マイナスにならない、借金にならない安心感は、あります。でも、負けですけどネ・・・

最小取引 通貨単位・ロット数

FXの取引は、じぶんで取引量(金額)を決めます。

初心者の頃は、小さな取引量から始めると安心なのですが、この部分は業者により異なるので、確認しておきましょう。

ただし、大儲けしたい場合は、最小の取引数は卒業することになりますので、業者を選ぶときにあまり重要な項目ではありません。あと、FXの練習をしたい時は、「デモトレード(お金を使わない仮想売買)」が用意されています。

いずれにしても、私の経験上、「少ない金額だと思って、ナメてしまう」と、練習にならないので、ぜひ真剣にやっていただきたい、です。

「通貨単位」の意味は、日本は円、アメリカはドル、EUはユーロなど通貨が各国違うので、「1通貨単位・10通貨単位・100通貨単位・・・」という感じで共通する言い方をします。

日本の1通貨単位は1円、アメリカは1ドル、EUは1ユーロ。

今回は、FX講座ではないので、中途半端なことは言えませんが、ふつうのトレード目安は10000通貨単位くらいです。そして、この通貨単位を「ロット」という単位で使います。

1ロット=何通貨単位(10,000通貨単位=何ロット)になるのか?これは業者によるので、取引前に確認しましょう。

◎DMMの場合・・・

  • 「DMM FX」 全通貨ペア(1Lot=10,000単位)
  • 「DMM CFD Index」JPN225/JPY(1Lot=10単位)、USDJ30/USD(1Lot=0.1単位)、NDQ100/USD、SPX500/USD(1Lot=1単位)
  • 「DMM CFD commodity」OIL/USD(1Lot=10バレル)、GOLD/USD(1Lot=1トロイオンス)、SILVER/USD(1Lot=10トロイオンス)

ふつうのFXトレード(円・ドル・ユーロ・ポンド等の通貨売買)を、国内の会社でやるなら、1ロット基準で大丈夫。

通貨ペアの種類

通貨ペアとは、米ドル円(USDJPY)、ユーロポンド)EURGBP)、オージー米ドル(AUDUSD)など。米ドルを中心とした主要な通貨ならば、どのFX業者でも、取引可能でしょう。

あとは、日経平均とかダウ平均みたいな指数、ゴールド(金)・シルバー(銀)・原油などの商品を、FX感覚で取引可能な業者もあります。

ですが・・・FXで勝つために、いろんな通貨ペアをトレードすべきか?それは、人によります。

短期売買なら、まずは主要な通貨ペアから始めましょう。スプレッドが小さいので、プラスに成りやすいです。

バイナリーオプション

バイナリーは、専門の業者があります。でも、FXの会社が提供しているバイナリーオプションも、あります。

あなたがFXで稼ぐつもりなら、バイナリーオプションを覚える必要はありません。それでもやりたい!という場合は、BOのある会社を選ぶと楽かも。

バイナリーオプション専門の業者を選ぶ場合は、注意。FX証券会社より、厳しく調べることをおすすめします。

売買 注文方法

FXは、通貨を売買するわけですが、まず大きく分けると「手動売買」「自動売買」の2種類があります。

いくつかの業者が、特別な自動売買プログラムを提供しているので、それ目当てで口座を選ぶのは、勝つために重要な方法のひとつです。

勝つために、どちらを選ぶべきか?

自動売買(EA)・システムトレード、ミラートレード

自動売買とは、プログラムを動かして、自動で売買を繰り返し、利益を上げる手法。そのまんまですネ・・・

初心者さんから見ると、「自動ってアヤシイ!」と思うかもしれませんが、それは偏見です。

むしろルール通りにトレードするのが自動売買なので、「安全」とまでは言いませんが、のちのちありがたみが分かるかも。(FXで負ける原因のひとつは、「自分のルール破り」。)

一方で、もしあなたが手動売買を選んだとしても、特に問題はないです。手動で利益を上げる方法はありますし、手動で億を稼ぐ人も普通にいます。なので、私が自動売買を推奨している、というよりは「自動売買も、いいよね!」という感じであります。

ごはんを炊く時は炊飯器を使うのが当たり前なように、ロボットを使うほうが楽であり、ミスは少ないです。

「ミラートレード」というのは、「プロと同じ売買を、真似するもの。※業者により、言葉の定義がちょっと違う

チャート 相場分析レポート・ツール

国内FX会社を選ぶなら、この項目が一番の注目?相場(チャート)を分析するためのツール提供、予測情報サービスなどは、各社で差が出る部分です。

▼オートチャーティスト動画

チャートの動きだけを見て、未来を予測するのが「テクニカル分析」、それ以外の政治・経済・戦争・災害などを見るのが「ファンダメンタルズ分析」と言います。

MT4・VPS

私は、テクニカル分析に「MT4」という無料のソフトを使っています。

理由は、世界中で流行したソフトなので、世界中の「テクニカル分析」が出来るからです。MT4は、PC・スマホ・タブレット・ウェブ版があります。

このMT4ソフトで売買注文できるかどうかは、業者の対応次第。でも、MT4ソフトは、PC・スマホ・タブレットであり、誰でも使えるもの。ですから、チャート分析はMT4を使って、注文は公式から行うなら、MT4非対応でも問題はありません。

