このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツの最新ケガ予防方法 トップ選手が実践する習慣・理論 

yahooooo_sportspro

メッシ選手を知っていますか?あの有名なサッカー選手、リオネル・メッシ。彼は10代のころから強豪リーグでプレーをしていますが、最初は怪我が多かった印象です。

「体が小さいから、仕方ないかな」と私は思っていたのですが、のちに1シーズン通して良いプレーを続けられるようになりました。1試合90分フル出場することも、当たり前になりました。(いわゆるサボりが許される立場のプレイヤーではありますが)

この時に気をつけたのは、「食事のメニュー」と言われています。体づくりに良いものを食べ、悪いものは控える。基本的なことなのですが、プロになるような人は「才能」がある分だけ、細かいことに気を使わない人が少なく無いでしょう。

それでもやがてプロの世界で壁にぶち当たり、さらなる努力を重ねることになります。

そして怪我というものは、2種類あります。例えば、ランニングで肉離れをするような「自分が原因」のケガ。腿の裏(ハムストリング)や、ふくらはぎはよくある話。ちなみに肉離れの予防は、食べ物から対策可能。たんぱく質・ビタミンC、マグネシウムが良いそうです。

そしてもうひとつは、サッカーでタックルを受けた時にやってしまうような「相手のいるケガ」です。しかし、どちらの怪我でもリスクを軽減することは可能です。

準備運動の効果 動的・静的ストレッチ

最新の準備運動を知っていますか?特に、ストレッチのやり方に進化が見られます。

ストレッチには2種類あり、いわゆる柔軟体操のような「静的ストレッチ」。それからラジオ体操のような「動的ストレッチ」です。静的ストレッチは、リラックス効果をもたらしますが、それが本番に悪影響を与えるとの指摘があるのです。

瞬発力を求められるような競技では、筋肉や腱(けん)「ゆるみすぎる」ことが逆に危険という話のようです。

ブラジル体操とは?

最近は、サッカー日本代表の準備体操や、マエケンダンスと言われる体操が良いという意見が出ています。いわゆるブラジル体操。

これは簡単に取り入れることができます。少年少女のスポーツクラブでコーチをされている方にもおすすめです。

体を動かす「動的ストレッチ」になります。

筋肉を大きくするトレーニングは危険?

サッカーやラグビーなど「ぶつかり合うスポーツ」は、筋肉を大きくせざるを得ないところがあります。それが「相手のいるケガ」を予防することにつながります。

しかし、副作用的に筋肉を大きくしたことが「自分原因のケガ」に繋がる可能性もあるのです。

イチローの考えかた

イチロー選手は40代になりましたが、メジャーリーグで活躍を続けています。そのイチロー選手は「体を大きくする」流れを、完全否定しています。やってはいけない、ということです。その理由は、生まれ持った「腱や関節」は強く出来ないのに、筋肉を大きくしたら、支える負荷が大きくなる。だからケガが多くなるとのこと。

確かに、納得です。

不自然に大きくするべきではなく、カッコつけでしかない。そう言うイチロー選手も、プロ入団から数年間は、ガッシャンガッシャン筋トレしていたそうですが、バットスイングの邪魔になることがわかり、無駄な筋肉をつけないことにしました。

つまり、筋トレがまったく必要ないわけではなく、その競技、そのポジションに合った適切な筋肉をつけると良いでしょう。ムダなところに筋肉はつけない。この部分は、各競技の専門家や専門書を読むことが近道だと思います。

イチロー選手は2015年の終盤に、ピッチャーとしてマウンドに立ったのですが、わずか20球足らずの投球で、翌日からだがバリバリに固まったそうです。投手と野手では使う筋肉が全く違うことがわかるエピソードです。

メッシよりすごい!?中川寛斗(なかがわひろと)

