不眠症の薬 代わりになる市販薬と強力に寝付ける方法

2020年5月16日

ふとんの中で何度も何度も寝返りをうつ。眠れないのはものすごくつらいこと・・・なのですが、お薬を飲んでよいのか?市販の薬を使ってよいのか?

この問題についての経験談をおつたえします。

161204180d42b1_Fot

まず、不眠症はお医者さんに相談できます。そして、お薬をお医者さんから出しえてもらうと、安全でしかも市販より安く手に入りますから、悩んだらお医者さんに相談するのが良いです。

次に市販薬を使うことについてです。

オーバードーズ 過剰摂取、過量服薬

薬の大量摂取・過剰摂取は、最悪死んでしまうのですが、その過剰摂取で件数が多いのは、睡眠薬系です。中毒になりやすい分野、なのかもしれません。

ただし、過剰摂取件数が多い睡眠薬なのですが、内訳をみると、市販薬より処方箋医薬品の中毒者が多いというデータがあります。

これは、お医者さん側の提供方法に問題があったといえるでしょう。

薬物中毒は、抜け出すのが死ぬほどつらいので、絶対に気を付けたいところです。

一方、市販の医薬品にも問題があり、「かぜぐすり」を睡眠薬の代用品として
使う人が目立ってきています。当然、危険な行為ですし、根本的な不眠原因を解決できないのであれば、お医者さんにまずは相談すべきです。

安眠スプレー「ピローミスト」

今、世界中で不眠の問題は広がっています。ストレス社会+スマホが普及して、寝つきが悪くなっているのですよね。そんな世界的問題の今、中国で話題なのが、安眠スプレー。

いわゆる古代からあるアロマの一種でありますが、枕にしゅっと一吹きするだけのかんたんな方法なので、20代、30代に人気なのだそうです。

私のおきにいりの香り(ブレンド)は、こんな感じ・・・

  1. コットンフラワー :ゼラニウム、ローズ、オレンジフラワー、ムスク。
  2. ローズバッド  :ローズのつぼみのような香り
  3. 3.ムーンフラワー :ラベンダー・ジャスミン・ローズ・バニラのブレンド

ブレンドは、ほかにもたくさん種類がありますよ。専門店でみると楽しいです。

→人気ピロースプレーをネットショップで見てみる

ペット、特に猫や犬は、アロマオイル(精油)が危険である可能性があるため、同居している場合、とりあえず使用をさけるのが安全と言えます。詳しくわかりましたら、さらに追記します。

すぐ寝落ちする呼吸法「4-7-8トリック」

4-7-8トリックは、海外でも有名な呼吸法です。リラックスを得るために使われるもので、すぐ寝落ちしたい人にお勧めと言えます。

やり方は、簡単に言うと、4秒で息を吸い、7秒間止め、8秒かけて吐き出す。

細かく言うと、まず息を吐きだす。

  1. 唇を閉じ、鼻から4秒息を吸う
  2. 次に、7秒間息を止める
  3. そして口からふぅ~と8秒間かけて息を吐きだす

これを繰り返します。

リラックス効果があるといわれていますので、ぜひ寝る前に試してみてくださいね。緊張しているとき、それから興奮しすぎているときにも効果があるとの口コミも。

風邪薬依存症

とちゅうでもお話ししましたが、医薬品の中毒・依存症には注意です。

睡眠のための過剰摂取だけでなく、麻薬のような使い方をしてしまう人もいます。引き返せなくなる前に、人生が狂ってしまう前に、お医者さんに相談するなど安全な方法で快眠生活を目指しましょう。

眠れない原因

人間が眠れない原因は大きく分けると2つあるといわれます。

ひとつは、興奮した状態なので眠れないパターン。

これは、普通の人でもよくあることです。家の周りを一周してきて、その5分後にスッと眠れる人はいませんよね。ほかには、明日の旅行が楽しみで眠れない、そんな興奮の種類もあるでしょう。

アルコールも、興奮で眠れない原因になります。

もう一つの不眠原因は、ずばり「不安」、です。

病気の不安、お金や仕事、人間関係の不安。

これもまた、眠れなくても当り前と言えます。考えすぎる神経質なタイプはつらいです。

私の睡眠障害も、不安が大きかったと分析しています。

体の痛み、そしてパニック障害・鬱による生きていることの苦痛・・・だから私は5年以上、「予定や約束」というものを入れることを一切できませんでした。

約束をすると、夜眠れなくなってしまうからです。家族には、その日の直前に「今日、出かけるからよろしく」などと言ってもらうようにしていました。

薬を使わない理由は副作用ではなく…

よく聞く話だと思いますが、睡眠薬は副作用が怖いから、飲みたくないという意見があります。私も最初はそう思いました。副作用とは、だるさや頭痛、依存性(いそんせい)つまり抜けられなくなること。

しかし、私が睡眠薬を使わない理由は、違います。だって副作用は100%起こるものではないですし、眠れないことによる生活の支障を考えると、飲まざるをえないからです。

ですが、本当に怖いのは弊害でした。

まず、睡眠薬を飲んで眠れる理由は、上でお話した「興奮や不安」がなくなるから、ではありません。つまり、根本の原因はなくならないということです。逆に言えば、眠れないのに「眠れてしまう」。

確かに、仕事のストレスや疲れは睡眠をとることで軽減されますが、「むりやり脳を操作して眠る」方法で、体は大丈夫なのか?