今は、MT4の類似環境もありますし、証券会社が公式に提供する分析ツールだけで充分、という人もいますので、公式サイトを確認しておきましょう。

他に、毎日・毎週など無料の相場予測レポートを提供する会社は多いです。役立つかどうかは、あなたの手法によりますが、無料なのでチェックしておこう。

VPSは、MT4で自動売買を動かしっぱなしにしたい時に便利なインターネット上のサービス。自分のPCに負担をかけず、レンタルしたサーバー上で動かしたいときに、使います。

VPSを無償提供している業者もあるので、条件のひとつに入れても良し。FXとは関係ないVPSサービスを借りて、同じ環境を作ることも可能です。

無料のフォレックスシグナル XEマーケットがお届けする無料の取引シグナル

FX証券会社一覧 評判比較(国内)

最後に、あなたが選ぶべきFX業者を決めます。

口座開設できる数に制限はなく、維持費もかからない事が多いので、難しく考える必要はないのですが、無駄な負けを減らすため、真剣に選びましょう。

DMM FX

国内最大級の証券会社。通貨ペアが多く、スプレッドが全体的に小さいので、嬉しい。口座開設キャッシュバック特典あり。

▼DMM FXのスペシャルチャート「DMM FXPLUS」

テクニカルをパパッと、設定してみました。サクサク動きます。スマホで確認するのもかんたん。

相場環境を確認して、あとはチャンスを待つ。そんな使い方がおすすめ。指値を入れておくのも良いですネ。

GMOクリック証券「FXネオ」

実は、「5年連続FX取引高」世界第1位、「FX預かり資産」国内第1位の実績を持つ人気証券。大手グループGMOならではの、無料チャートツール、無料情報が充実。

24時間無料電話サポート、デモ取引など、初心者さんが最初から勝ちに行くなら、おすすめの会社です。入出金手数料無料、口座維持費無料。

みんなのFX トレイダーズ証券

使いやすいチャート、無料セミナー、24時間サポートなど初心者に嬉しい「みんなのFX」。Webセミナーは、基礎からプロ向けまで用意。さらに個別レッスンまで実施する充実ぶり。

バイナリーオプションを、別途手続き無しで行えるのも、特徴。あとは、キャッシュバック等、キャンペーンが手厚い印象。

☆原則固定スプレッド

  • USD/JPY 0.3銭
  • EUR/JPY 0.6銭
  • GBP/JPY 1.0銭
  • AUD/JPY 0.7銭
  • EUR/USD 0.5pips

主要通貨は、こんな感じ。

FXブロードネット

こちらも、国内トップクラスの低スプレッドFX会社、「ブロードネット」。最低取引額(ロット)も小さく、初心者が始めやすい会社です。

ただ、国内FXなら「低スプレッド・低ロット」は、よくある話。なので私は、チャートの機能とか、提供サービスで比較したい。

FXブロードネット公式がイチオシしているのは、「トラッキングトレード」。これは、「レンジ相場」を自動売買する感じ。

あとは、各種無料セミナーが充実。初心者さん、勝てない中級者さんは、チェックしましょう。

外為オンライン

無料リアルセミナー、独自の自動注文プログラムが特徴的な「外為オンライン」。ネットでは、アナリストのレポートにも力を入れている印象。

リアルセミナーは、独学より理解度が増すので、良いと思います。会場は札幌、大宮、神戸、大阪、福岡など。

▼「サイクル注文・iサイクル注文」

レンジ相場を自動売買するサイクル注文。そしてトレンド相場を、自動で追いかけ売買していくプログラム、iサイクル注文。「トレンド」とは、「上か、下か」方向感の強い相場のことです。

今回は、FX講座ではないので割愛しますが、「トレンド」「レンジ」を見極められると、FXは楽です。

口座開設の流れ・必要なもの 審査に落ちたら

FXの口座開設は、5分で終わるくらい簡単。そして、クレジットカードの審査に落ちる人でも、問題なく始める事ができます。

これは、当たり前のことで、クレジットカードは「借金」ですが、FXは、持ってるお金の範囲でやるものだから、です。

ただ、必要な書類等に不備があると、審査に落ちてしまいます。

本人確認書類

基本的に、本人確認書類さえあれば、準備は終わりと言えます。これは、国内口座・海外口座どちらも同じ。

私の定番は、運転免許証をスマホで撮影した画像。ちょっと、光が入ったり、文字が不鮮明にならないよう工夫が必要ではありますが、一度用意したら使いまわせるので、楽です。

