このエントリーをはてなブックマークに追加

子供に日焼け止めは必要ないの?乳幼児・小学生の新常識

親世代の私達のころは「日光浴」という言葉がありましたが、今ではシミ・シワや皮膚がんの危険性が指摘されています。紫外線で傷ついたDNAは元に戻らないこともあるそうです。それでも、子供を外に出すのはおすすめします!

理由は外で元気よく運動したほうが体は強くなりますし、日光が規則正しい生活を助けてくれるので不登校や鬱のリスクを下げることにつながります。(室内だけで絶対無理というわけではありませんけれど)

日焼け止めを塗っておけば、夏でも元気よくパパママやお友達と外で遊ぶことが出来ます。外には学びがいっぱいですよ!日焼け止めは市販のもので十分。低刺激、無添加を目印に探してみましょう。無理やり外で遊ぶ必要はないです。公園まで10分から30分くらいの散歩が良いです。(真夏の昼間は控える。そして帽子をかぶらせましょう。)

乳児に日焼け止めはお肌の荒れが心配なので、日陰を利用します。幼稚園生で元気に走り回る子は、汗をかいたり塗るのが面倒なこともあるので、ラッシュガードをおすすめします。

こういうやつ。洋服のように着せるだけですし、水に濡れても平気なので、使いやすいです。

参考:楽天(画像をクリックするとお店に行けます)

ところで「日光浴をしましょう」と言われていた理由を知っていますか?

日光浴とビタミンDの効果とは

日光浴をすると子供の成長(とくに骨や歯)に欠かせないビタミンDを体の中に作ることが出来ます。もともとビタミンDは不足しがちな栄養素なので、意識的に日光を浴びることがおすすめされていました。

◎ビタミンDを多く含む食品

  • かつお(塩辛)
  • あんこう(きも、生)
  • くろかじき(生)
  • さんま(生)
  • あひる(皮付き、生)
  • きくらげ(乾)

参考:国立健康栄養研究所

全体的に珍味(笑)ですがこのように生魚やきのこ類から多く摂取できる反面、豚など肉類からはほとんどビタミンDを摂取できません。さらに言えば生魚を食卓に用意するのは難しいでしょう。

子供にサプリメントを飲ませるほどではないにしても、私達世代より日に当たらない今の子どもたちには、バランスの良い栄養・食事を心がけたいです。

ネットを調べてみるとヨーロッパで子供にビタミンDサプリが使われているという話がいくつも出てきます。日照時間が短く魚を食べない地域では、活用されているようです。

野菜嫌い、魚を食べない

私は料理が苦手なせいなのか、うちでは魚をあまり食べません。レトルトも使っちゃいますし。正直言うと、私が野菜や魚が好きではなく、旦那も野菜中心の食事は嫌な顔をします。

しかし子供の将来は心配なので、私はコレを利用しています。

おすすめのポイントは子供がおいしく飲めること。そして栄養機能性食品!カルシウム、鉄、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンCともちろんビタミンDが入っています。小学生のお子様がいらっしゃるなら、二度と無い成長期にぴったり。おすすめです。

創業60年以上の製薬会社が作っているので安心でした。

happy child finds joy

日焼けで真っ黒、シミができたらアフターケア

私の子供の頃は気にせずガンガンに焼いていましたが、当然今はシミが出てきています。大人はそれなりの美容液を使えば解決するのですが、子供を愛するあなたは何か良い対策を探しているかもしれません。

小さい子たちはまだ体の細胞が若いので、お肌の新陳代謝でしばらくすると自然に消えていく可能性は大いにあります。(新しい日焼けを防ぐことは必要です。)

もう一つの方法は抗酸化(こうさんか)。

抗酸化とは?

シミやシワ等の老化は、体の「酸化」です。紫外線などのストレスで活性酸素(かっせいさんそ)が発生すると急激に酸化しやすくなります。活性酸素のすべてが悪いわけではなく、人間に必要ではあるのですが、その悪い活性酸素に対抗してくれるのが「抗酸化物質」です。

専門家が監修するスキンケアに詳しいサイトから引用します。

◎抗酸化物質を多く含む食べ物

フィトケミカル
・リコピン:トマト、すいか、さくらんぼなど
・ポリフェノール:カカオ、赤ワイン、ブルーベリーなど
・イソフラボン:大豆、豆乳、豆腐など
・ペクチン:りんご、みかん、あんずなど
ビタミン類
・β-カロテン(ビタミンA):緑黄色野菜(かぼちゃ、ほうれん草、ニンジンなど)
・ビタミンC:じゃがいも、いちご、レモン、キウイフルーツなど
・ビタミンE:ナッツ類、アボカド、ブロッコリーなど スキンケア大学

トマトに含まれるリコピンや、フルーツに多いビタミンCなどを食卓に並べてみましょう。最新の話をすると、水素水が簡単でおすすめ。サーバーを使うと、家族みんなで簡単に始められます。

もしすでに水素水を飲んでいる意識の高いあなたにもサーバータイプ、おすすめですよ。パウチでたとえば1ヶ月3,500円なら夫婦2人でも7,000円。12ヶ月で84,000円。これがサーバータイプなら初期費用はすぐに回収できます。(ガウラは水道直結型なので)

お料理やコーヒーなど飲水に使い放題です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。

@binkan_me