次にレム睡眠・ノンレム睡眠という「浅い・深い睡眠」のリズムについて。

睡眠薬を実際に飲んでいる人は、「深い眠りを得られる」という人がいますけれど、本当でしょうか?何で判断しているのでしょうか?薬で無理やり眠っているのに、「適切なリズムでレム・ノンレムを繰り返す」原理は?深く眠っているなら、なおさらリズムが無いのでは?

その結果、記憶障害が起こる可能性が指摘されています。睡眠は、脳が記憶を整理する時間でもあります。その時間を薬で強制的に寝る。恐ろしくないですか?

(筆者注:質問)
いつも睡眠薬を飲んでから寝てるのですが、母に聞いたら夜中にトイレに行ったり、 タバコを吸ってたりしてるようです。

しかし自分には全く記憶がありません(>_<)

主治医の先生にも話したのですが、今は睡眠が一番大事なので今の薬で様子を見ながら薬を徐々に減らして行きましょう。と言われただけで、今も健忘は続いています(;_;)

(筆者注:回答)
薬によっては飲んだ後、健忘が出ます。
ひどい人は車を運転してコンビニに行って買い物をして過食までします。
私自身は、普段思っていても出さないようにしている感情をブログに書いていました。
引用元:Yahoo! 睡眠薬での記憶障害(健忘症)について

しかも、この質問者さんが主治医に相談したら、回答は「様子を見ましょう」でした。まあ、当然でしょう。医師として、薬を飲ませる以外に手は無いでしょうから。

食べないほうがいいもの

不眠症解消のためには、かんたんにいうならば、健康的な食生活を送りましょう、となります。お菓子やジュースをひかえる。ご飯を食べ過ぎない。朝食をしっかり取る。

どうしても、睡眠薬を飲むほうが簡単なのは、よくわかります。でも、睡眠薬で眠れても、あなたの体は変わらず眠れない人のままなのです。

体を整えること。出来る範囲でやってみてください。

逆に、不健康なものを食べることが精神の安定につながっている場合、短期的に見れば、やめないほうが良い場合もあるでしょう。

チョコレートを食べることが、根本的な解決にはなりませんが、「仕事(家庭)のストレスを減らせ!」というのも難しいでしょうから、そこは、「バランス」です。

私の経験から言えるのは、、「心の持ちよう」です。

人は、同じ出来事なのに「楽しみな人と落ち込む人」がいます。「明日は、●●だ…」。やったー!という人と、はぁ~嫌だなあという人。起きる事実に変わりはないので、あとは心の持ちようです。

理想の睡眠時間とは?長い短い

私が当時「眠りたくてたまらなかった理由」は、翌日が心配だからです。

眠れないまま、学校や仕事に行くと、良いパフォーマンスができない気がする。車の運転が不安。最悪、死ぬんじゃないか、など。

しかし、よくよく考えると、一度も試していない気がしました。いわゆる思い込みです。

たしかに今でも8時間たっぷり眠りたい気持ちはあるのですが、4時間では本当に無理なのでしょうか?そう考えてみると、心は少し軽くなりませんか?ここに打開策があるかもしれません。ただ、無理はしないでください。

ちなみに、夜に寝る時刻はバラバラでも、朝起きる時間は一緒にしたほうが良いという専門家の意見があります。夜11時だったり、深夜1時に寝るとしても、翌朝6時と決めたらそこで起きる。

あとは、眠りの浅い時間に起こしてくれるアプリ・ガジェットを使うのは良いかもしれません。

睡眠計?(リストバンド・アプリ)

普通の目覚まし時計は、「どれだけ深く眠っていても、時間が来たら叩き起こす」もの。しかし、安眠アプリ等を使うと、「気持よく起きられる瞬間」に起こしてくれる。だから、すっきりします。

7時に起きる予定でも、6時50分が「起床のベストタイミング」とアプリが判断したら、そこで起こす。これが特徴です。正確な名称は、よくわからないですが、リストバンド型に興味がある場合は「睡眠 リストバンド」、スマホアプリなら「睡眠 アプリ」などで調べてみると良さそう。

Posted by 本田