アルゼンチン人のメッシ選手は「小さいプレイヤー」として有名ですが、もともと低身長の病気で、お金をかけて治療をしたので、現在は170cmあるとされています。もし、あなたやお子様が小さい体に悩まれているなら、今はむしろメッシ選手よりJ1柏の中川寛斗せんしゅに注目。

エリア外からロングシュートを決めた選手が中川さんです。

155cmと小柄ながら、パワフルなプレーを見せてくれます。子供の頃、医者から「ホルモン治療」をすすめられたそうですが、「親からもらった体で頑張りたい」「小さい体でもやれると証明したい」という思いで、拒否。今後は、小さな体の子たちに勇気を与えたいそうです。

メッシ選手のケガ予防や、イチロー選手の話も、20代くらいからの事になります。子供の頃にガツガツ筋トレすべきなのか?その点は、さらなる考察が必要でしょう。食事面にこだわるのは、今日からでも大丈夫なので、おすすめです。

ちなみに「筋肉」、「靭帯」の90%はコラーゲンらしい。

あとは、正しい姿勢、正しいフォームを心がける。

正しい姿勢とフォームを身につける

例えば、野球でボールを投げるときに、正しいフォーム(無理のないフォーム)で行えば、痛めるリスクは減少します。逆に、無理をすればケガは多くなるでしょう。体の使い方は、とても大切です。普段のイスの座り方から正していくのは、良いことかもしれません。

すべての競技に共通する点としては、「柔軟性・可動域」を意識したいところ。股関節や、肩甲骨など、関節周りが良く動くようにする。

体が固い(柔軟性がない)方が有利な競技は無いと思いますし、ケガをしないために有効であると考えます。ぐーたら父ちゃんが、ある日いきなりスポーツをすると、痛める気がしませんか?

疲労骨折

ニュースでよく聞く、疲労骨折。プロのトッププレイヤーでも勝てないのが疲労です。駅伝やマラソンの練習しすぎで、起こすことも良くあります。これは適切な休息を取るしかありません。

あとは、プール(水の中)での運動を取り入れて、負荷の軽減など、工夫はできます。根本的な話をするなら骨密度(こつみつど)、つまり骨を強くしたほうが、疲労骨折のリスクを下げられる可能性はあります。カルシウムと、ビタミンDが骨には良いのだとか。

特に女性アスリートは栄養不足から、骨が弱くなる傾向があります。また、月経の不順から体のバランスを崩す場合があります。ご参考に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me

◎編集後記☆いつも応援ありがとう。管理人の本田です。ところで!あなたのおうち、1ヶ月の支出は、どれくらいになりますか?

食費で言うと、一人暮らしで5万(外食・お酒含む)、5人家族なら10万未満という感じが一般的でしょうか。なんで、そんなことを聞くのかって?

私、お買い物でポイントを貯めてるんですが、ふつうは1%が多いの。つまり、10万円使ってポイント1000円分・・・。

食費とかは、毎月必要な出費だから、1%でも、「儲けもん」なんだけど、じつはある条件を満たすと、4%になっちゃうんです。つまり4,000円ですよね?

条件というのは、なんのことはないただ楽天カードでお買い物するだけ。・・・いやいや、でも楽天(ネット通販)だけで全部済ませられないし、と思うでしょ?

これがなんとなんと、コンビニでも、旅行でも、水族館でも、紳士服でも、百貨店でも、ガソリンスタンドでも、カラオケ・マクドナルド・くら寿司・ミスド、お引っ越しでも、なんでも貯まっちゃうのです。いわゆる加盟店というやつ。

加盟店は、4倍ではないので、1から2%が多いけど。だから、毎月の支出っていくらですか?って聞いてみた。

楽天以外でも、ポイントが付くカードはあるから、好きなところを使っていいのだけど、「強いものについていく」のが、一番オトクかな、と。その意味で、楽天は強いですよ。実店舗みたいに潰れないからネ。

節約を考えるあなたは、「リボ払い」無しで。支払総額が増えてしまいます。