少食で小柄の子供が心配…ある方法で体を大きく元気いっぱいになりました

2016年4月26日

Backpacks

同い年の子たちより、一回り小さい体が心配でした。体力面や学力に差がでて、いじめの原因になるかもしれない。当時はそんな思いでした。

少食は私自身も経験していて、無理に食べさせるのが可哀想なことを知っています。私の場合、幼稚園から小学校の低学年までは、給食を残したり、昼休みまで食べ続けたりしました。担任によっていつまでも許されない。二年生の時が一番厳しかった。

それでもおかげさまで私の身長は伸び、不自由なく大人になれましたから、無理をさせすぎない方が良いのかもしれません。でも、子供のことになるとやはり自分以上に心配。しかも最近は情報が多くて、いろいろ耳に入るじゃないですか?例えば、牛乳は意味が無いどころか、むしろ有害らしいとか。

学校の給食で出されている牛乳がからだに悪いわけが無い!と私も思うのですが、国やテレビ(メディア)は100%信じられることばかりではありません。例えば、「お菓子は体に良くない!」というスポンサー様の悪口を堂々とテレビで言えるでしょうか?

日本を支えるお米もそうです。「白米は糖質が多く、生活習慣病の原因になるから控えましょう」などと国が発表したら、大変なことになります。

生活習慣病に効果的!ロカボって?
ご飯やパンに含まれる糖質を摂り過ぎず、緩やかに減らすこと。糖質の摂取量が多すぎると血糖値の上昇や肥満につながり、糖尿病など生活習慣のリスクが高まってしまいます。引用元:TBSラジオ

牛乳は身長を伸ばす?

「牛乳が体に悪い」という噂は私が調べた限り、はっきり言って根拠が無い話。ですが、牛乳と身長の伸びはあまり関係がないようですし、ガブガブ飲むのはやめたほうが良いのかもしれません。とりあえず「カルシウムをたくさんとると身長が伸びる」と言うのは間違いの様子。あくまで、お魚(DHAなど)やお豆腐・卵(たんぱく質)を総合的にいただくのが良いようです。

その意味では豆乳は選択肢のひとつ。私は子供の頃は苦手な味で飲めませんでしたが。ちなみに野菜と魚も嫌いでした。

牛乳は、子供の頃は学校の給食や家で毎日飲んでいました。おかげで骨折はしませんでしたが、牛乳を飲まなかった場合に身長が伸びなかったことを証明するのは難しい。でも牛乳を飲んでいたのに伸びなかったケースはあります。例えば3兄弟で長男だけ身長が小さい、など。

効果を上げる

牛乳や毎日の食事から栄養を摂取するとき、兄弟で体格に差が出た場合、気になるところがあります。それは腸内環境です。

栄養をたくさん摂取しても、腸が汚れていると体の中にうまく取り込めません。牛乳、野菜、青汁、何を食べるとしても、腸をキレイにしておいたほうが良さそうです。あと、腸内はアレルギーやアトピー性皮膚炎にも関係することがあります。

低脂肪乳などは私個人的には「偽物の飲み物」だと思います。

成長ホルモンを出す

体を大きく成長させ、身長を伸ばすためには、最終的に成長ホルモンへ行き着きます。実際に、低身長でお悩みのお家では、成長ホルモン療法を受けるケースがある。気になる場合は、医療機関で相談します。なるべく、成長期を逃さないよう早めの対策をおすすめします。

日常でできる対策としては睡眠・運動・栄養。この3つを心がけることで体が大きくなる可能性は高まります。100%確実な方法ではないとはいえ、「やれることをやっておく」ことが後悔しない秘訣になります。

実は栄養不足?

食の豊かな現代において、毎日食べているのに栄養不足、という可能性があります。この100年で日本の平均身長は伸びていますが、アメリカ人が身長の世界ランキングで1位から下落したことをご存知でしょうか?、

この理由を「ジャンクフードの食べ過ぎによる栄養不足」と言う人もいます。

つまり栄養を正しく取ることが、身長を伸ばすことに繋がりそう。カルシウムは、骨を強くする成分として注目されましたが、「カルシウムだけの摂取では身長を伸ばす効果が無いのでは?」という意見が出ています。

代わりに今、注目を浴びているのは「アルギニン」。食事で摂取するのは難しいので私は特別なドリンクから。今では子供が自主的に飲むようになり、食事もたくさん食べるようになりました。



アスミールは、偏食や子供の成長期の栄養補給に開発された飲料。1日1杯飲むだけで1日の主要な栄養素の約8割が摂取できる。そして肝心の成長ホルモンを活性化させる最適配合と、とにかく吸収力がいい!新配合「トリプルカルシウム」などなど。

お友達から知ったのですが、見た瞬間に「これだっ!」と思いました。やはり成長期の時に飲んだほうが良いと思います。総合的なバランス栄養飲料なので、予算が厳しい場合は「1年間だけ」でも飲んでおくと無駄にはならないと思います。

Posted by 本田