あとは、マイナンバー。

私がFXを始めた頃は必要がなく、そもそも存在していなかったわけですが、それでもあとから提出を求められました。今から新規で口座開設する場合は、必須と言えるでしょう。

ただ、「マイナンバー通知」は、誰でも持っているはずなので、通知の写真画像でも、私はオーケーでした。あとは、マイナンバーが記載された住民票の写しでも大丈夫です。

海外業者はおすすめ?メリット・デメリット

ふつうの人は、国内の業者を選ぶ!それで良いと思います。

サポートに不安がなく、手数料が安いので、初心者さんでも安心。私を含め、「海外のFX口座」を開いた理由はあるのですが、国内FXだけでも問題なく儲けることはできます。

その上で、口座選びの要点は・・・

  1. スプレッド
  2. 通貨ペア
  3. 分析ツール

このあたりをチェックしよう。スプレッドは、国内のFX業者なら、さほど差が出ない部分。ですが、スキャルピング手法を取るなら、重要な部分です。

国内FX業者の特徴は・・・

  1. スプレッドが狭い
  2. セミナーが豊富
  3. 税金がわかりやすい?

このあたりが大きなメリット。

海外FX最大の特徴はレバレッジが高いこと。あとは、追証なしが大きいです。

かつては100倍以上のレバレッジで儲けることができた、日本のFX。しかし、金融庁からの命令で2010年に50倍規制、2011年に25倍規制が始まり、現在にいたります。

海外業者の特徴は・・・

  1. ボーナスが大きい
  2. MT4対応が多い
  3. レバレッジ制限がゆるい

こんな感じ。ボーナスは、入金額が増えるので、嬉しいです。

ただ、私が感じるのは、国内・海外どちらの特徴も、「致命的」なものではないでしょう。

国内業者のスプレッドが狭いのは嬉しいけれど、私の売買手法ではスプレッドが多少広いのは問題にならないですし。逆に、MT4が必要な人は、注だけ業者の公式サイトとかスマホアプリから入れても、大丈夫。

なので、国内業者を選ぶ場合は、チャートの使いやすさで選ぶのがおすすめ。

あとは、各会社の無料セミナーに参加するために、複数口座を開くのも良いでしょう。口座アカウントがないと動かない専用インジケーター(MT4)があったり、「特別な売買データ」「値動きを予測するレポート」を公開している会社もある。

これは、国内・海外どちらも共通する話ではありますが。

ただ、もしあなたが、資金を2倍3倍に増やしたいならば、海外FXの活用を検討してみましょう。※以下の話は、期間限定キャンペーンだけの場合があります

実際に私がFX取引に使っている海外業者は、日本語表記・日本人スタッフです。入出金もスムーズにやりとりできているので、その点はご安心を。

GemForex

なぜ、あなたがGemForexに10万円入金しただけで、軍資金が20万円に増加するのか?なぜ、150万円が300万円になってしまうのか。先ほど説明したとおり、これが海外FXの魅力であります。

ひとことで表現するなら、海外FXは「チーム戦」です。GemForexチームに参加して、あなたも利益を挙げましょう。

◎GemForexの特徴

  1. レバレッジ1000倍
  2. 【無料】自動売買プログラム(EA)が豊富
  3. ミラートレードあり
  4. ノースプレッド口座あり
  5. バイナリーオプションあり

☆入金額100%ボーナス(期間限定)

このキャンペーンは、入金額と同じ金額をプレゼントしてくれるもの。単純に言うと、資金が2倍になるキャンペーンです。

1万円入金すると+1万円されて2万円になる。300万円なら600万円。入金500万円なら、なんといきなり1000万円からスタートできる。

ただし、あなたに説明する必要はないと思いますが、ボーナス分をいきなり出金することはできません。あなたが入金した分は、いつでも出金可能です。

使いやすさに関して。GemForexはMT4に対応しているので、MT4を覚えると便利です。

XMFX xmtrading.com

日本語にばっちり対応している「XMFX」。

こちらも、ホームページは日本語対応、サポートも日本語で受けられます。XMを使う理由は、いくつかあります。例えば…

  • レバレッジ 最大888倍
  • 追証なし、マイナスリセット
  • 入金ボーナス
  • 売買取引ボーナス
  • 大会(賞金付き)

