このエントリーをはてなブックマークに追加

裏M-1大賞2018☆プロが評価するネクストブレイク漫才

M-1グランプリ2018裏5選

2018年のM-1グランプリは、霜降り明星の優勝で幕を閉じました。365日お笑いを見ている私としては、ネタに目新しさはなかったものの、間違いなく面白くて、満足です。

しかし実は、M-1の9組以外に、ネクストブレイクコンビがいるんですよね。2018年の審査員は、上沼恵美子、松本人志、サンドウィッチマン富澤、立川志らく、ナイツ塙、中川家・礼二、オール巨人(敬称略)でしたが・・・

この中で巨人師匠がめちゃくちゃ若手に詳しいんですね。それもそのはず、常に若手の漫才を見て、ご自分の感覚にズレがないかチェックするそう。(ズレを感じたときが、審査員をやめるときとおっしゃってます)

さらに、よしもとに限らず若手を誘ってよく飲みに行くそうです。通りで詳しいわけです。そんな巨人師匠が認める、実力派漫才師5組をご紹介します。

たくろう

結成2016年。メンバー;赤木裕、きむらバンド。

Ⅿ-1グランプリ2016 3回戦進出
Ⅿ-1グランプリ2017 準々決勝進出
第39回ABCお笑いグランプリ決勝進出
第39回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 新人漫才福笑大賞
Ⅿ-1グランプリ2018 準決勝進出(予選12位、敗者復活戦5位)

紅しょうが

結成2014年。メンバーは、熊元プロレスと稲田美紀。

ネイビーズアフロ

結成2011年。メンバー:皆川(皆川勇気)、はじり(羽尻紘規)。

M-1グランプリ2015 3回戦進出
M-1グランプリ2016 準々決勝進出
M-1グランプリ2017 準々決勝進出
M-1グランプリ2018 3回戦進出

からし蓮根

結成2013年。メンバー:杉本青空、伊織。

そして、霜降り明星の5組。どうしても吉本勢が多くなりましたが、巨人刺傷によると、ランキングベスト5という5組ではなく、それぞれ2018年の部門賞という位置づけなのだそう。(女性なら紅しょうが、という感じ)。その中で巨人大賞2018は、やはり霜降り明星とのこと。

今後も追いかけていきたい5組です^^

裏の裏

今年の敗者復活戦を見ていて、私も残念だなーと思ったのは、プラス・マイナス。M-1ラストイヤーでしたが、僅差でミキに負けてしまい、決勝出場を逃しました。

芸人の皆様曰く、とにかく人気がない(笑)とのことで、視聴者投票では不利だったか。しかし実力は、めちゃくちゃ高いので、今後も応援していきたいですね。

プラス・マイナス

結成2003年。メンバー:岩橋良昌、兼光タカシ。

最高ですね(笑)

ちなみにM-1グランプリ審査員の点数はこちら。

M-1グランプリ決勝審査員点数

ではではー。コメント欄は下にございます^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
お試しモニター募集中 お金の悩み相談所

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of
@binkan_me