追証(追加証拠金)なしとは、相場が大きく動いて証拠金が足りなくなり、マイナスになった場合、0に戻してくれる措置です。

XMFXは、入金・取引ボーナスが手厚く、ユーザー寄りのシステムを無料提供してくれる好印象の会社。

個人の証明は、運転免許証や保険証、公共料金の明細、マイナンバーなど。わからなければ、サポートか私に聞いてください。他にも、海外FX口座はありますが、私が使っているこのふたつをおすすめします。よくわからない業者を使ってトラブルに巻き込まれると、めんどうですから。

デモ口座だけ登録するのもアリです。住所などを入力するとき、英語で求められたら、ローマ字さえ合っていれば、順番は神経質にならなくて大丈夫です。

入出金する方法

GemForexやXMFXは、日本の銀行とそのまま入金・出金可能なのですが、出金は時間がかかる可能性があります。理由は、私達が外国の口座に送金するのが「ちょっと面倒」なのと同じです。

最近は、ビットコインに対応する業者が増えてきたので、使えると便利。手数料が激安です。

だから、ビットコインの価格が上がっているという、当たり前の話ではありますケド。

低スプレッド 原則固定・変動 手数料無料とは?

スプレッドとは、FX売買するとき、私たちに毎回かかる手数料みたいなもの。普通の人は、スプレッドは小さいほうがうれしいはず。

業者ごとにスプレッドの違いがあり、取引する通貨(米ドル円、ユーロ円、ポンド円など)でも、大小の差があります。

結論、ふつうにあなたがFXで儲けるだけなら、スプレッドが小さい会社を選ぶと良いです。

とくに、短時間で利益を上げる手法「スキャルピング」は、スプレッドが小さいと勝ちやすい。FXは、注文した時点でスプレッド分マイナスからスタートするので、スキャルピングの場合、早くプラスにして終わらせたいのです。

【割合】勝てない仕組みがある?

国内業者の場合、「手数料は無料」と、表現してます。そもそもの話ですが、みんなのことを考えると、「スプレッドは小さいほうがいいのか?」と、私は思うんです。

スプレッド=手数料ではない、ならば業者は何で利益を上げるのか?

それは・・・負けプレイヤーのマイナスがごっそり業者の利益に成ります。一方、海外の業者は、スプレッドが国内と比較して大きいのですが、そのスプレッド分で利益が上がるので、健全であり、透明性があるのです。(意味がわかるでしょうか?)

スプレッドが大きいと、自社の顧客みんなが儲けても、スプレッド分で利益が出ますし、より長くより多く取引してもらえば、それだけ会社の利益につながるからです。

だから、海外FX業者は、ボーナス豊富。長く楽しんで欲しいわけです。

「相対取引」と「インターバンク直結」

相対取引(あいたいとりひき)という言葉を知っていますか?

私が、海外業者の講座を開いた理由は、単純に「億トレーダー」が使っているのを知って、真似しただけ。ですが、国内と海外では、取引の仕組みから違うんです。

相対取引は、FXの参加者同士で、売買する方式。

あなたが買いを入れて、他の誰かが売を入れた時、その2つをぶつけるイメージ。最終的に負けたほうが、損をするということ。

国内のFXは、相対取引が多いです。

一方、インターバンクとは、すなわち「FX市場」です。インターバンクに直結ということは、あなたの注文がしっかりと市場に流れる。つまり、健全であるといえます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me

◎編集後記☆いつも応援ありがとう。管理人の本田です。ところで!あなたのおうち、1ヶ月の支出は、どれくらいになりますか?

食費で言うと、一人暮らしで5万(外食・お酒含む)、5人家族なら10万未満という感じが一般的でしょうか。なんで、そんなことを聞くのかって?

私、お買い物でポイントを貯めてるんですが、ふつうは1%が多いの。つまり、10万円使ってポイント1000円分・・・。

食費とかは、毎月必要な出費だから、1%でも、「儲けもん」なんだけど、じつはある条件を満たすと、4%になっちゃうんです。つまり4,000円ですよね?

条件というのは、なんのことはないただ楽天カードでお買い物するだけ。・・・いやいや、でも楽天(ネット通販)だけで全部済ませられないし、と思うでしょ?

これがなんとなんと、コンビニでも、旅行でも、水族館でも、紳士服でも、百貨店でも、ガソリンスタンドでも、カラオケ・マクドナルド・くら寿司・ミスド、お引っ越しでも、なんでも貯まっちゃうのです。いわゆる加盟店というやつ。

加盟店は、4倍ではないので、1から2%が多いけど。だから、毎月の支出っていくらですか?って聞いてみた。

楽天以外でも、ポイントが付くカードはあるから、好きなところを使っていいのだけど、「強いものについていく」のが、一番オトクかな、と。その意味で、楽天は強いですよ。実店舗みたいに潰れないからネ。

節約を考えるあなたは、「リボ払い」無しで。支払総額が増えてしまいます。